キッチンの水漏れで一番多い原因は?

公開日:2020/02/01  最終更新日:2020/02/05

キッチンは、家の中でも一番使用頻度が高い部分なので、水漏れなどのトラブルが起きるとかなり困ります。急に何か起きてしまった場合に焦らないためにも、トラブルの原因とその対処法を理解しておくと良いでしょう。

原因が分からないと正しく対処できない

水漏れ自体はキッチンのように水を使う場所では起きたとしてもおかしくないトラブルなのですが、そのまま放置しておくことはできません。これらのトラブル自体は誤った使い方をしたがために発生するものもありますが、正しく使っていたとしても発生してしまうものも数多く存在しています。

外出先から戻ってきたら床が濡れているとか、水浸しになっているなどのトラブルが発生した場合、まず大切なのはそのトラブルを拡大しないことです。しかし原因がわかっていないと正しい対処ができず、結局そのまま何もできないで放置してしまうことだって十分あり得ます。

ですから、正しく対処するためにもまずはどういったトラブルが起きるのか、さらに何が原因になっているのでどのようない対応をすべきかを理解しておくと良いでしょう。基本的にはシンク下、蛇口を見れば、どちらに関係するところでトラブルが起きているのか、目視できるものかどうかを判断できます。

多く見られるのが水栓本体や蛇口のトラブル

基本的にキッチンでのトラブルは、蛇口、シンク下、床、この3箇所で起きることが多くなっており、他の部分で起きるのは少ない傾向です。特に多く見られるのが蛇口や水栓本体とその接続部分で水漏れが起きてしまうというトラブルなので注意しましょう。通常これらの場所は水が漏れてしまわないようにするためにゴムパッキンなどが利用されており、つなぎ目などから水が漏れてしまうことなく利用できます。

しかしゴムパッキンなどは正しく使っていたとしても劣化してしまうし、バルブカートリッジもパッキンと同様に劣化しやすい箇所です。できるだけ優しく余計な力をかけないようにして使っていたとしても、これらの箇所はどうしても劣化してしまうので気を付けましょう。

また乱暴に扱ってしまったりすると、蛇口や水栓本体が破損してしまうこともあり、それによって水がどんどん漏れてしまうこともあるので注意が必要です。また構造によっては使い続けることによって徐々に部品のつなぎ目が緩んできてしまうこともあり、それによって水が漏れてしまうこともあり得ます。

ゴムパッキンやバルブカートリッジの劣化はある程度の年数が経過してから発生することが多いのですが、水栓の破損やつなぎ目の緩みは経年劣化というわけではありません。乱暴に扱ってしまったり、無理に使ってしまったりすると起きやすくなるので、できるだけ優しく使うように心がけることをおすすめします。

原因が分かったら修理に取り掛かろう

キッチンで水漏れが起きた場合によくある事例としては、蛇口や水栓本体にトラブルが起きたり、接続部分にトラブルが起きるものが多く発生しています。実は、これはキッチンだけでなく他の水回りでもよく発生していることなので、この原因を知っていると他の箇所でトラブルが起きた場合にも対応しやすくなります。

これらのトラブルの原因は経年劣化や破損、緩みなどですが、原因が分かったらまずはそのトラブルが拡大しないようにすぐに対応しましょう。ゴムパッキンやバルブカートリッジの経年劣化の場合は、これらの劣化した部分を交換するだけでも対応することができます。

作業は止水栓を止めてからおこない、それぞれのパーツを順番に取り外しながら進めていくのが一般的な形です。また蛇口や水栓が破損した場合は、そのまま利用することはできないので交換というのが一般的です。

故障に関しても修理できる箇所であれば修理での対応で問題ないのですが、交換するほうが良いケースも少なくありません。交換修理は自分でもできるのですが、パッキンを取り替えるときよりもかなり大変な場合もあるので、通常は業者に依頼するほうが多くなっています。つなぎ目の緩みは特別な部品が必要というわけではなく、その緩んでいる部分を締め直すだけで対応は可能です。

 

家の中で水を利用する場所は多くありますが、その中でも使用頻度がかなり高い場所の一つがキッチンだといえます。そこで起きる水漏れによって、シンクしたが水浸しになってしまったり、床が濡れてしまったりする事例は多く発生しています。

これらの原因として多く報告されているのが蛇口や水栓に起きたトラブルで、経年劣化や利用の仕方などが大きく関係しています。ゴムパッキンやバルブカートリッジは経年劣化によってトラブルが起きやすいのですが、この場合は劣化した部分を交換して対応します。

蛇口や水栓の破損は使い方によるものが多く、この場合は修理することもできるのですが、交換する形が一般的となっています。つなぎ目に緩みが出てしまった場合も水漏れを発生させることがあり、この場合は緩んでいる箇所を締め直すだけで対応可能です。




サイト内検索
水漏れ修理業者関連コラム