トイレの水漏れが発生する原因とは?

トイレの水漏れが発生する原因とは?

 

トイレの水漏れが発生する原因は、

「タンクや給水管の破損」

「タンク内やウォシュレットのパーツ劣化」

が多く、水の通り道において破損や劣化が起こっていることで発生します。
築年数が古い建物ほど、トイレ内の様々な個所が経年劣化になっているので水漏れが起こりやすいので、トラブルに遭遇した時は業者に依頼して発生源を修理してもらうように努めましょう。

 

タンクの水漏れの原因

〇タンクの仕組み

タンクの水漏れは、「フロート弁」や「ボールタップ」の劣化によって起こることが多いです。
トイレタンクは便器に水を流すための貯水庫ですが、一定量を超えて水がタンク外にあふれ漏れることはありません。
タンク内にはオーバーフロー管という細い管が設置されており、一定量を超えた場合にそこに水が入る仕組みになっています。
オーバーフロー管に入った水はそのままタンクの下層に繋がっているので、タンクレバーを引いた時と同じように便器に水が流れるようになっています。

 

さて、良くある水漏れの原因であるフロート弁(タンクの底にある黒いカップ)は、タンクに水を貯めるために排水管の穴を塞ぐ役割があります。
このパーツが劣化してしまうと隙間が空いてしまい、いつまで経ってもタンク内に水が貯まらないようになり、チョロチョロとずっと便器に水が流れ続けてしまいます。
この水漏れはトイレ床に水が浸水することはありませんが、ずっと水を使い続けることになるので水道代が心配になります。

〇フロート弁

フロート弁はホームセンターなどで売っているアイテムなので、サイズを確認して購入すれば自分でも修理できます。
次にボールタップ(タンク内にある給水の入口)もパッキンの劣化によって水漏れが起こることがあり、ここで水漏れが発生すると浮き球の作用でも水が止まらず、ずっとタンク内に水が配給され続けてしまいます。
一定量まで水が貯まるとオーバーフロー管のおかげでタンク外に水が漏れることはありませんが、それでも水道代が不安点となります。

〇ボールタップ

ボールタップも自分で修理することが可能ですが、タンク外の給水管と連結していることからも止水栓を止めて作業する必要があり、完璧に修理しなければフィルター(給水管)とボールタップの連結部分で水漏れが起きてしまうことがあります。
工具も必要となるので業者に依頼する方が良いでしょう。

 

便器の水漏れの原因

便器の水漏れの原因は、「便器内」と「便器外」があります。
便器内の水漏れはタンクの水漏れの原因で紹介したように、タンク内のフロート弁やボールタップの劣化が直接的な原因であることが多いです。
便器内にずっと水が流れているようであれば、タンク内をチェックしてみてください。
便器外の水漏れは、便器のヒビや割れによって外部に水が漏れているケースが殆どです。
この場合、とにかく水漏れの発生個所を修復する必要があるので、業者に依頼して便器の交換や修理を検討していくしかありません。

また、便器と床の接合部分が水に濡れている場合も、やはり便器本体や排水管などが原因であると考えられるので、こちらも対処方法は同じで業者に依頼するのがベストです。

 

自分で修理できる?

トイレの水漏れは自分で修理できるケースもありますが、逆に業者でなければ修理できないこともあります。
例えば、タンク内のフロート弁が劣化して水がうまく貯まらない場合、市販されているフロート弁を購入して取り換えると直すことができます。
フロート弁の取り換えは工具などは必要なく、はめ込み式になっていることから誰でも簡単に作業ができます。

サイズを確認して適切なフロート弁を用意することだけに注意をしておけば、取り換え方法は商品に記載されていますし、WEBでも動画などから情報を調べることもできます。
自分で水漏れを修理できないケースとしては、タンクや便器などの亀裂があります。
例えば、便器内にヒビが入って水漏れが起こっている場合、便器を取り換える必要があります。

新しい便器を購入して自分で取り外しや取り付けをするのは難しいですね。
このようにトイレの水漏れは原因によって自分で修理できるかどうかが異なるため、まずはどこから水漏れが起きているのかを確認しておき、自己解決できないようであれば業者に依頼するのがベストです。

 

まとめ

トイレの水漏れが発生する原因は本当に様々です。
今回紹介したように自分で市販されているアイテムを取り付けることで修理できることがあれば、業者でなければ修理できないトラブルもあります。
業者に依頼すると高く付くという気持ちから、自分で修理をしようと試みて損害が拡大することも良くあります。

そうなってしまうと後は想像通りであり、余計に修理費用が高く付きます。
業者の修理費用は工賃が掛かる分だけ自己解決よりも出費が多くなりますが、大々的な工事でない限りは「数千円の工賃」+「部品代」で済み、その日の内に水漏れを直してもらうことができます。

サイト内検索
水道修理業者ランキング
水の救急隊
水道屋本舗
スイドウサービス
JBR生活グループ(水の生活救急車)
クラシアン
イースマイル
水道救急センター
水110番
水道1番館
水協
水漏れ修理業者関連コラム