キッチンの水漏れ修理に必要な費用相場

公開日:2019/08/01  最終更新日:2019/07/10

台所やキッチンの水回りは家の中でも重要な所です。

主婦にとっては一日の中で長時間立っている仕事場でもありますので、水漏れなどのトラブルがあったらすぐに直さなければなりません。

そこで気になるのが費用ですが、修理する場所によって必要な費用はさまざまです。

 

蛇口の水漏れ修理にかかる費用の相場

台所やキッチンのトラブルで一番多いのが水道の蛇口の水漏れです。蛇口はハンドルを回すことによって内部のスピンドルが上昇し、ケレップ又はコマと呼ばれる水栓が水圧で押し上げられることによって水が流れる仕組みとなっています。

水漏れしている場合で考えられることは、ハンドル内の三角パッキンかケレップもしくはケレップに付属するパッキンの劣化、バルブカートリッジの劣化や破損が考えられます。

三角パッキンの劣化やケレップに問題がある場合は、ケレップやパッキンを交換するだけで済むため修理は比較的簡単です。どちらもホームセンターなどで販売しており、三角パッキン、ケレップ共に価格は500円前後と手軽に入手することができ、プライヤーとドライバーがあれば自分でも修理できるため、修理業者に依頼せずに自分で修理してみましょう。

この双方を修理しても水漏れしている場合は、バルブカートリッジの破損や劣化の可能性が高くなります。バルブカートリッジは蛇口のメーカーや製品によって型番が決まっているため必ず製品番号を確認して、使用している蛇口に合致するバルブカートリッジを購入することが大切です。

しかし、バルブカートリッジの交換は蛇口を分解する必要があるため、自信がない場合は修理業者に依頼するのがおすすめで、その場合の費用相場は部品代を含めておよそ5,000円前後となっています。なお、パッキンやケレップの修理を依頼した場合は4,000円前後が相場と考えておくとよいでしょう。

 

シンク下の水漏れ修理にかかる費用相場

ほとんどの台所やキッチンのシンク下は排水パイプが接続されていて、鍋やフライパンなど台所用品の収納場所に利用している場合が多いです。この部分が水漏れしている場合は排水パイプの継ぎ目やパッキンなどが原因で、シンクの排水口と配水管を繋いでいるパッキンであれば自分で修理することが可能です。

この場合もシンクの種類によってパッキンの厚さや大きさが異なるため、外したパッキンを持ってホームセンターへ行き、サイズを確認してから購入することが大切で、価格相場はおよそ300円前後です。

これが原因ではない場合は排水パイプの問題ですが、排水溝と配水管、排水パイプのそれぞれの継ぎ目には大きなナットがあり、このナット部分が緩んでしまうことで水漏れすることもありますので、ナットを自分で締め直してみると水漏れが直ることがあります。

しかし、どこから水が漏れているか分からない場合や、自分で直す自信がない場合は修理業者に依頼することになりますが、水漏れ修理では料金トラブルが多く、事前の説明がないまま基本料金以外の作業料金や出張料金を請求されるケースがあるため、修理を依頼する前に複数の修理業者に見積もりを依頼することがポイントです。

修理費用については8,000円から12,000円前後が相場と比較的高額になりますが、水漏れしたまま放置しておくと黒カビなどが発生し衛生面でのトラブルの原因となるため、早めに修理することが大切です。

 

キッチン床下の水漏れ修理にかかる費用相場

台所やキッチンの床や床下が濡れている場合は床下の配水管自体が原因です。考えられることは排水パイプと床下の配水管の接続部分の劣化や、配水管までのどこかで何かが詰まっていることで、場合によっては床を外す大掛かりな修理となるため、修理業者に依頼することが一般的です。

配水管は料理で使用した植物油や、肉などを焼いた時にでる動物性油脂、食材カスやヌメリ、洗剤のカスなどが固まって詰まることが多く、何れも長年の蓄積によって発生するため、水の流れが悪くなったと感じたら早めに解消しておくことが大切です。

詰まりが原因の場合は、詰まり箇所を特定する作業と低圧ポンプや電動ワイヤーを利用して詰まりを除去する作業がセットになっており、特定作業が4,000円、ポンプやワイヤーの基本料金と作業費を合わせて15.000円の合わせて20,000円が相場となっています。

配水管に原因があり交換する場合は最低でも10万円以上が相場で、修理と言うよりもリフォームになるため大変高額になってしまいます。しかし、一刻も早く修理しないと、家の劣化や漏電事故による火災、カビやダニなどによる健康被害などの2次災害を引き起こすことがあります。

また、集合住宅の場合は近隣への被害に繋がり、自宅だけの修理では済まなくなってしまうこともあるので、気付いた時点で早めにアクションを起こすようにすることが重要です。

 

簡単な修理であれば数百円程度で済みますが、場合によっては万単位の費用が必要になってしまうこともある水漏れ修理。自分で直して費用を安くすることも大切ですが、重大なトラブルを避けるためにも費用相場を確認しておくように心がけましょう。




サイト内検索
水漏れ修理業者関連コラム