水漏れトラブルで口コミ評判の高い水道修理業者比較!

トイレタンクから水漏れする原因と対処法

公開日:2019/01/01  最終更新日:2020/09/15

台所や風呂あるいは洗面所など、私たちの住宅の中でとても重要な役割を担っているのが水まわりです。水まわりは日常的な使用頻度が高く、また湿気もたまりがちであることからトラブルが起きやすい場所でもあります。

その中でも問題になることが多いのがトイレで、特にトイレタンクの水漏れは最も頻度が高いトラブルのひとつです。

トイレの水まわりトラブルはタンクが原因のことが多い

私たちが毎日の生活の中で度々利用するトイレの中心にあるのが便器です。最近ではその高機能化が進み、温水洗浄便座をはじめとして便座のふたの自動開閉や便器内の自動洗浄など、さまざまな新しい機能を搭載した便器も増えています。

そのため、ひと昔前と比較すると現代のトイレは随分便利で快適な空間へと変化してきました。ただし、それとともにトラブルの頻度が増加する傾向にあるのも事実です。機能が増えれば増えるほど、どうしても不具合や故障が発生する可能性がある箇所も多くなってしまうため、これは致し方ないことなのかもしれません。

もっとも、トイレのトラブルで最も多い水に関連するものは、必ずしも便器の多機能化が重大な要因となっているわけではありません。その主な原因はトイレにおける特殊な水の利用方法にあります。基本的に台所や洗面所などトイレ以外の水まわりでは、蛇口のつまみをひねったりレバーを上下させることで出てくる水や湯をそのまま単純に使用します。

一方でトイレの場合、多くの水洗便器が水を一度トイレタンクにためてから利用する仕組みになっています。これは便器の中を洗い流す水にある程度まとまった力が必要なためで、タンク内の水を一気に排出すことによって勢いをつけているからです。この一段階が加わることによって、どうしても水のトラブルが発生する機会は増えてしまうのです。

具体的にはタンクに流入する水が止まらなくなったり、便器内の水がちょろちょろと水漏れしたり、タンクに水が溜まらないといったものがトイレタンクのトラブルの例です。

水漏れを見つけたら放置しないで早期対応がポイント

トイレタンクの異常によって引きおこされる水のトラブルの中でも、最も多いのが水漏れです。たとえ少量の水漏れでも、それが続けば貴重な水が無駄になり水道代も当然上昇していきます。また、そのまま放置すればいずれはより重大なトラブルへとつながってしまう可能性も否定できません。異常を見つけたら、深刻な状態になる前にできるだけ早めに対応するのがポイントです。

それでは、トイレタンクの水漏れにはどのように対処したら良いのでしょうか。それには、原因を知る必要があります。まず考えられるのが、タンク内の部品の劣化や破損による不具合です。

また、長年の使用の中で部品が外れていたり調整にずれが生じている場合もあります。水を流すレバーが故障していたり、給水や排水のための管に問題があることも考えられるでしょう。

実は原因さえ特定できれば、タンクの水漏れに対処するのは非常に難しいというわけではありません。ある程度手先の器用な人なら、しっかりと手順を踏んで正しく部品の交換や調整をおこなえばプロでなくても対応することが可能です。

もっとも、知識や経験のない素人が自身でどうにかしようとするのは避けたほうが賢明でしょう。

もしものときにはプロである水道修理業者への依頼が一番

トイレタンクの水漏れに自分で対処しようとする場合、やはり最も難しいのが原因の特定です。プロであれば経験上すぐにわかるような問題点も、インターネットなどの情報が頼りの素人にとって正しい判断をするのは決して簡単なことではありません。

よくわからないまま購入した交換用の部品がタンクに合わなかったり、無事交換できたとしても状況が改善されないといった事態が起こりがちです。また、場合によってはかえって状況を悪化させることもあり、せっかく修理代金を節約しようと努力した結果が高くついてしまっては元も子もありません。

このように素人判断でトラブルに対処しようとするより、やはりプロである水道修理業者を利用するのが一番です。水漏れなどの異変に気がついたらできるだけ早めに連絡を取って、的確な修理や調整を依頼するのが何といっても得策でしょう。そのためには、普段から評判の良い修理業者を探しておくことが大切です。

 

トイレをはじめとする水まわりのトラブルは、ある日突然やってくることも少なくありません。そのようなとき、すぐに優良な水道修理業者を探し出すことができるかどうかは不確実です。

慌てて依頼した結果、あまり良くない業者に引っかかってしまう場合もあるかもしれません。そのような心配のないように、日頃から知り合いやインターネットなどさまざまな情報をもとにして、安心・確実で信頼のできる業者を見つけておくようにしましょう。そうすれば、いざというときにも安心です。

トイレタンクから水が流れる音がする原因と対処方法

トイレタンクから水が流れる音がする原因と対処方法

 

 

普段暮らしている中で、トイレタンクから何やら水が流れる音がすることってありませんか?
その音が気がかりで修理を行う人がいる一方で、大丈夫だろうと放置している人もいるでしょう。
ここでは、そんなトイレタンクから水が流れる音がする原因と対処方法について説明していきたいと思います。

 

 

音の原因と対処法とは?

トイレタンクの中には、色々なパーツが設置されています。
その中で主に音がする原因となっているのは「フロート弁」か「ボールタップ」に何か異常がある場合です。
では、それぞれ見ていきましょう。

〇フロート弁が原因の場合の対処法
フロート弁とはトイレタンクに溜まっている水が流れないように栓をしているゴム玉のことで、タンクの下部のところにあります。
このゴム玉がいつまでも浮いていて、閉まらないと水がずっと出てしまいます。
基本的に、水漏れの原因はフロート弁が経年劣化して破損することによって発生するという場合がほとんどです。

★対処法として★
フロート弁を新品のものに取り換えましょう。
これはホームセンターやネット通販で簡単に買うことができます。
しかし、フロート弁はトイレタンクによってサイズや形状が違うので、絶対に自宅のトイレに合うものを選ばなければならないので注意が必要です。
そしてピッタリ適合するものを購入してきたら、古いものと交換です。
交換の難易度は比較的簡単なので初心者の方でも交換することができるはずです。

〇手順
次は手順についてみていきましょう。
①タンク内の水を抜く
フロート弁の交換作業をしやすくするために、元栓を閉めてからタンクの水を全部抜きます。
また、元栓をしっかり閉めておかないと水が出っぱなしの状態になるので気をつけましょう。

②鎖とフロート弁を外す
タンク内のレバーに接続しているフックから鎖を取り外し、オーバーフロー管の根元に引っ掛けてあるフロート弁を外します。

③新品のフロート弁と鎖を取り付ける
古いフロート弁と鎖を取り外したら、新品のフロート弁と鎖を取り付けます。
その際に、鎖の長さは古いフロート弁と新しいフロート弁が同じになるようにきちんと調整しましょう。
鎖の長さが短いと、フロート弁が浮いたままになってしまうため水漏れを引き起こしてしまいます。

④最終確認
取り付けが終わったら、閉じていた元栓を開けてレバーを回して水がしっかり適切な位置まで来るかチェックしてOKなら終了です。

 

〇ボールタップが原因の場合の対処法
フロート弁に異常が見当たらない場合はボールタップが水漏れの原因だと考えられます。
ボールタップとは、トイレタンクのシャフトの先端にある浮き球の浮力を利用して水面の上下によりレバー付け根にある弁を自動的に開けたり閉めたりするもの。
これは使用を開始してから10年くらい経つと経年劣化が始まってきます。
それにより、正常に浮き球が作動しなくなるので水漏れに繋がってしまうのです。

★対処法として★
新しい部品に取り換えることです。
ボールタップはホームセンターやネット通販などで部品が購入することができますが、他にもメーカーの公式サイトで購入することができる場合もあります。
ですが、種類があまりにも多くなかなか自宅のトイレに合うものが見つからないというケースも少なくありません。
交換する際にトイレを購入した際の取扱説明書などを見て品番をチェックした上で、合うものを選ぶと間違いがなくて済みます。
選んだ後は新しいボールタップと交換しましょう。

〇手順
交換する手順は次の通りとなっています。
①元栓を止めて水を抜く
作業ができるように元栓を止めて水が出てこないようにしましょう。
そしてトイレタンクのフタを外して、レバーをひねってタンクの中の水をすべて抜きます。
そうすればスムーズに作業がしやすくなります。

②古いボールタップを取り外す
ボールタップを交換するために部品を外します。
まずタンクの外側についている給水管とボールタップを繋いでいるナットをモンキーレンチで緩めて外していきます。
さらにボールタップをタンクに止めているナットもモンキーレンチを使って取り外しをします。
こうすればタンクの中からホールタップを取り外せるはずです。

③新品のボールタップを取り付ける
古いポールタップと引き換えに新品のボールタップをこれまでとは逆の手順で取り付けていきます。
取り付けが終わったら元栓を開いて、きちんと適切な位置で水が止まるか見ましょう。
これで特に問題が無ければ修理は完了です。

 

水漏れの修理業者に頼むのも一つの手!

修理する時間がない
または手先が不器用で自分ではできない
という場合は専門の水漏れ修理業者に頼んでください。
トイレの水漏れは、あまりDIYを行ったことがないという人にとってはかなり勇気が必要ですよね。
その点、業者の方に来てもらえば安心して任せることができます。
色々と触れてみて「ちょっと難しそう」と思ったらできるだけ早く業者に連絡してみることをおススメします。

トイレタンクを交換して水漏れ対策をしよう!

トイレは水回り設備の一つで、トラブルが起きやすい設備ともいえるかもしれません。

その中でもトラブルが発生しにくいのがタンクです。

ただたくさん水をためる部分なので、ひとたびトラブルが起きるとその後が大変になります。

外側から水漏れがあって水浸しになっている

トイレも水回り設備の一つです。

水が流れるのは便器の中ですが、手洗いをしたり、水が飛び散ったりするのでトイレの床には水が落ちます。

一応床は水が溜まっても大丈夫なような素材でできているところが多いです。

普通に使っていれば水が床に溜まったりすることはないですが、トラブルが発生するとそれが原因でたまる可能性があるので注意しましょう。

トラブルの一つとしてあるのがトイレタンクのトラブルです。

トイレの仕組みは、タンクに一定量の水をためて置き、それを一気に流すようになっています。

最近はタンクレスなどタンクが表側に見えないものもありますが、一般的には便器の上側に設置してあります。

きちんと設置されていれば水漏れなどは起きませんが、何らかの問題が発生しているときは水漏れ修理をしないといけないでしょう。

トラブルの状態にもよりますが、丸ごと取り換えた方が良い時があります。

自分で行おうとすると、表面的な部分だけ解決しようとするので、水が出ているところを止めればいいと考えるかもしれません。

しかし目で見える部分をふさいだとしても、他に根本的な問題があると一時的に水が止まっているだけで、将来的にもっと大きなトラブルになるときもあります。

業者に依頼をすればトイレ全体の状態を調べてくれ、最適な提案をしてもらえるでしょう。

内部で水漏れがあると水道代の無駄が発生

トイレで用を足したあと、レバーなどを操作すると便器の洗浄のための水が流れます。

それと同時にタンクに水がたまるよう水が出てきます。

水が流れているタイミングは、タンクから便器へ一気に大量の水が流れます。

一方蛇口からタンクへの水は普通に手を洗うときぐらいの水量です。

便器の洗浄が終わった後も、タンクに水をためるために水が出ていることもあるでしょう。

タンクの水位が一定量になったら水が止まるようになっているので、自分でタンクへの水量を調節する必要はありません。

ある時水道料金がいつもよりも高くなっているのに気が付くかもしれませんが、これはどこかで水漏れが発生しているからかもしれません。

その可能性として高いのがトイレタンクです。

水漏れ修理をするために交換をした方が良い時があります。

なぜタンクが原因で水道料金が上るかですが、タンクの内部の劣化などによって、きちんと水がせき止められていない可能性があります。

一定の水量を保つような装置がありますが、少しずつ水が流れていると水位が下がるのでそのたびに蛇口から水が出て水位を保とうとします。

この流れがたくさんなら気づきますが、少しずつなので気づきにくいです。

寝ている間や外出中にも少しずつ水が出ることで、かなりの無駄が発生し、それによって水道料金が上がっているのでしょう。

まずは業者に調べてもらい、必要に応じて新しいものにしてもらいましょう。

修理費用は掛かりますが、その分無駄な水道料を減らせます

一定年数が経過した時に新しいものの方が良い

家電製品や家具、住宅の設備などを買い替えるタイミングはいつが多いでしょうか。

それぞれの家庭によって考え方が異なるため、故障したとき、見た目が古くなったとき、などかなり長く使っている家庭もあるかもしれません。

家電製品であれば、冷蔵庫やエアコンなどは一定期間ごと買い替えた方が電気代が抑えられると言われます。

使えてもその分電気料金が高くなるからです。

省エネタイプがどんどん登場しているので、数年間隔で新しいものに変えた方がトータルのコストを下げられるとされます。

ではトイレタンクの交換はどのタイミングで行うのがよいでしょう。

こちらも家庭によって異なるでしょうが、故障をしてどうしようもなくなったからと答える家庭が多いかもしれません。

タンクは本体が陶器でできています。劣化しにくく、何らかの力が加わって割れたりしない限り50年でも100年でも使えます。

しかし陶器の部分だけでなく、パイプなどは金属ですし、接続部分はゴムなどが使われます。

金属は錆び、ゴムは劣化するとトラブルが生じます。

タンクに関しては平均的な寿命は20年ぐらいとされています。

これはタンクそのものより、パイプやゴム製の部品なども考慮した期間です。

もしそれを超えているなら交換をして水漏れ修理をするのが良いかもしれません。

タンクはパイプやゴム部分などが使われますが、20年も経過すると合う部品が少なくなり、部品ごとの対応が難しくなります。

タンクごと変えた方がいいかもしれません。

まとめ

タンクにトラブルが起きると、まずトイレの床に水がたまる可能性があります。

さらに知らないうちに水道が使われて水道代が高くなっている可能性があります。

寿命を考慮して、寿命前に新しいものにすることも考えておきましょう。

 
   
 

水漏れ修理業者一覧

第1位 水の救急隊
第2位 水道屋本舗
第3位 スイドウサービス
第4位 JBR生活グループ(水の生活救急車)
第5位 クラシアン
エリア別おすすめ修理業者
水漏れ修理業者関連コラム
サイト内検索