水漏れ修理を業者に頼むべきか判断する方法

ご家庭の水漏れトラブルが起きた時あなたならどのように対処されますか。

緊急で明らかに設備屋に修理依頼をしなければならない場合にはすぐに手配をするのでしょうが、そうでない場合ご自身で対応するか下手をすれば大丈夫と判断しそのままにしてしまうのではないでしょうか。

でもその判断を誤ったために返って多額の修理費用がかかったなんてことにもなります。

心配だなと思ったら業者に一度見てもらうのがいいでしょう。

 

漏水が見える場所か見えない場所かで判断

漏水があった場合、水漏れ修理業者へ依頼するかどうかの判断をするうえで、どこで水漏れが起きているのかを的確に見極めなければなりません。

水漏れ箇所が見える場所で起きているのか、見えない場所で起きているのかが重要になります。

これがわからないとご自身で修理をするにしても自分で治せるか判断できませんし、水漏れ修理を依頼するにしてもどのような状態なのかも説明ができないでしょう。

水漏れの場所は分からないけれどもどこかで水漏れがしていて水が回ってくる、壁の中から音が聞こえるので水漏れは間違いなくしているという時は迷わず業者へ連絡をして現地調査をしてもらった方が良いでしょう。

時間がたてばそれだけ水が流れていますので水道料金も高くなりますし水漏れ箇所の状況も悪化します。

例を挙げますと、アパートの二階に住んでいて壁の中からぽたぽたと音はしていたが水も流れてきていないし、水漏れの確証もないのでそのままにしてしまった。

数日たったら一階の天井が抜けてしまい、下の住人に迷惑をかけてしまったなんてこともあります。

これは時間をかけて水が一カ所に溜まって重さに耐えきれなくなり天井が抜けてしまった事故ですが音が聞こえていた時点で業者へ連絡して点検を受けていれば階下の人に迷惑をかけなくて済んだはずです。

このように明らかに原因が判明している場合を除き、異常があるなと思った場合は素人判断せずに一度相談してみるべきではないでしょうか。

 

水道修理には専門の道具が必要となります。

水道の蛇口やフレーキナットなどのパッキン部分の軽微な水漏れ修理であれば多少の知識を持っている人であればドライバーとモンキーを使い交換ができると思います。

でもパッキンを交換しても水漏れが止まらないといった場合には凍結によりフレーキ管が変形しているのが原因の場合や蛇口本体にヒビが入ってしまっているために水漏れが起きている場合もあります。

その場合には蛇口本体の交換やフレーキ交換工事が必要となりますので専用の工具が必要になります。

ホームセンターなどでも工具は売っていますがナットのおおきさがわからない、どのようなパッキンを使用すればよいかなど素人では判断が難しく何度も自宅とお店を往復しなければならないなど時間も費用も掛かります。

難しいなと感じたら業者に修理してもらう方が手間暇かからず楽ではないでしょうか。

水漏れ修理を素人が行える箇所というのは軽微な水漏れに限られてくるのでそんなに多くありません。

知識も最低でもご自宅の止水をどのようにするのかを知っていなければ修理をすることさえできません。

水漏れ業者に点検してもらうことにより自分で確認できた水漏れ箇所以外の水漏れも発見できる場合もあります。

設備屋の数が多くてどこに依頼すればよいかわからないという方は、サイト上で店舗の評判を確認することもできます。

実際に店舗へ問い合わせをしてみて状況を説明しつつ、業者の応対の仕方をみてみるのも一つの判断基準になるのではないでしょうか。

 

水道メーターの使用料で水漏れを判断

建物内の水道口を確認しても異常なし、外の散水栓を確認しても異常なし、でも水道の使用料がやたらと高い場合水漏れが起きている可能性があります。

まずは敷地内にある水道メーターBOXを確認しましょう。

蓋を開けると水道メーターがあり、その中の小さい銀色のダイヤルがあります。

水を使用していない場合はダイヤルが回ることはありません。

建物内で水を使用していないのにぐるぐる回るようであればどこかで水漏れがしている可能性があります。

その時に一カ所確認していただきたい場所があります。

それはトイレです。

トイレタンク内の浮きですが年数がたつと動きが悪くなり上下運動しにくくなり完全に水を止めることができなくなる場合があります。

それとタンク内にある止水ゴムが原因の場合もあります。

長年水に浸かっているため劣化して水を止めることができなくなることがあるので注意が必要です。

それを確認し流水がない場合、水道管での水漏れが疑われますので水漏れ修理業者へ確認してもらう必要があるでしょう。

年数がたっている建物の場合、水道管に鉄管が使用され土中に埋設されている場合がありますので鉄管自体がさび腐食しているために漏水が起こりやすくなっています。

素人が下手に手を出すと一カ所の修理のはずがあちこちで連鎖的に水漏れが起こり結局業者にお願いする羽目になる場合もありますので注意が必要です。

これは放っておくと止まるというものではなく時間の経過とともに状況がどんどん悪くなりますのですぐに業者へ来てもらうことをお勧めいたします。




サイト内検索
水漏れ修理業者関連コラム