水漏れが原因?水道代が高くなったら水漏れ修理が必要かも!

水道代の請求書を見て、これまでのものよりも不自然なほど料金が上がっていて驚くことがあります。

そんな時はまず冷静になって、いくつかのことをチェックしておきましょう。

そのことによって素早く対処できたり、被害を少なくできたりする可能性があるのです。

この記事ではそれらについて触れていますので、少しでも参考になれば幸いです。

 

まずは自宅にある蛇口を閉めてみよう

大量に水を使った覚えがないにも関わらず、これまでに比べて水道代が上がったのであれば、どこかで水が漏れている可能性があります。

そこでまずやっておきたいのは、家中にある蛇口を閉めてみるということです。

もしも水を止めているのに、蛇口からポタポタと垂れてくるようなら水漏れ修理が必要です。

少しくらいの水漏れだからと油断してはいけません。

積もり積もって高額な水道代の原因となるからです。

初期の段階であれば、内部にある止水こまと呼ばれる部品を交換するだけで改善できます。

ホームセンターに売っていますし、作業自体は難しくはないため、自分でやれば数百円程度で終わります。

仮に業者に依頼したとしても数千円です。

ただ止水こまを取り替えたのに、水漏れが改善しないことがあるのです。

その場合は再び蛇口を分解しましょう。

一部が破損していることがあり、そこから水が漏れているケースが意外と多いです。

欠けているところを削って平らにするという方法がありますが、素人では難しいです。

それにうまくできないと被害が拡大します。

そのため蛇口自体を交換する方が確実に直りますし、手軽に行えます。

ただし止水こまの交換よりも難易度が高いので、自信がないならこちらは水道の修理業者に頼んでおくと良いでしょう。

そして完全に水漏れを止めることができたら、水道メーターの確認をします。

パイロットという部分の回転が完全に停止しているなら、問題は解決できたと考えて差支えがないです。

 

蛇口から水が漏れていないのに水道代が高額になった場合

自宅にある蛇口をチェックして問題が見つからない、あるいは適切に水漏れ修理をしたにも関わらず、水道代が高額になることがあります。

その場合は蛇口以外の場所から水が漏れているかもしれません。

実は水道管というのは家中に張り巡らされて、そこから漏れている可能性があるのです。

まず一番調べやすい箇所は台所や洗面台の下で、パイプが通っているのが見えます。

つなぎ目を見たり指で触れたりしてみると良いです。

濡れているようなら水漏れ修理が必要です。

スパナなどの工具で締め直せば直ることがあるので試してみたいです。

しかし力を入れ過ぎないのがポイントで、無理矢理行なうと破損する恐れがあるので注意が必要です。

もしもそれらの場所から水が漏れていないなら、原因は他にあることになります。

次に音を聞いてみるのも有効な方法です。

先述した通り、水道管はあちこちに通っています。

そのため床や壁に耳を当ててみましょう。

水が漏れている音が聞こえることがあるのです。

特に蛇口の近くを調べてみるのが良いです。

理由は水を出す際に蛇口の栓を捻ったり上げ下げしたりするのですが、その時の振動で水道管が破損してしまう場合があります。

他にも自宅の中で突然カビが生えてきた、いつも湿っている箇所があるなら、その奥で水が漏れているかもしれません。

ただいずれの場合も自分で水漏れ修理を行なうのは困難なので、再発を防止するためにも専門家に頼っておくのが無難です。

 

他に考えられる水道代が高額になる原因について

家の中で原因が見つけられなかった場合、外で水漏れが起こっているかもしれないので探してみると良いでしょう。

特に水道管がむき出しになっているような建物だと、予期せぬことで水漏れが起こることがあるのです。

例えば寒冷地に住んでいるなら要注意で、中の水が凍って破裂することがあります。

この場合はすぐに破損箇所が特定できるので、すぐに水漏れ修理の業者を呼びましょう。

そしてまた凍結しないように、予防策を講じてもらうのと良いです。

また外気温が低くなる日にはタオルを巻く、専用のテープや保温材を使用すれば防げます。

これらはすべて市販されていますし、施工もそれほど難しくないので自分でもできる場合が多いです。

以上のことを調べたり修理をしたりしても、相変わらず高額な水道代を請求されているなら、水道メーターの故障が考えられます。

使用量については、請求書を見ればわかります。

正常だった月のものと、そうでないものの場合を比べてみましょう。

身に覚えがないのに使用量が増えているなら、水道局に問い合わせれば調べてくれます。

水道メーターが原因なら、余分に払った料金は返金してもらえる可能性が高いです。

ただこの段階でも異常が見当たらない時は少し厄介です。

中でも屋外に水道の蛇口を取り付けている家は要注意で、誰かが無断で使用しているかもしれません。

ビデオカメラを設置して、しばらく監視してみるのが良い方法です。

万が一犯人を見つけたとしても、くれぐれも自分で対処しないようにしましょう。

襲われることがあるからで、証拠のビデオを持って警察に行けば動いてくれます。




サイト内検索
水道修理業者ランキング
水の救急隊
水道屋本舗
スイドウサービス
JBR生活グループ(水の生活救急車)
クラシアン
イースマイル
水道救急センター
水110番
水道1番館
水協
水漏れ修理業者関連コラム