雨漏りの原因と予防方法

建物によっては経年劣化により外壁や屋根の部分など傷んでいくこともあります。

個人で購入したマイホームなどもその例外ではありません。

そのため、ある程度の年数が経った住居などの場合には、屋根や外壁部分から水が入りこみ住居内にダメージを与える可能性も考慮して予防をしていくことも大切です。

さまざまな部分から雨は侵入する

雨が降ることで雨漏りの被害を受けることもありますが、雨が侵入してくる経路はさまざまです。

イメージ的には屋根の部分から徐々に雨がしみこんでくることで屋根裏や雨水の量によっては天井から水がしみて床や畳などにも被害を受けるなどが一般的です。

そのため、日ごろから屋根の状態をチェックしておくことは大切ですが、雨水は屋根だけでなく外壁などからもしみこんでくる可能性があります。

外壁なども雨風や太陽にさらされてしまうことにより、徐々に傷んでいきます。

そのため、塗装がはがれ亀裂などが入りそのような傷んだ部分から雨水がしみこんでしまうケースや、外壁に取り付けた窓のサッシの部分のパッキンの摩耗や窓枠などの隙間部分などから雨水が侵入するケースもあります。

そのため、屋根だけ警戒していればいいというわけでなく、できれば屋根と外壁の両サイドを定期的にチェックしておくことが重要だといえるでしょう。

個人でチェックを行うことも不可能ではありませんが、素人という点や屋根や外壁など高い部分での点検はリスクを伴います。

足場などが悪かったりすればケガをする可能性もでてくるため、定期的な点検においては業者に依頼してみるほうが安心です。

水漏れ修理のための業者選びが重要

雨漏りを未然に防ぐためには、定期的な点検が重要です。

専門業者に依頼することで隅々まできちんとチェックしてもらうといいでしょう。

特にある程度の年数の経った住居の場合には、一度業者に依頼してチェックしてもらっておくことが大切です。

傷んでいる部分や雨水が入り込みそうな部分は早めに水漏れ修理をしてもらい、被害がでないうちに解決しておくことが予防につながります。

基本的には雨風の被害を受ける前に修繕ができるのが理想ですが、状況によっては雨による被害を受けてしまうこともあります。

この場合でもできるだけ早く修理を依頼して次の雨までに修理が完了しておくことが必要です。

雨漏り修理のために業者を選ぶ際には、地元に根付いている業者かネット上である程度評価の高い業者を選択しましょう。

地元に根付いている業者の場合には、近所や周辺地域での信頼が厚い可能性があります。

トラブルがあれば業者として長年継続していくことは難しいため、その点からもある程度の年数、地元の業者として存在している場合には信用性が高いとみていいでしょう。

また、ネット上で周辺地域の専門業者を探していくつかの業者をピックアップしてみるのも一つの方法です。

その中から評価が高い業者を選択するというのも優良な業者を選択しやすくなるため、ネット上で情報を集めて比較してみるといいでしょう。

予防が大切だという点を理解する

雨水が侵入し住宅が被害を受けてしまうと、修理代がかなりかさんでしまうことになります。

金銭的な負担が大きくなるため、そのような状況をできるだけ作り出さないように予防が大切だという点は理解しておきましょう。

屋根や外壁などの点検を定期的に行っておくだけでも、傷んでいる部分の発見の確率は高くなるため定期的に行うことが大切です。

業者に依頼することで料金が発生しますが、実際に雨による住宅への被害を受けた後の修理代と比較しても安く済むため結果的には出費を抑えることにもなります

なにか起こってから後悔しても遅いので、そのような事態を招く前にきちんとやれる範囲で予防を心がけていくことが大切です。

住み慣れた住居に対してダメージとならないように、安心して生活ができる状況を維持するためにもきちんと予防をしておくように心がけましょう。

屋根などに関しても瓦やスレートのひび割れやコーキング材がはがれかかっているなどさまざまな原因があるため、注意してチェックしておくことも重要です。

外壁なども最初はささいな亀裂状態でも徐々に亀裂が大きくなってしまう可能性があります。

亀裂や隙間などができることは雨の被害にとどまらず、ネズミなどの侵入を許してしまう可能性もあるため、さまざまな点からもしっかりと予防をしておくことは大切なことだと理解しましょう。

まとめ

雨風によるダメージを最小限に抑えることや傷んでいる部分においてすみやかに修理を行うことは重要なポイントといえます。

いつどのような時に建物に対してのダメージが内部にまで影響を及ぼすか予測できません。

そのため、油断せずに日ごろからの予防を心がけ対策を怠らないように心がけましょう。

住み慣れた住居がダメージをおわないようにするためにも、業者による点検をしてもらい、傷んでいる部分があった場合にはすみやかに修理を行ってもらうことで被害を最小限に抑えましょう。




サイト内検索
水道修理業者ランキング
水の救急隊
水道屋本舗
スイドウサービス
JBR生活グループ(水の生活救急車)
クラシアン
イースマイル
水道救急センター
水110番
水道1番館
水協
水漏れ修理業者関連コラム