水漏れ修理の見積もりの取り方

水漏れが起きたときには業者に水漏れ修理を依頼しますが、実際に行う前に見積を取ります。

ただ、1社ではなく複数の業者からもらうことが重要です。

また、依頼しても明確に応えられない業者は信頼出来ません。

水漏れがわかるように説明をしてくれて明瞭な金額を出してもらうことが重要なので、ここでは取り方などについて紹介します。

 

一般的な水漏れ修理の相場について

一般的な水漏れ修理を依頼したときの相場は、業者によって違い例えばトイレだと5,000円から7,000円ぐらいです。トレイのタックだと2つパッキンがあり両方交換しても5,000円ぐらいが相場です。そのため、水漏れ修理の見積もりの取り方ではこの相場を参考にして、気になった業者を複数絞り込んでから依頼するのが望ましいです。

同じ水漏れ修理でも技術力があり信頼できる人だと、今後の使い方や点検する方法も教えてくれますし連絡先などもきちんと教えてくれます。中には相場よりも高い業者もありますが、高いからといって必ずしも悪いも言えません。技術力がある業者だと丁寧に仕事を行い代わりに料金は高めで、顧客が少ない業者だと格安にして雑な仕事をして件数をこなしたりします。

金額が少し高いよりも仕事がダメなところは避けた方が良く、これは口コミなどのレビューなども参考にできます。例えばキッチンやトイレなどの水回りの設備だと蛇口からの水漏れ、排水口からの排水の逆流など問題が起きることも多いです。 問題が起きた時は広告やインターネットなどで、低料金にしている業者に連絡をしたくなりますが実際に依頼するとトラブルにあったという報告も多いです。

被害に遭う年齢も高齢の方から若年層まで幅広く、金額についても中には10万円以上もとられたなどの被害にあうこともあります。このような業者に依頼するのを防ぐためにも、一社だけでなく複数に依頼してみて相場に合っているかなども確認が必要です。

 

信頼できる業者の選び方やその特徴

見積りの依頼をするときに信頼できる業者へ依頼しなければいけませんが、電話で必要な部品や原因などの説明を丁寧にしない業者や、問い合わせでは説明をしないで現場で金額を言う、料金体系の説明がない、水漏れの修理代を見積りすると格安の金額を提示するところは避けた方が無難です。

信頼できるところは電話の段階で親切にきちんと説明を行ってくれ、部費代や修理費も明瞭で、相場内の料金提示をしてくれます。グループの基本料金を言ってから後は相談に応じてくれて、きちんと説明がしてくれるところなら信頼出来ます。

少しでも安価で依頼したいときは、水漏れ箇所の止水栓を止めてから複数の業者に相見積りを取って価格を比較し、安くて信頼できる所にします。出来るだけ多くの業者から取って、何軒かの業者の中で最も安い所へ料金の相談をします。仕事が欲しいところだと相談にも応じてくれますが、値下げに応じてくれない場合は止めるのも一つの選択です。

残った業者の中で、最も親切に説明をしてくれたところに依頼するのも良いです。 止水栓を止めると水が漏れることもなくなるので、先に水漏れを一時的に止めておけば無駄な水道代もかからず業者を選ぶ時間も出来ます。

複数の業者からの見積もりの取り方で注意なのが、相場よりも極端に安いと追加料金がかかり逆に高くなることもあります。一般的な相場があり、それよりも高すぎたり安すぎるのもあまり良くありません。

 

水漏れ修理業者の見積もりが重要な理由について

簡単な水漏れ修理の依頼だけで終わらせるつもりが、想定外の施工をされて数百万円もの請求をされたという事例もあり、これを防ぐにも事前の相談などはとても重要です。

キッチンやバスルーム、洗面所などの水回りの複数の箇所で水漏れが起きて、新聞などの折り込み広告に添付されていたシールなどの連絡先に依頼すると、リフォームが必要だと説明を受けて工事総額が600万円以上もかかったという被害もみられたりします。

このような事例で共通しているのは、業者と担当者との間で費用について事前の相談などが一切ないことです。トラブルにあった多くはチラシや広告の格安の基本料金だけを見て連絡をしてしまい、費用についても取決めもないままなので、業者の言われるままその金額で依頼してしまい思わぬ高額になります。

ここで重要なのは、チラシなどの宣伝をそのまま信じるのではなく、先に見積りを取る事です。例えば電話などで連絡をとった時には正確な費用について知らせるのは難しいですが、ある程度の目安となる見積りを請求することで施工内容についてもある程度は把握出来ます。

特に悪徳業者だと曖昧で具体的な金額や施工内容を伝えることに難色を示すので、そんなはっきりしない対応を見せるときには断った方が良いです。  水漏れ修理を本格的に依頼するときにも、工事施工前に正確なものを請求してから不明瞭な追加請求がないかも確認しておくこともポイントです。この時の担当者の態度なども大切で、不明なことや疑問などに丁寧に説明をしてくれるかもチェックします。

 

排水管が詰まって水が流れないときや、原因が不明で水道料金が高くなっているなどこんな時には水漏れ修理が必要なことが多いです。業者選びは慎重に行う必要があり、依頼してない内容の工事まで勝手にして金額を高くすることもあります。必ず事前に見積を取ってから、信頼できるところへ依頼するのが重要です。




サイト内検索
水漏れ修理業者関連コラム