排水溝に物を落とした時の対処方法

排水溝に物を落とした時の対処方法

 

もちろん排水溝に物を落とさないことが大切です。
しかし、よそ見をしていて、手元の不注意などで物を落としてしまうことがあります。
その場合どう対処したらいいのでしょうか。

 

 

物が落ちると詰まりの原因にもなる!

「排水溝に大事にしていた時計を落とした」「掃除をしていた時に小さなスポンジを落とした」など排水溝に色々な物を落としてしまうことは少なくありません。
そんな時、どうにかして自力で取り出そうとしても排水溝は細い上に暗くて中がほとんど見えません。
もし、普段から大切にしているものや高額なものなら何としてでも取ろうと思いますが、安いものなら「放っておこう」とする人もいるでしょう。
ですが、放置したままだと落としたものが原因で排水パイプが詰まってしまう可能性もあるのです。
そうなると色々大変ですので、対処法を覚えておくと便利です。

 

物を落としてしまった時の対処法とは?

まず、排水溝の下にある排水管には「排水トラップ」というものがあります。
これは排水管の途中につけられた臭いや異物を遮断し屋内に侵入してくるのを防ぐ水たまりのことを言います。
たいてい落とした物は、その水たまりに止まっていることが多いそうです。
なので、一番重要なことは「物を落とした後は絶対水を流さない」ことです。
もし、水を流し込んだりすると、落としたものが流れていってしまう可能性があるので注意が必要です。
これを踏まえた上で対処法を実践しましょう。

①素手で取る!
最初にやってみることは排水溝の中を覗き込んで落とした物が確認できるようであれば、素手で取ることが可能なこともあります。
なので、ゴム手袋などを装着したうえで落とし物を取ってみましょう。
しかし、覗き込んで落とし物が確認できるところにあっても構造上の関係で取ることが難しい場合もあります。
その場合には無理やり取ろうとするのはやめましょう。
どうしても落とし物が見えると取れそうと感じますが、排水溝の種類によっては内部が複雑に入り組んでいるものもあるので取れないことも多いです。

②排水管を分解する!
次に物が落ちてしまった時の対処法のひとつは「排水溝の下にある排水管を分解する」ことです。
たとえば流し台や洗面台などのドアを開くと排水管の部分が上下につながっている接合部があり、何カ所か大きいネジやナットで取り付けられています。
これを緩めて取り外すと、流れていってない限り落としたものが残っているはずです。
また、分解する際には排水トラップに溜まっている水がこぼれる可能性があります。
なので、作業を行う前に新聞紙やタオルを敷いた上にバケツなどを用意して水を受け止められるようにするといいでしょう。
分解する際に使用する工具に関してはドライバーやモンキーレンチなどがあれば十分。
たいていの排水管は対応することができます。
さらに落としたものを取り除いた後は分解した排水管を元に戻して水を流し、水漏れがないか確認することが大切です。

③掃除機を使う!
これは、落としたものが軽い場合(指輪やボトルキャップなど)にとても有効的な方法です。
まず、掃除機のホースの先端に、ストッキングやウェットティッシュを装着させて排水溝の中に差し込みます。
そして、そのまま掃除機の出力をONにして吸い出すと落ちたものが吸い寄せられ救出することができます。
これなら、手間もほとんどかからないのでとても簡単。
ですから軽いものを落としてしまった時はやってみる価値はあるでしょう。

④業者に依頼する!
どんなに頑張っても自力で取れないということも多いと思います。
その場合には、水道業者に頼んで落とし物を取ってもらうといいでしょう。
基本的には、そこまで難しい工事にはならないことがほとんどですので時間や料金もそれほどかからずに済むはずです。
しかし、業者に頼めば100%取れるというわけではなく場合によっては取れないこともあるので、それはしっかり頭に入れておくことが大切です。

以上の4種類が主な対処法となっています。
もし物を落としてしまったらこれらの方法を試してみるといいかもしれませんね。

 

物を落とした時に金属製の道具で探るのは辞めよう

また、物を拾うために金属の棒や針金を用いて排水溝をむやみに探るのはやめた方がいいです。
そうすると、排水溝が傷ついてしまうどころか誤って物が奥に入ってしまう可能性もあります。
落とした物が目で確認できるならそれでもいいかもしれませんが、どこにあるか分からないという場合には避けた方が無難です。

 

対処法を覚えておけばいざという時に役立つ!

物を排水溝に落としそうになってヒヤリとした経験をお持ちの方は少なくないでしょう。
とくに、指輪やイヤリングなどの小さなものは落ちやすいですよね。

通常の排水溝であれば、落ちないようにネットやカバーがしてあることが多いですが、ご家庭によってはそのようなものがないところもあります。
そのため是非落とした時の対処法を覚えておきましょう。




サイト内検索
水道修理業者ランキング
水の救急隊
水道屋本舗
スイドウサービス
JBR生活グループ(水の生活救急車)
クラシアン
イースマイル
水道救急センター
水110番
水道1番館
水協
水漏れ修理業者関連コラム