水漏れトラブルで口コミ評判の高い水道修理業者比較!

ボイラーから水漏れしているときの対処方法と注意点

公開日:2020/06/15  最終更新日:2020/06/22

一般的に水道に関連した水漏れというと、配管や蛇口だけを思い浮かべる人は少なくありませんが、ガス機器なども対象となります。普段使っているボイラーから水漏れをしてしまったときには、どう対応したらいいのか、対応に関する注意点はあるのかを確認しておきましょう。

詳しく確認をしてから早急な対応を

万が一ボイラーから水が漏れている状態であったなら、どんな状態なのか詳しく確認してから修理依頼をすることが必要です。理由の一つに、どんな形で水が漏れているのか、どれくらい水が漏れているのかによって、原因や修理方法が大きく異なっています。

そのため、漏れている状態を見つけたら、詳しく状況を確認してから修理業者に依頼をすることが望ましいといわれているため、参考にしてください。

多くの場合、使用してから7年から10年程度経って水が漏れている場合や、ボイラー本体から水が漏れている場合は経年劣化の可能性が高いです。長年使用しているとパッキンだけではなく、さまざまなパーツが古くなってしまうため、水が漏れてしまうことが多くみられます。

パッキンを取り換えても治らない可能性があるため、機械本体を取り換えなければならない可能性があることを理解し、修理業者を呼んでください。

また、冬季に機械本体や配管から水が漏れている場合は、配管が凍ったことで破裂してしまい、引き起こされている可能性が高いといえます。この場合は配管を交換するか、機械本体の部品を交換することになるため、機械の修理業者を呼んでチェックしてもらいましょう。

取り替えたばかりなのに配管や本体から水が漏れている場合、取り換え業者による工事ミスが疑われるため、取り換え業者に連絡して詳しくチェックしてください。場合によっては無償で配管や本体を好感してもらえる可能性が高くなるため、すぐに連絡してきてもらうようにしてください。

いずれにせよ、修理業者を呼ぶときにはなるべく早く、機械の本体部分にある水道の元栓を止めてから依頼をするといいでしょう。

自分でできることをなるべくスピーディーに

ボイラーからの水漏れについては自分でできることがあるのではないかと、考えてしまう人は少なくありませんが、素人がいじるとかえって状況を悪化させる可能性が高いです。そのため、自分自身でできることはそれほど多くなく、水道の元栓を止めて状況を正確に修理業者に伝えてきてもらうのを待つだけです。

水道の元栓といっても、すべての水道が使えなくなってしまう可能性があるため、止める場所については慎重に判断することが必要となります。ボイラー本体の給水バルブを閉めると、たいていの場合は水が止まるようになっているため、ボイラー本体の給水バルブをチェックして止めてください。

どうしても止まらないときには水道メーターの近くにある水道の元栓を止めて、様子を見ることで止まるかどうか判断が必要です。水道の元栓を止めてしまうと家の中の水道が使えなくなるため、なるべく早く修理業者に来てもらうようにしましょう。

複数の業者に連絡し、なるべく早く来てもらえる業者に修理依頼をすることが、スピーディーに事態を回復させるためのポイントといわれています。

修理業者を選ぶときには慎重にチェックを

修理業者に依頼する場合、修理業者の情報を慎重にチェックしてから依頼をすることが満足できる修理につながります。

ボイラーに関して適切に対応してくれる業者かどうか、顧客のニーズに的確に答えてくれる企業かどうかを判断することは必要です。そのため、SNSや口コミサイトを活用し、情報をチェックして納得できる業者に連絡をすることが望ましいでしょう。

業者によって評判の良さや修理で得意としている分野は大幅に異なるため、事前にボイラー修理に関する評判を確認してから修理を依頼してください。また、業者によっては距離が遠いため、なかなか修理依頼しても来てもらえない可能性が高いといわれているため、自宅から近いところを選びましょう。

また、連絡して事前に概略の見積もりを伝えるかどうかは、企業によって異なりますが、機械の状態を見てから見積書を提出してくれる業者は信頼できます。見積書以外の料金はかからず、安心して修理依頼できることが少なくないため、多くの場合に信頼できる証拠だからです。

ただし、見積書を提出したからといって、あまりにも料金が安すぎる業者やあまりにも料金が高すぎる業者の場合は、依頼を見合わせたほうがいいでしょう。依頼するときに修理担当者が誠実であるかどうか、電話対応などによるお問い合わせの受け答えが納得できるものだったかなども合わせて確認し、依頼するか参考にしてください。

 

ボイラーから水漏れが発生している場合、本体から漏れているのか、配管から漏れているのか、漏れている量まで確認して修理依頼しましょう。一般的な原因としては経年劣化による故障から、冬季の寒さによって発生する配管の破裂、さらに業者の工事ミスなどがあげられます。

給水バルブをチェックして止め、それでも止まらない場合は水道メーターの近くにある元栓を止めてからすぐ修理業者に依頼してください。業者の信頼性や口コミでの評判を確認してから修理依頼をすることが、満足できる修理につながるため、参考にして依頼しましょう。

 
   
 

水漏れ修理業者一覧

第1位 水の救急隊
第2位 水道屋本舗
第3位 スイドウサービス
第4位 JBR生活グループ(水の生活救急車)
第5位 クラシアン
水道修理業者ランキング
第1位 水の救急隊
第2位 水道屋本舗
第5位 クラシアン
第8位 水110番
第9位 水道1番館
第10位 水協
エリア別おすすめ修理業者
水漏れ修理業者関連コラム
サイト内検索