水漏れトラブルで口コミ評判の高い水道修理業者比較!

トイレの水漏れが発生する原因とは?

公開日:2018/01/29  最終更新日:2020/09/15

トイレの水漏れが発生する原因とは?

 

トイレの水漏れが発生する原因は、

「タンクや給水管の破損」

「タンク内やウォシュレットのパーツ劣化」

が多く、水の通り道において破損や劣化が起こっていることで発生します。
築年数が古い建物ほど、トイレ内の様々な個所が経年劣化になっているので水漏れが起こりやすいので、トラブルに遭遇した時は業者に依頼して発生源を修理してもらうように努めましょう。

 

タンクの水漏れの原因

〇タンクの仕組み

タンクの水漏れは、「フロート弁」や「ボールタップ」の劣化によって起こることが多いです。
トイレタンクは便器に水を流すための貯水庫ですが、一定量を超えて水がタンク外にあふれ漏れることはありません。
タンク内にはオーバーフロー管という細い管が設置されており、一定量を超えた場合にそこに水が入る仕組みになっています。
オーバーフロー管に入った水はそのままタンクの下層に繋がっているので、タンクレバーを引いた時と同じように便器に水が流れるようになっています。

 

さて、良くある水漏れの原因であるフロート弁(タンクの底にある黒いカップ)は、タンクに水を貯めるために排水管の穴を塞ぐ役割があります。
このパーツが劣化してしまうと隙間が空いてしまい、いつまで経ってもタンク内に水が貯まらないようになり、チョロチョロとずっと便器に水が流れ続けてしまいます。
この水漏れはトイレ床に水が浸水することはありませんが、ずっと水を使い続けることになるので水道代が心配になります。

〇フロート弁

フロート弁はホームセンターなどで売っているアイテムなので、サイズを確認して購入すれば自分でも修理できます。
次にボールタップ(タンク内にある給水の入口)もパッキンの劣化によって水漏れが起こることがあり、ここで水漏れが発生すると浮き球の作用でも水が止まらず、ずっとタンク内に水が配給され続けてしまいます。
一定量まで水が貯まるとオーバーフロー管のおかげでタンク外に水が漏れることはありませんが、それでも水道代が不安点となります。

〇ボールタップ

ボールタップも自分で修理することが可能ですが、タンク外の給水管と連結していることからも止水栓を止めて作業する必要があり、完璧に修理しなければフィルター(給水管)とボールタップの連結部分で水漏れが起きてしまうことがあります。
工具も必要となるので業者に依頼する方が良いでしょう。

 

便器の水漏れの原因

便器の水漏れの原因は、「便器内」と「便器外」があります。
便器内の水漏れはタンクの水漏れの原因で紹介したように、タンク内のフロート弁やボールタップの劣化が直接的な原因であることが多いです。
便器内にずっと水が流れているようであれば、タンク内をチェックしてみてください。
便器外の水漏れは、便器のヒビや割れによって外部に水が漏れているケースが殆どです。
この場合、とにかく水漏れの発生個所を修復する必要があるので、業者に依頼して便器の交換や修理を検討していくしかありません。

また、便器と床の接合部分が水に濡れている場合も、やはり便器本体や排水管などが原因であると考えられるので、こちらも対処方法は同じで業者に依頼するのがベストです。

 

自分で修理できる?

トイレの水漏れは自分で修理できるケースもありますが、逆に業者でなければ修理できないこともあります。
例えば、タンク内のフロート弁が劣化して水がうまく貯まらない場合、市販されているフロート弁を購入して取り換えると直すことができます。
フロート弁の取り換えは工具などは必要なく、はめ込み式になっていることから誰でも簡単に作業ができます。

サイズを確認して適切なフロート弁を用意することだけに注意をしておけば、取り換え方法は商品に記載されていますし、WEBでも動画などから情報を調べることもできます。
自分で水漏れを修理できないケースとしては、タンクや便器などの亀裂があります。
例えば、便器内にヒビが入って水漏れが起こっている場合、便器を取り換える必要があります。

新しい便器を購入して自分で取り外しや取り付けをするのは難しいですね。
このようにトイレの水漏れは原因によって自分で修理できるかどうかが異なるため、まずはどこから水漏れが起きているのかを確認しておき、自己解決できないようであれば業者に依頼するのがベストです。

 

まとめ

トイレの水漏れが発生する原因は本当に様々です。
今回紹介したように自分で市販されているアイテムを取り付けることで修理できることがあれば、業者でなければ修理できないトラブルもあります。
業者に依頼すると高く付くという気持ちから、自分で修理をしようと試みて損害が拡大することも良くあります。

そうなってしまうと後は想像通りであり、余計に修理費用が高く付きます。
業者の修理費用は工賃が掛かる分だけ自己解決よりも出費が多くなりますが、大々的な工事でない限りは「数千円の工賃」+「部品代」で済み、その日の内に水漏れを直してもらうことができます。

トイレの水漏れで一番多い原因は?

トイレは日常生活を送る上では欠かせない住宅設備と言えますが、そこで水漏れが発生しますと使用できなくなり、生活にも大きな支障を来します。ここではそんなトイレの水漏れで一番多い原因について紹介します。

老朽化によるものが非常に多いです

原因として最も多いのが、やはり老朽化によるものです。便器については、多くは陶器製のため基本的には長持ちし、耐用年数は100年と言われています。

しかし、パッキンや配管などの部品については一般的には10年~20年が寿命とされています。近年では家に長く住む傾向があり、トイレも長年に渡って使用される傾向にあります。このため、消耗が激しくなり、水漏れを引き起こすこととなります。

また、キッチンやバスルームとは異なり、トイレはあまりメンテナンスが実施されない住宅設備となっています。普段、こまめに掃除していれば老朽化もある程度は防げますが、掃除をしていない場合には老朽化の進み具合も早まることとなります。そうなると、予想以上に早く水漏れが発生することとなります。

老朽化による水漏れではそれが発生した時点で、部材などがかなり傷んでいるものと思われます。このため、早急に対処する必要がありますが、古い部材などの場合には入手が不可能なこともあり、そのような場合には最悪、設備ごと取り替えなければならないということもあり得ます。

通常の修理なら数時間程度で工事は完了しますが、設備ごとの交換となりますと設備の手配から工事まで数日程度かかり、それこそ日常生活に多大な支障を来すこととなります。そうならないためにも、常日頃から掃除するなどを心がけ、少しでも異変に気づいたら修理業者に見てもらうなど、こまめなチェックが必要となります。

異物が混入するといった事例も非常に多いです

また、老朽化と並んで原因として多いのが異物の混入です。髪の毛が大量に流されたり、ヘアピンなどの固形物が流されたりしますと、これも水漏れを引き起こす原因となります。

特に注意したいのが髪の毛の混入です。髪の毛が一気に大量に流されるのではなく、日々少量の髪の毛が積もり積もって水漏れを引き起こすこととなりますので、なかなか気づきにくいのが特徴です。このため、トイレを使用する際には髪の毛にも注意を払うようにしましょう。

ヘアピンなどの固形物については、基本的には流されやすいものはトイレ内に持ち込まないことを心がけることです。例えばメガネなど身に付けないといけない必要最小限のものに限り、おもちゃや携帯電話などは極力持ち込まないようにしましょう。こうしたことに注意を払えば、異物混入を防ぐことができます。

そして注意しなければならないのは、もし誤って異物を流した場合には、できるだけすみやかに取り出すことが重要です。多くの場合、ついついそのまま流してしまいがちですが、それをしてしまうとかえって症状を悪化させてしまいます。取り出せるものは自力で取り出すようにしてください。

自力で取り出せない場合にはすみやかに修理業者を呼んで取り出すようにしましょう。流せるは人間の小便と大便及びトイレットペーパーのみと考えても過言ではありませんので、これ以外のものを流してしまった場合には、必ず上記の処置を講ずるようにしてください。

ウォシュレットのトラブルも多く見られます

そしてもう一つ、原因として忘れてはならないのがウォシュレットのトラブルです。一昔前まではウォシュレットを導入している設備は非常に少なかったので、この原因による水漏れは少数派でしたが、今ではほとんどのトイレがウォシュレットの機能付きとなっていますので、そのトラブルによるものも多発しているところです。

ノズルや給水管、水抜き栓などから水漏れしていることが多く、使用頻度が多ければ多いほど、ウォシュレットのよるトラブルも多く発生しています。老朽化によることも考えられますが、使用方法に誤りがあるといったケースも多くありますので、使用する際には必ず取扱説明書に沿って使用するようにしましょう。

特に、取扱説明書では注意すべき事項も記載されていますので、それをきちんと把握して、正しく使用することがポイントとなります。

ウォシュレットについても少しでも異変に気づいたら、すぐに修理業者を呼ぶことが大切です。ウォシュレットの修理についてはある程度の専門的なスキルと知識が要求されますので、自力でやろうとせず、必ず専門の修理業者に見てもらうことが大切です。

 

日常生活でよく使用されるトイレの水漏れの原因としては老朽化によるもの、異物混入によるもの、ウォシュレットのトラブルによるものがあります。

老朽化に対しては常日頃から掃除などのメンテナンスをすること、異物混入に対してはトイレ内には必要なもの以外はできるだけ持ち込まないこと、ウォシュレットのトラブルに対しては取扱説明書の使用方法や注意事項などをよく読んで、正しく使用することを心がけることが、それぞれの対処法となります。

トイレの水漏れ修理の応急処置方法

トイレの水漏れ修理の応急処置方法

 

トイレの水漏れはタンクや便器など、様々なところでトラブルが起こります。
何が原因でどこが水漏れしていても、応急処置として床への浸水を防がなければなりません。
トイレの内装は耐水性の素材が使わるのが一般的ですが、それでも床一面が水浸しになってしまうと床まで浸水してしまいます。
床に水が浸水してしまうと、木造住宅なら木が水を吸収してしまい、カビの発生や柱の劣化など、二次被害が起こる可能性が高くなってしまいます。

 

 

最初にやるべきことは原因の特定

〇水漏れの発生源を特定する

トイレ水漏れの応急処置として最初にやるべきことは、水漏れの発生源を特定することです。
トイレは排水管とトイレが繋がっているだけのシンプルな仕組みですが、水漏れが起こる個所は意外と多いです。 水漏れが起こりやすい発生源を大別すると、「タンク周辺」と「便器周辺」と「給水管」の3つがあります。
この3種類のどこから水漏れが起こっているのかは、水の滴りを辿っていけば見つけられます。

 

〇直接的な原因をたどる
大まかな発生源を見つけることができたら、次に直接的な原因を辿っていきます。
ここからが素人にとっては非常に難解な作業となり、排水管の亀裂など業者でなければ修理できないケースもあるので、原因を特定できても修理方法が分からない場合は素直に業者を呼びましょう。
強引に自分で修理をすると破損が広がることもあり、そうなってしまうと本来なら安い費用で修理できるところが給水管やトイレなどを工事しなければならないという最悪の事態に陥ることがあります。

 

タンク周辺の応急処置

〇タンク周辺の仕組み

便座の後ろにあるタンクには水が入っており、便器に水を流すために貯水する役割があります。
タンクに設置されているレバーを引くと、タンク内でレバーと連結されているチェーンが作動して、そのチェーンと連結している底にある黒いフロート弁が開くようになっています。
また、水を流すと「シャー」という音と共に一定量まで水が貯まるようになっており、こちらも浮き球の仕組みによってボールタップ(水が出る部分)が自動的に止まるようになっています。

 

〇トラブルと応急処置
さて、タンク内の水漏れは上記のような仕組みと関連する部分から起こることが多いため、まずはタンクのふたを開けて仕組みを理解することから始めましょう。
レバーを引くと何が作動するのか、水を流した後はどのように水が貯まってどのように止まるのかを知ると、交換すべきパーツも分かってきます。 タンク周辺の水漏れはボールタップのパッキン劣化で一定量以上に水が貯まって水漏れしたり、タンクの底にあるフロート弁の劣化で便器内にチョロチョロと水が出続けるというトラブルが多いです。
他にはタンクボディの損傷から水漏れ、配管からの水漏れというケースもありますが、こうしたケースは稀です。
応急処置としては、水が滴り落ちている下に雑巾を敷いておき、タンク内で劣化しているパーツを取り換えましょう。
フロート弁のように誰でも取り換えられるパーツがあれば、ボールタップのように工具が必要となる複雑な取り換え作業もあります。
やり方すらも分からないという場合は、水が床に浸水しないように応急処置をした上で業者に速やかに連絡するようにしてください。

 

便器周辺の応急処置

便器周辺の水漏れは、主に便器のヒビや割れが原因です。
ウォシュレットを設置している場合は、その一式のどこかのパーツが破損していることで水漏れが起きているケースも良くあります。
便器周辺の水漏れに対する応急処置も、タンク周辺と同様に水が床に浸水しないように雑巾を敷きます。
あとは、自分で便座を交換することは不可能なので、速やかに業者に連絡するのが好ましいです。
ウォシュレットに関しても、自分でパーツを取り寄せして交換することは簡単ではないので、そのウォシュレットのメーカーに連絡をして修理してもらうのがベストです。
保証があるなら無料で修理をしてくれることもあるので、水漏れ業者ではなくメーカーに問い合わせる方が良いでしょう。

 

給水管の水漏れの応急処置

給水管というのは、トイレタンクに連結している銀色の管です。
タンクとの連結部分や止水栓など、こちらも様々な水漏れが考えらます。
給水管についても便器と同様に業者に修理を依頼するしかないため、止水栓をドライバーで回して止めておき、その上で床に雑巾を敷いておきましょう。
止水栓を回しても水が止まらないのであれば、住宅の元栓を止めます。
マンションやアパートの場合、管理人さんに連絡をすると場所を教えてもらうことができます。
良くあるのは部屋の外の階段付近ですが、自分の部屋の元栓がどれなのか分からないことがあるので、困った時は管理人さんに連絡する方が良いでしょう。
一戸建ての場合、敷地内のどこかに設置されている水道メーターのところにあるのが一般的です。
元栓を閉めてしまえば住宅への給水が止まるので、どうしても水漏れを止められないという時は最後の手段として覚えておくと便利です。

 

まとめ

トイレの水漏れは、ホームセンターなどで売っているパーツを購入すると自分で修理することも可能ですが、そのためには修理方法を少なからず知っておく必要があります。
もし、やり方が分からないようであれば、修理業者へ連絡するとあっさりと解決してもらうことができるので、まずは相談するようにしてみてください。

トイレの水漏れ修理を依頼するタイミング

毎日使うトイレは、長年使っていると徐々に部品が劣化して水漏れが生じやすい部分です。

水漏れ修理を依頼するタイミングを間違ってしまうと、本体だけではなく周辺にも被害が広がってしまい、後片付けが大変になるだけではなく、修理費用が高額になる可能性が高くなります。

 

トイレタンクの水漏れ修理を依頼する

毎日使っている中で水漏れに気づきやすいタンクは、水をためておくタンクの部分は比較的丈夫なのですが、給水管やオーバーフロー管、手洗い用のパイプなどいろいろなパイプ類がつながっている構造になっています。

タンク内部の水があふれてしまうトラブルは大変多く、水が手洗いの方にあふれてきてしまったり、流しっぱなしになってしまったりすることがあります。内部に水がたまりすぎている状態で、貯水量をオーバーしてしまったり、流しっぱなしになってしまう場合には、水の量を制御するためのフロートや水をためておくための栓、水を流すための管などいろいろな部分の原因が考えられるため、水道栓を止めてすぐに水漏れ修理を依頼することが必要です。

タンクの外側に付いている給水管や便器に水を送るための水道管などからの劣化は、連結部分から起きる傾向があります。ネジになっている部分が緩んでいる場合には締めることで解決するのですが、締めてもじわじわと水が滴ってくるなら連結部分の交換をする必要があるため、漏れてくる水が多くなる前に修理を依頼しましょう。

タンクの内部は部品が多く、一般的には、8年から10年で部品の耐用年数を迎えると言われています。また、水が通る管の部分は、一度劣化してしまうと元には戻らず修理が必要になる部分です。水漏れを見つけた時はもちろんですが、設置から10年、15年を経過している場合には水漏れ修理の専門業者の点検を受け、早めに部品交換や修理をすることをおすすめします。

 

便器や便座の水漏れ修理を依頼する

便器や便座は、毎日何度も体重がかかる部分なので、徐々に劣化が進みます。便器自体は汚れが付着していたとしても比較的丈夫にできているので、割れたりしなければ長く使用することが可能ですが、床との接合部分やつなぎ目の部分などから水漏れをすることがあり、水や汚水が漏れてしまうことがあります。

また、トイレ周りのパイプ類からの水漏れや床下にある排水管からの水漏れなどもあり、拭いても拭いても水で床が濡れている、便器と床の接合部分に汚れやカビが広がっているという場合は、水漏れ修理を依頼するタイミングです。放置してしまうと、床と便器との接地面から直接水が噴き出してくることになったり、見えない床下の部分に水漏れが広がってしまうことになりかねません。便器だけでなく床や床下などに被害が広がると修理費用が大変高額になるため、早めの修理が重要です。

ウォシュレットは、水栓ノズルや給水パイプ、温水タンクをはじめ減圧弁や止水栓、給水ホースとたくさんの部品からできている電化製品です。多くの部品をコンピュータ制御しており、部品の劣化によっても、精密機器の不具合によっても水漏れをおこしてしまいます。ウォシュレットの場合は、水漏れを起こしていることを発見した時が水漏れ修理を依頼するタイミングです。すぐに水栓を閉めてウォシュレットの電源を抜き、早急に水漏れ修理を依頼するようにしましょう。

 

トイレの水漏れ修理を安く依頼するポイント

トイレは毎日水を流し、体重をかける部分のため劣化しやすいです。部品の耐用年数は8年から10年というのが一般的で10年から15年を過ぎると点検や部品の交換、水漏れ修理などのメンテナンスが必要になります。トイレの水漏れは、床や床下に被害が及びやすく、特に2階以上にある場合には、下の階にも影響を及ぼしてしまう可能性があるため早めに点検や水漏れ修理をすることがとても大切です。

水や汚水が漏れていると、慌てて修理をしなければならないと思い、費用の比較をせずに水漏れ修理を頼んでしまうことになりますが、修理業者によっては費用が高額になる場合もあるので見積もりを取って比較をしてから依頼することがトイレの水漏れ修理を安く依頼するためのポイントです。複数の業者に見積もりを依頼して、費用はもちろんですが、しっかりと点検を行い分かりやすく説明してくれることや対応の良さなども比較をしてから選ぶようにすることをおすすめします。

水漏れ修理業者を比較してから安くできる業者を選ぶためには水漏れの兆候を早めに見つけることがコツです。急に修理が必要になる箇所ではありますが、タンクや床、水道管の周りが濡れている、カビや汚れが増えている、変な音やにおいがするなどの場合には、修理が必要なタイミングが迫ってきている可能性が高いので、タイミングを逃さずに点検や修理の見積もりを受けましょう。

 

トイレの水漏れ修理のタイミングを逃さないためには、不調や異変、水濡れや汚れなど劣化の兆候に早く気付き、スピーディに点検を受けることがポイントです。早めに発見して点検を受けることで、大きな被害を防ぐことができ、費用が安い業者を選ぶこともできます。

トイレの仕組みを理解して水漏れを無くそう!


自宅内には水回り設備がいくつかありますが、いろいろな理由で水漏れが起きる可能性があります。

業者に依頼するのが良いでしょうが、なぜ水漏れが起きているのかを知っていると事前に対策がしやすくなります

タンクや便器の仕組みを知りましょう。

パイプやゴムパッキンなどで接続している

生活をするには水が必要ですが、一方で住宅は木造なので水は大敵になります。自然現象である雨は屋根や外壁などから守れますが、自宅内の水は設備によって守る必要があります。各家によって異なりますが、できるだけ水回りの設備をある部分に集めるなどの工夫もされています。水回りで困るのが水漏れで、起きれば水漏れ修理が必要になります。キッチンやバスなどいろいろな設備がありますが、その中でも起きやすいとされるのがトイレです。

まずは仕組みを知った上で対応することを考えてみましょう。目に見える設備としては便器とタンクが中心になっていますが、水漏れの原因としてはそれ以外の部分にありそうです。便器やタンクは単独で使われるのではなく、それぞれがつながっています。便器やタンクは陶器で作られているものが多く、その物は割れない限りは水漏れしにくいです。

一方で便器やタンクをつなぐのがパイプなどの金属部分であったり、ゴムパッキンなどになります。金属は水があれば錆びてきます。錆が広がれば劣化が進み水漏れの原因になりやすくなります。ゴムパッキンは設置当初は陶器部分と金属部分や金属部分の隙間を無くして水漏れを防いでくれます。ただゴムは長年使っていると少しずつ劣化してきて割れたりします。割れると水止めの役割がなくなり、そこから水漏れする可能性が出てきます。パイプやゴムパッキンが使われている部分は、一定年数が経過すればそれなりに劣化することを知っておきましょう

タンクの中身がどうなっているかを知る

生活をするための道具にはいろいろなものがあります。電気で動く仕組みのものもあれば、昔ながらの電気を使わない仕組みなどもあります。古い仕組みからどんどん新しい仕組みになっているものもあれば、長く古い仕組みが使われ続けているものもあります。水回りにもいろいろな仕組みがありますが、トイレは一見するとどうやって水を流すのか気になるかもしれません。水漏れ修理をするときに仕組みを知っていると原因や修理方法が分かる可能性があります

水漏れしやすい部分としてタンクがありますが、タンクの中はただ水がためられているだけではありません。レバーなどを押すと水が一気に流れて便器を洗浄できるようになっていますが、レバーを押して一定期間は水が流れる状態になります。しばらくすると流れは止まり、上部から流れてくる水がタンクの中に貯められます。上部からの水は人が確認をして貯めるのではなく、自動的に止まるようになっています。タンクの中に水位を一定の保つための装置があり、それが一定量を示せばそこで水は止まります。

タンクにはレバーを引くと水が流れ、一定期間経過すると閉じる仕組みと、水を一定量まで貯める仕組みがあります。それらの仕組みに関連する部分に異常があると、水漏れする可能性があります。レバーを引くと水を流す部分において、開いて閉じる部分に劣化があると水が流れ続けます。水位を一定に保つ装置に異常があると、水位を保てなくなりあふれる可能性があります。

温水便座の部品から水が流れるとき

便利に使われている家電やその他の道具の中で、日本で発明されたものも結構あります。日本で発明されて世界に広がるときもありますが、日本で発明された後日本でしか使われていないものもあります。洋式トイレでは当たり前のように設置されている家電に温水便座があります。通常の便器の上に取付けて置き、操作ボタンを押すとアームが伸びて温水をかけてくれます。今は世界中で販売されていますが、当初は日本でのみ使われていました。外国人が日本でこの設備を体験して驚いたと言われます。有名アーティストなどはあまりにも利便性がいいので、日本で購入して持ち帰ったとも言われます。それ以降広がっていきました。

この温水便座は家電製品で、まずは便座を温める機能が付いています。便座部分に電熱材などが入っていて電気の力で温めます。この部分は電気しか使いません。重要な部分として洗浄部分があり、ここからお湯が出てきます。つまりは何らかの形で水の供給を受け、さらにそれを加熱して噴出させるようになっています。不具合が生じると水漏れ修理が必要になりますが、どこから水漏れが起きる可能性があるかです。まず水を噴出するノズル部分です。その他この設備に水を送る給水パイプがあり、温水を貯めるためのタンクがあります。ノズル部分はプラスチックなどでできているので、割れたりすれば水漏れが起きるので交換が必要になるでしょう。水を供給する部分も金属やゴム、プラスチックの部品があり、割れたりしていれば交換をします。

基本的にはタンクに水をため、その水を一気に流して洗浄する仕組みです。タンク部分、便器部分、それらをつなぐパイプ部分、その他温水便座などから水漏れが発生する可能性があります。金属やゴムは劣化があり水漏れが起きやすいです。

 
   
 

水漏れ修理業者一覧

第1位 水の救急隊
第2位 水道屋本舗
第3位 スイドウサービス
第4位 JBR生活グループ(水の生活救急車)
第5位 クラシアン
水道修理業者ランキング
第1位 水の救急隊
第2位 水道屋本舗
第5位 クラシアン
第8位 水110番
第9位 水道1番館
第10位 水協
エリア別おすすめ修理業者
水漏れ修理業者関連コラム
サイト内検索