凍結が原因の水漏れの修理方法

水道管が凍結すると水道管が破裂して水漏れを起こすことがありますが、そんな時に備えて対応方法を知っておくことが大切です。

ここでは、凍結した時の水漏れ修理の方法について解説します。事前に対応方法を知っておくことで、急なトラブルでも対応できるようになるでしょう。

 

なぜ凍結すると水漏れが起こることがあるの

なぜ水道管が凍ると水漏れを起こすのかと疑問に感じる人もいるでしょう。水は凍ると体積が増えます。この体積が増えることで水道管に圧力がかかって、ヒビが入ったりすることで水漏れを起こします。

新しいものであれば柔軟性もあり、中の水が凍っても破損しないこともあります。しかし、経年劣化することで柔軟性も失い硬化してしまうので破損しやすいです。塩ビ管は比較的柔軟性もある素材で作られているのですが、このような素材も古くなれば硬化してちょっとした圧力によってヒビが入りやすくなってしまいます。

冬場に水道管の中の水が凍って起こる水漏れは、古い配管を使っているところこそ注意が必要です。屋内にある配管は凍りにくいことからも、屋外にある配管をチェックして、暖かいうちに対策をしておくと、冬場でも安心して生活をすることができるようになるでしょう。

 

水漏れを防ぐためには事前に対策をしよう

凍結による水漏れを防ぐためには、保温テープや保温材を巻く、水を流す、水抜きをするなどの方法があります。凍結は、屋外に露出している配管ほどしやすいです。

そんな配管がある場合には、保温剤や保温テープなどを巻きましょう。このような対策をすることで、外気温が下がっても配管の中の水も凍りにくくなります。

気温が下がると事前に分かっているなら、水を少しだけ流しておくことも有効な方法です。水は0℃で凍り始めますが、水が動いていれば0℃以下にならないので凍結を防ぐことができます。水を流すのがもったいないと感じる人は、容器に水を溜めて洗濯などに活用すると良いでしょう。

長く水道を使わない場所なら、水抜きをしておくのも良い方法です。元栓を締めてから蛇口を開いて水道管の中にある水をある程度抜いておけば凍る心配もありません。

このように、事前に凍結を防ぐ方法は色々あります。屋外の配管は凍りやすいことからも、このような対策をしっかりと行いましょう。保温テープや保温材はホームセンターでも購入可能で、ただ巻くだけなので手軽にできる対策方法です。

事前に対策をしっかりとしたい人は、専門業者に調査をしてもらって対策をするのも良いでしょう。費用はかかりますが、素人が対策をするよりも確かな効果が期待できます。

冬場の水道管のトラブルは意外に多く、トラブルが起きてから業者に連絡してもすぐに対応してもらえないこともあります。水トラブルで生活に支障が出ないようにするためにも、事前対策はとても重要です。

 

凍ってしまった時にはどうするのがいいの

朝起きると水道管が凍ってしまって水が出ないということがあります。この時には、お湯を使って解凍する必要があります。この時に注意が必要なのがお湯の温度です。熱湯をかけてしまうと水道管が破裂してしまうことがあります。

水道管が破裂してしまうと、さらに状況が悪化してしまって業者に修理依頼をすることにもなります。このような状況にならないためにも、使うお湯は50℃程度の温度が良いでしょう。また、直接お湯をかけるのではなく、かける部分にタオルを巻いて、その上からお湯をかけるようにします。

お湯がない時には、ドライヤーで温めたいと考える人もいるかもしれませんが、ドライヤーで温めるのも熱湯をかけるのと同じで破裂する可能性があるので注意をしましょう。ドライヤーを使う場合でも、直接温めるのではなく、布などを巻いてから温めればドライヤーでも上手く解凍させることが可能になります。

自分で解凍する場合には、急激な温度変化を与えないような工夫をして、トラブルを悪化させないような対策が重要です。凍結していることで水が出ないことが明らかな場合には、このような方法で対策ができますが、原因が良く分からない時には、無理に何かをしようとするのではなく業者に依頼をしましょう。

原因も分からず対策をしたことで状況が悪化する可能性もあるので、何もせずに専門業者に依頼をする方が安全です。水が出ないと洗い物もできませんし、食事の準備も難しくなるでしょう。特に朝は忙しいことから、すぐに解消しようとする人も多いです。

しかし、このことで配管が破損してしまっては意味がありませんし、修理にも時間がかかり、無駄な費用も発生してしまいます。トラブルが起きた時こそ冷静に対応することが大切です。

自分で直せる状況なのかをよく確認し、自分で対応できる場合でも慎重に修理をする必要があります。少しでも自分で直すことに不安を感じるようであれば専門業者に依頼することをおすすめします。

 

水が凍ると体積を増すため、配管が破裂する可能性があります。凍結させないためには、事前に保温テープや保温材を巻いておく、少しずつ水を出しておくなどの対策が有効です。凍ってしまった場合には、適度な温度のお湯で温めて解凍しましょう。

ただ、無理に自分で修理をしようとすると破損する可能性もあることから、不安がある場合には専門業者に依頼をすることも大切です。適切な対応で予防したり修理をしたりすることを心掛けましょう。




サイト内検索
水漏れ修理業者関連コラム