水漏れ修理関連業者を知っておかないと大損する!?
はじめまして! 私は都内に暮らす40代の主婦です。このたびみなさんに是非知っていただきたい情報を発信するために、この記事を作成しました。

突然ではありますが、みなさんは水漏れが起こった場合に備えて修理関連業者を事前にチェックしていますか?また、どれくらい費用がかかるか把握していますか?

ひょっとして「そんなの起こってからでいいでしょ」って思っていません?

実は私もつい1年前、お手洗い場の水道がおかしくなるまではそうでした。その際慌ててチラシが入っていた業者にお願いして修理をしてもらいましたが、妙に高い料金にぼんやり違和感。

後でよくよく調べてみたところ、相場の数倍近い値段の料金を取られてしまっていたことが判明!口コミなどではあまりよろしいウワサをきかない業者さんだったんです。

そのため、水漏れ修理関連業者を適当に決めてはいけないということを、身をもって知ることとなりました。

このサイトでは、見事ボッたくられてしまった私がくやしさを原動力としてネットからリアルまであらゆる手段を駆使し、口コミや評判などを収集した様々な情報に基づいて判断した人気水漏れ修理関連業者の比較ランキングを掲載しています

その業者のよいところだけではなく、気になった点やよくない口コミに関してもバッチリまとめています。案外人気の業者でも、口コミなどの体験談をみてみると意外な落とし穴とかありました。きっとみなさんのお役に立つことでしょう。

おトクに手早く、気持ちよく水回りのトラブルを解決させるために、フル活用していただけるととってもうれしいです!

水道修理業者ランキング

水の救急隊
1位:水回りのエマージェンシーに駆けつけてくれる、格安丁寧な「水の救急隊」
数十社にも及ぶ業者を比較検討した結果、私がもっとも依頼をしたいと考えた業者は、都内のみならず全国17都道府県にて事業展開を行っている「水の救急隊」さんです。広告展開も広く行っているので、名前だけはご存じという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

まずこの業者に関して「おっ!」と思わせられたのは、口コミの内容について。

「丁寧に説明をしてくれた」「金額についてもしっかり教えてくれた」と、スタッフの対応のよさを評価する声が多かったのが個人的にプラスでした。

水漏れ修理関連業者の方は職人肌の方が多く、接客についてはイマイチという場合が多いのですが、その点がしっかりしているというのは非常にいいですね。

また、値段についてもちゃんと説明を行ってくれたというのも高評価です。水回りの修理となればやっぱり大事なのは値段ですから、そのようなところをはっきりしてくれないとこちらも安心できません。料金をしっかり説明してくれるという点でも、水の救急隊さんは非常によいです!
ポイント①
出張費ゼロ! 見積もり費用もゼロ!
ポイント②
知名度の高さはバツグン!
ポイント③
水道局指定工事店だから信頼性が高い
ポイント④
少々宣伝が鬱陶しい
水道屋本舗
2位:創業23年の歴史が生み出す対応の良さが評判「水道屋本舗」
ランキング第2位に輝いたのは、広島県広島市に本社を持つ「水道屋本舗」さんです。

最近は修理が容易になったこともあって水漏れ関連修理業者が増えてきましたが、この会社はそうした新規の会社ではありません。

創業は1994年ですから、実に23年もの歴史を持っていることになります。そのため、修理実績件数も他社に比べて圧倒的。その数はなんと119万件以上!

それゆえ、修理方法やユーザーへの対応、その他さまざまなトラブルに対するノウハウを持っています。

そうした経験と実績を有効活用し、派手な宣伝こそ行わないものの着実な業績アップを続けています。

マザーズに上場しているということもあって、企業自体の信頼もとても高いものがあります。お値段よりも信頼性を重視したい方におすすめしたい業者さんです。

ポイント①
サービス対応が非常によいと評判
ポイント②
北海道から沖縄まで全国展開を行っている
ポイント③
WEB割引で2000円安くなる!
ポイント④
料金についてはやや高め?
スイドウサービス
3位:素速い対応がウリです「スイドウサービス」
3位にランクインしたのは、大阪府大阪市に本社を構える「スイドウサービス」さんです。 関西以外にも関東、中部、東北に対応しています。

CMなどは放送しておらず、それほど知名度自体は高くないようではありますが、その評判のよさから多数の口コミが投稿されています

パッと最初にHPを見て驚かされたのは、非常にシンプルな作りになっていること。おかげでどの項目で何を見られるのかが非常に分かりやすく、イライラしません。

また、依頼から作業完了までの流れを4ステップのサービスフローでまとめており、修理依頼経験のないユーザーでも安心して頼むことができるような工夫がされています。こうした細かい気配りが、評判の高さにつながっているのでしょうか。

また、他社同様ネット割引を行っておりますが、その額は3000円! WEB割引を行っている業者は大抵2000円ほどのOFFとなっているので、数値だけを見れば他より割引いてくれてお得に感じられますね。

ポイント①
迅速に駆けつけてきてくれる!
ポイント②
出張費、夜間料金不要!
ポイント③
他社が断るような依頼も受けてくれる
ポイント④
料金体系がいまいち不鮮明
JBR生活グループ(水の生活救急車)
4位:上場企業だからこその高い信頼性と安心「JBR生活グループ」
4位に選出したのは、名古屋市を中心として幅広いエリアにて事業を展開している、「水の生活救急車」でおなじみのJBR生活グループさんです。

この企業について調べてみて「もっとも良い」と思わせられたのは、その規模と信頼性。

水漏れ関連修理業者というのは小さな会社も多いのですが、このJBRさんの資本金は堂々の7億以上で、かなり大きな規模での事業展開を行っていることが分かります。

また、運営母体であるジャパンエストレスキューシステム株式会社は、東証一部ならび名証一部上場会社です。

ご自身で事業をされている方であればご理解いただけるかと思いますが、一部上場というのはいわば企業の一等賞。大きな信用を獲得した会社に与えられる一番のステータスなのです。

ここまで大きな規模を持つJBR生活グループさんは、そのサービスの充実ぶりにも大きな信頼を置くことができると言えるでしょう。
ポイント①
一部上場企業だからこその安心感と信頼性
ポイント②
サービスのクオリティは高く、満足している人も多い
ポイント③
公式HPで修理事例や口コミが見られる!
ポイント④
「値段が高すぎる」という意見も少なくありません
クラシアン
5位:ナンバーワンの知名度とバツグンの口コミ力!「クラシアン」
5位にランクインしたのは、神奈川県横浜市に本社を持ち、全国的な企業展開を行っている「クラシアン」さんです。

なんといっても知名度は非常に高く、「暮らし安心、クラシアン」「早くて安くて安心ね」などのキャッチコピーがおなじみのテレビCMは、誰でも一度は見たことがあるでしょう。

それだけ大がかりな宣伝を打てる理由は、その企業としてのパワーにあります。

創業27年を超えるクラシアンさんの従業員数は驚きの1000名以上で、資本金は1億円! 水漏れ関連修理の会社としては、かなり大きな部類に入ると言えます。

それだけ大きな会社なので細かいサービスもなかなか行き届いており、たとえばクレジットカードについてはVISAだけでなく、JCBやUC、アメリカンエクスプレスだけでなくデビットカードにも対応しているので、支払いがラクラクです。

意外と見落とし安い点ではありますが、ちゃんとクレジットカードに対応していない業者さんも多いので、こうした点を押さえているのはポイントが高いです。
ポイント①
知名度ナンバーワンの全国展開企業
ポイント②
大企業ゆえの対応の柔軟さや修理対応
ポイント③
オリジナル浄水器なども販売中!
ポイント④
修理料金はやや割高
イースマイル
6位:全国対応に3000円オフでみんな笑顔!「イースマイル」
6位には、柴田理恵さんと松村邦洋さんが出演しているテレビCMでもおなじみの水漏れ修理関連業者、「イースマイル」さんを選びました。

イースマイルさんの本社は東京と大阪それぞれにあります。しかし、各都道府県に直営店が設けられているので対応エリアは全国38都道府県とかなりの広さです。

創業26年を迎えた老舗であり、これまで数十万件のトラブルに対応してきた実績も心強いことではありますが、そうした事例についてちゃんと公式HPで解説してくれているのは非常にわかりやすいですね。

実際に修理を依頼し、トラブルを解決できたお客様の声や口コミでの評判も読みやすい形で掲載されており、依頼から訪問修理までの流れを簡単に把握することができるようになっています。

テレビCMやキティちゃんデザインのマグネットシールも好評で、業績の方もウナギのぼりなイースマイルさんは、時期によってさまざまなキャンペーンも展開しています。 お小遣いや豪華旅行が当たるかもしれませんね。

ポイント①
全国38都道府県の水トラブルに対応!
ポイント②
年中無休で修理に来てくれる!
ポイント③
事前見積もりだからお値段の心配はなし!
ポイント④
修理の質にやや不安な口コミも
水道救急センター
7位:最速解決と充実アフターサービスが魅力的!「水道救急センター」
次に紹介する業者は、東京都の株式会社ライフサポートが運営する水漏れ関連修理サービス「水道救急センター」さんです。東京だけでなく、仙台や大阪にも拠点を持っています。

対応エリア自体は全国10都道府県と他に比べると少なめではありますが、資本金2400万円という事業規模から考えれば、むしろ多いともいえるでしょう。

そんな水道救急センターは規模の小ささにも関わらず、今まで34万件もの修理実績を持ち、水道局から工事指定店に認定されています。

信頼と安心を証明するこの認定があるだけでも、水漏れ関連修理業者としてのステータスや評判は大きく上昇すると言えます。これがあるのとないとでは大違いですからね!

そんな水道救急センターさんでは、見積もりをとったユーザーを対象に3000円オフキャンペーンを行っています。なるべく安く水のトラブルを解決したいのであれば、このキャンペーンが行われている間がチャンスと言えるかもしれません。

ポイント①
修理のスピードが速い!
ポイント②
修理自体のクオリティも高い
ポイント③
再発防止対策をバッチリ行ってくれる
ポイント④
申し込みへの対応がやや悪い?
水110番
8位:業界ナンバー1の最安値で存在感をアピール「水110番」
8位にランクインしたのは、株式会社MODが運営している水漏れ関連修理事業サービス「水110番」さんです。

他の業者と決定的に異なるのはその運営母体で、株式会社MODというのは名刺やDMの作成を行っている会社なのだとか。

あまり水トラブルと関連性がない企業のサービスだけに「大丈夫?」と思ってしまいますが、口コミを見る限りではなかなか評判はいいようですね。

少なくとも、長年水漏れ関連修理業者を続けてきた他企業が脅威に感じるほどの存在感を発揮しているようです。

まだまだ新しい業者だけあって新規顧客の獲得に余念がなく、マーケティングにさまざまな工夫を行っています

たとえばHPは見やすくシンプルにデザインされており、どのような点が他社と比較して優れているのか、一目見ただけでパッと分かるようになっているのです。お急ぎの方向けに緊急相談窓口を設けている点も考えられているなと感じます。

ポイント①
基本料金は業界最安価格の1000円!
ポイント②
見積もり後の追加料金はナシ!
ポイント③
無料現地調査を実施してくれる
ポイント④
基本料金以外が高いという評判も
水道1番館
9位:こちらも業界最安価格の1000円! トイレのスペシャリスト「水道1番館」
9位に選んだのは、ちょっぴり変わった名前の「水道1番館」さん。運営を行うのは東京都港区にオフィスを構えている株式会社マックで、「北は北海道・南は沖縄」まで全国に拠点を持っており、幅広いエリアでの水漏れ関連トラブルに対応できることがウリのひとつとなっております。

この業者の公式HPを見ていて目に止まったのは「悪徳水道業者排除宣言」という文字です。

水漏れ関連修理業者というのは悪質なところも多く、修理完了後に法外な料金を請求されたり、いいかげんな修理でお金をとろうとする許せない集団に悩まされている方がたくさんいるのです。

そうした業者を排除したいという考えは私の思い描いている点にも通じるところがあり、強く共感させられました。

ユーザーからの「喜びの声」といった口コミも多数掲載されており、HPを見ただけでは強く信頼できる業者だなと感じさせられます。
ポイント①
業界最安値1000円プラス2000円割引!
ポイント②
アフターフォローも充実!
ポイント③
トイレ修理に自信あり!
ポイント④
高額な料金を請求された?
水協
10位:まさしく水漏れ関連のプロフェッショナル集団!「水協」
最後に紹介するのは、関西地方を中心に事業を展開している「水の救急パートナー」こと「水協」さんです。

水協さんの事業方針においてもっともユニークなのは、テレビCMを一切行わないということ。

これはどういうことなのかと言うと、宣伝に多額の費用をかけるとユーザーへ請求する修理料金が増加してしまうからとのこと。すなわち、宣伝を行わない分料金を安くしてくれているのですね。

そのためか、基本料金は業界内でも最安値に近い1,800円。しかもWEB申し込みをすると、修理費としてプラスされた技術料などから3,240円割引となるので、実質的には業界ナンバー1の安さと言えるかもしれません。

加えて深夜早朝割増、出張費や見積もり費もありませんから、他業者と比べてかなり安くサービスを受けることができます。

地域に密着した水の救急パートナーとして、対応エリアにお住まいの方はご利用を検討されてもよいのではないでしょうか。
ポイント①
テレビCMをいっさい行わないから超格安料金!
ポイント②
スタッフは熟練の職人のみだから安心!
ポイント③
ユーザーとのトラブル発生対策万全!
ポイント④
知名度の低さに不安が……

よく読まれている記事

水道修理、なぜチラシより料金が高くなっちゃうの?

チラシやテレビCMには数千円といった極めて安い料金が書かれているのに、いざ修理を依頼すると数万円もの料金がかかってしまうといったことが水漏れ関連修理にはよくあります。

これはなぜかと言いますと、いわゆる数字のマジック。

宣伝されている費用はあくまでも基本料金であり、業者が収入として見込んでいるものではありません。重要なのは、そこにプラスされるさまざまな追加料金なのです。

たとえば、見積もりや出張を行った場合にも料金は発生します。これを依頼しなければ修理をしてもらえないので、避けようがありません。

それに、深夜や早朝などに修理を依頼した場合でも、料金が割り増しされることがあります。

さらに料金は修理内容によっても大きく変動します。これは「作業費」「部品費」と名称されており、宣伝においてはあまり触れられることがないのですが、実はこの「作業費」「部品費」の2項目が料金体系に大きく関わってきます

作業内容や交換部品についてはユーザーがよく分からない専門的な分野であるため、業者にとっては料金を上乗せしやすいのです。あり得ない料金を請求された場合、大抵はこの二項目の数値が大きくなっています

悪質な業者は宣伝でユーザーの興味を引き、修理が終わってからこうした手口でいろいろと理由をつけ、高額料金を請求してきます。

できる限り水道修理費用を安くするには?

それでは、悪質な業者の数字トリックに引っかからず、お得な費用で水漏れ関連修理を行ってもらうためには、どのようなことに気を付ければよいのでしょうか。

大前提として、修理前に見積もりをとってくれる業者でなければ話になりません。見積もりは言わば「私はこれだけしか請求しませんよ」という誓約書のようなもの。

これを出したがらない業者というのは、修理後に高額料金を請求してくる恐れがあります。

また、料金体系については必ずチェックしておくべきです。料金は水道業者によってかなり差があります。特に料金体系で差が出るのは出張費用や見積もり費用などです。

一部の業者はこうした経費についても無料にすると明記しています。また、WEBページ限定の割引キャンペーンを行っていたりするので、修理費用をお徳にできるチャンス、見逃してはなりません。

そしてもっとも大事であると考えられるのは、決してひとつの業者の料金ばかりを見ず、いくつかの業者と比較を行うということです。

水漏れ関連修理業者というのは日本にたくさん存在しています。自分がいいと思った業者であっても、他と比べてみれば口コミや評判が悪かったり、料金が割高に設定されていたりするということもしばしば。

面倒くさがらず、必ず複数の業者の情報を仕入れて見比べるようにしてください。

でも、安ければよいとは限らない!?

修理にかかる料金については、できる限り安いに越したことはありません。ですが安いからといって、それだけで決定をしてしまうというのも考えものです。

なぜかと言えば、金額を安くするというのが人目を引くもっとも有効な手段であるからです。

たとえ優秀なスタッフがおらず、ちゃんとした修理を行うことができなくても料金さえ安くすれば、最低限のユーザーがアクセスします。そうすれば、業者としてはしめたものです。

しかし、依頼を行ったユーザーとしてはたまったものではないでしょう。なかなか修理に来てくれなかったり、周りを汚されてしまったり、挙句の果てにまったく直っていなかったりといった散々な目に遭い、別の業者になんとかしてもらった結果、料金が高くついてしまうなんてことになりかねません

優良水道修理業者を選ぶために、しっかりとポイントを抑えよう

上述したように、業者を選ぶ際一番注意することをおすすめしたいのが「料金」に関してです。ネットの口コミなどを見ていても、よく見かけの費用(HPやチラシに記載のある料金)で損をしてしまったという書き込みが最も多いように感じます。ですが、それ以外にも業者選びで抑えておいたほうがいいポイントが何点かあるので、最後にこちらを紹介したいと思います。

まず1つ目は「スピード」について。優良修理業者はとにかく対応が早いです。場合によっては即日対応してくれるなんて業者もあります。24時間、土日祝日関係なく迅速な対応をしてくれる業者のほうが、何かと安心できます。一刻を争う事態により依頼している身としては、業者が全然来てくれないなんて言語道断でしょう。
2つ目は「実績」。実績を知るにはまずその修理業者のHP。優良業者ですと、水道局などから指定されているところが多い印象です。また、ネットで口コミを見ることも大いに参考になります。口コミは言い換えると体験談。書かれている全ての口コミを鵜呑みにするのはあまりよくありませんが、優良修理業者には大抵いい口コミが書かれているもの。それらの口コミこそ信頼の証でしょう。
3つ目が「修理後のフォロー」に関して。修理したからと言っても、予期せぬトラブルが起きてしまうことも当然あります。そんな時、すぐに対応してもらえないと困ってしまいます。大きい企業ですと、顧客サポートセンターや修理保証をつけてくれているところも!そういったフォローがあると安心ですよね。

水漏れ関連修理業者にまつわるトラブルとしては昔からつきものです。ネットで多数の業者にアクセスできるようになった現在、なおさら気を付けなければならない問題とすら言えるでしょう。ですので、値段にばかり注目するのではなく、その業者に過去依頼した人がどのように感じたのか、口コミサイトなどで評判やランキングをチェックして、本当の優良業者はどこなのかを判断するようにしましょう

トラブルが起きてから後悔しても遅いですよ!

水漏れ修理、自分で直せる範囲と業者を呼ぶべき範囲を知っておこう

水漏れ修理、自分で直せる範囲と業者を呼ぶべき範囲を知っておこう

 

水漏れ修理は「自分で直せる範囲」と「業者を呼ぶべき範囲」をある程度知っておくと、早急に水漏れ対策を取りやすくなります。
一般的には費用が気になって業者に依頼するまでに日数がかかることが多く、「もっと早く依頼すればよかった・・・」と後悔することも珍しくありません。

 

 

自分で修理できる範囲とは?

〇自分で修理できる

住宅の水漏れはキッチンやトイレなど様々ところでいろんな原因から発生しますが、基本的に自分で修理できる範囲というのは「工具が不要」で「止水栓を閉める必要がない」というケースが一般的です。

例えば、キッチンの排水管が油などによって道が細くなっている場合、高圧洗浄機など専門的なアイテムがなければ綺麗にすることが難しいです。
また、水回りには必ず給水管が設置されているわけですが、水道の配給ルートである部分を修理する時は止水栓を閉めておかなければ水が流れ出してしまいます。

〇パーツを交換するだけの場合

どんな水漏れに対しても交換パーツと工具を用意して、あとは作業手順を勉強すれば自分で修理できないこともありませんが、上記のように工具が必要だったり止水栓を閉めなければならない場合などは業者に依頼するのが一般的です。
逆に市販されている交換パーツを購入して、手作業だけで簡単に取り換えることができる水漏れの場合は自分で修理することができます。

例えば、トイレのタンク内にあるフロート弁は代表的であり、経年劣化で水漏れが起こりやすい箇所でもあります。
フロート弁はホームセンターなどで売っており、普通にチェーンを引っかけるだけで取り換えることができます。

 

業者に修理してもらうべき範囲とは?

次に業者に修理をしてもらうべき範囲ですが、これはもう、

「修理のやり方がわからない・・・」

「水漏れの原因がわからない・・・」

という状況がすべて該当するでしょう。
トイレのフロート弁は誰でも簡単に取り換えることができるものの、サイズが分からなかったり、そもそも便器内に水が流れ続ける原因がフロート弁であることに気づかないこともあります。
一般的に住宅の水漏れというのは原因を特定することが優先され、原因が分かった段階で自分で修理できる内容かどうかを判断していくことになります。
その原因を特定できない場合は、業者に修理の見積もりと合わせて現場をチェックしてもらうことも珍しいことではないため、困った時は業者に頼ってみましょう。

代表的な例として、住宅の水漏れでは蛇口に関するトラブルが非常に多いですが、内部のパーツが外見から見えないので原因を特定しずらいため、作業は簡単でも業者に依頼する方が多いです。

 

修理の判断までの手順を抑えよう

さて、自分で修理できるか業者に依頼すべきかを判断するまでの手順、これは必ず覚えておく必要があります。

■①水漏れをチェック
まずは水漏れが起こっている周辺を調べましょう。
蛇口や給水管などは問題個所が分かりやすいですが、キッチンの床が濡れているなど、床下系は特定しずらいです。

また、蛇口のように問題個所が分かっても、その部分において何のパーツがダメなのかは構造を理解していないと修理の可否は判断しずらいです。

 

■②問題個所をWEBでリサーチ
問題個所が判明したら、その部分の修理方法や構造についてWEBで調べましょう
WEBで調べる時に画像検索や動画検索をすると、具体的な情報を見つけやすいです。
蛇口の構造やトイレタンクの構造など、問題個所がどのような仕組みになっているのかを調べることはとても効果的です。

 

■③修理の判断
水漏れしている部分の構造を理解できると、この時点で自己修理できるかどうかが分かります。
WEBをフル活用すると、動画などで様々な水漏れの修理方法を勉強することができます。
しかし、上記で紹介したように工具が必要だったり止水栓を閉める必要がある場合などは、業者のようにスムーズに自分で修理することが非常に難しいです。
また、給水管のように「規格」や「売っているお店」など、購入すべきパーツが一般的に分からないというのも大きな理由です。

 

■④見積りを依頼
自分で修理できる場合は必要なパーツを購入して作業することになります。
もし、業者に依頼すべきと判断される場合、まずは見積りを出してもらうことからスタートしましょう。

基本的に見積りは現場のチェックと合わせて無料です。
現場チェックが終わると「水漏れの原因」や「修理費用」の詳細が分かるので、その内容から修理をお願いするかどうかを判断してください。

 

まとめ

住宅の水漏れは自分で修理できる簡単な内容があれば、業者に依頼しなければ解決することができないトラブルもあります。
適当に自分で修理をして2次損害となるケースは避けておきたいため、困った時は業者にお願いするのがベターです。

業者によって工賃などに違いがあるため、最適な業者を見つけたい場合は事前情報を比較しておくのがオススメです。




サイト内検索
水道修理業者ランキング
水の救急隊
水道屋本舗
スイドウサービス
JBR生活グループ(水の生活救急車)
クラシアン
イースマイル
水道救急センター
水110番
水道1番館
水協
水漏れ修理業者関連コラム