修理が必要かも!トイレから異音が聞こえたら要注意!

水回りの設備は何かと詰りが発生しやすいですが、中でもトラブルが多いのがトイレです。

いきなり水が流れなくなったり漏れたりすることはなく前兆があります。

一番多く見受けられるのは流水時の音の変化に気付くこと、つまり異音の発生です。

状況に応じて音の特徴も異なり、想定される原因も違ってきます。

自分でできる対策もありますが、場合によってはプロの水漏れ修理が必要なこともありえます。

 

異音の特徴に着目して原因を想定する

トイレでよく経験される異音のそれぞれの特徴について、そのポイントを抑えておきましょう。

まず水を流したときに配水管や床下から「ピシャピシャ」聞こえることがあります。

正常な状態であれば水が流れてから、10分から15分も経過すれば音は収まるはずです。

しかるに長時間いつまでも音が収まらない場合は、貯水タンク内のゴムフローの劣化や配水管詰りの可能性があります。

今度はタンク内から音がする場合を検討してみましょう。

「ポタポタ」「チョロチョロ」するような音が聞こえるときにはタンク内の異常を疑います。

流水後10分以上経過しても、このような音が発生するようであれば水漏れを疑って下さい。

この状況で想定されるのはタンク内の「ボールタップバルブ」という装置の異常の存在を示唆する兆候です。

トイレを流したあとに「ゴーッ」という大きな音がするときは特に不安を感じるものです。

一般的に空気と水が混ざってしまうことで、流れる過程が配水管内部で反響していることもあるので、この時は正常な現象で問題にはなりません。

しかしレバーを流してもなかなか流れないような症状も同時に観察されるようであれば配水管詰りを疑います。

排水換詰りの前兆で一番多いのは、このような排水時の音の変化にあります。

しつこくこのような症状が継続するようであれば、何らかの対策をとらない限り深刻な水漏れや排水後の逆流などの、より深刻なトラブルに発展する可能性が懸念されます。

 

異物が詰まっている可能性が高い

ただ注意するべきなのはほかの水回り設備の使用により異音がする場合もあると言うことです。

トイレ以外のキッチンやバスルームなどで水を使用していると「ゴンゴン」という音がする場合があるのです。

これは「ウォーターハンマー現象」と呼ばれるものです。

この現象は建物の配管内を流れる水が逃げ場を失うことで配管内の圧力が急上昇し、その圧力の影響で大きな音が反響するわけです。

この現象はトイレの流水レバーを強くひねったときによくおきる現象なので、ゆっくりとレバーを引くように気をつけるなどの注意も必要です。

ところで異音の多くは配水管詰りが原因です。

対策を考えるうえでも何が詰まっているのかで、とるべく方策やアプローチが違って来ます。

そこで代表的な配水管つまりの原因を検討してみましょう。

まず溶けない異物が詰まっている場合は、例えばトイレットペーパーの芯などを誤って落としてしまったときが典型的です。

この時に無理に流水で流そうとしたり、ラバーカップを駆使すると悪化を招く場合があります。

次に水に溶ける異物が詰まることもよくあることです。

特に大量のトイレットペーパーを一時に流すと配水管詰りを生じる恐れがあります。

配水管は細いうえに強い圧力で流すために、ほかの水周りに比較しても特に詰りが発生しやすいわけです。

このような時に内部の状況を確認しようとして便座のうえに上るのは禁物です。

無理な体重の不可かがかかるので破損するおそれがあるからです。

 

自分でできる解決策と、水漏れ修理を依頼するタイミング

それではトイレで配水管詰りの疑いが濃厚なときに、どのような対策をとることが可能なのでしょうか。

まず比較的対策がとりやすい「水に溶ける異物が詰まった場合」の対処法をご紹介します。

御家庭でも比較的安全に実践できるのは、お湯とラバーカップを併用する方法になります。

まずバケツを用意しトイレ内部にたまった水分をできる限り汲み取ります。

これはお湯を投下したときに、熱湯にさらすことでふやかす効果が高くなり水溶性も増すためです。

その後40~60度の熱湯をバケツにいれてトイレ内に注いでください。

ただし沸騰するような高温では便器が割れる可能性があるので温度にはくれぐれもご注意を。

この時なるべく高い場所からお湯を落とすことで、勢いがつくのでそのまま流れてくれる公算も高くなります。

これを繰り返しても詰りが解消されないときは、ラバーカップを試してみて下さい。

ただしラバーカップには洋式便座用と和式便座用があるので種類を間違えないようにしましょう。

ラバーカップの使い方のポイントは押し込むときはゆっくりと、引き抜くときは力強く牽引することにあります。

ラバーカップの本領は真空状態でこそ発揮されるので、押し込むときはこれ以上押し込めない、と感じる所まで負荷をかけるのがコツです。

このような対策を実践しても改善されない場合や、水に溶けない異物を誤って落としてしまったときには専門家の水漏れ修理を依頼するのが賢明す。

水漏れ修理の専門業者なら破損などの心配もなくトラブルを解消することが期待できるからです。




サイト内検索
水道修理業者ランキング
水の救急隊
水道屋本舗
スイドウサービス
JBR生活グループ(水の生活救急車)
クラシアン
イースマイル
水道救急センター
水110番
水道1番館
水協
水漏れ修理業者関連コラム