水漏れは大丈夫か事前に確認する方法

公開日:2019/12/01  最終更新日:2020/02/03

水まわりのトラブルが発生することのないように、定期的に点検をすることが重要でありメーターチェックは基本です。蛇口だけではなく、トイレや給湯器も含めて、水を使っていないかを確認してから、メーターをチェックし、異常があれば、早めに専門業者に相談することをおすすめします。

メーターでチェックする方法に注目

定期的に水まわりを確認して、水漏れなどのトラブルが起こることのないように、事前に調べていると、安心して暮らせます。少し異変を感じたときに、すぐに専門業者に連絡をして、調べてもらうことにより、プロなら問題点を早期に見つけて、対処することができます。

事前の確認方法として、基本となるのがメーターのチェックであり、水を使っていないのに、メーターが動いているときは、水漏れが発生している恐れがあります。注意点として、メーターを確認する前に、水道の水をすべて止めてから、水が出ていない状態でチェックできるようにすることが求められます。

蛇口以外にもトイレの便器に水が出ていないかをきちんと確認する必要があり、トイレの使用直後は、しばらくは水が流れているため、そこでメーターを確認しても水道水漏れは正確に調べることはできません。家族がトイレを使っている場合もあり、水が流れている可能性もあるため、チェックしているときは、誰もトイレを使っていないことを確認しましょう。

また、給湯器や庭に池がある場合も、水道管がつながっており、水を送っている状態かもしれないため、それらの水道使用を確認したうえで、水漏れをメーターでチェックします。

急に被害が広がることもあることに注意

少しの水漏れなのでまだ大丈夫という考えは注意が必要で、被害がどんどん広がっていく恐れがあります。被害が広がっていくと、蛇口をひねっても水が出ない状態にまで発展することも考えられます。

また、湿気が溜まることで、家屋にカビなどの被害をもたらすこともあり、カビの掃除など費用がかかる恐れもあるので、早めに専門業者に相談することをおすすめします。

年末年始やお盆は特に事前のチェックが必要

年末年始やお盆の時期は専門業者も休みに入る場合が多いため、水まわりのトラブルが発生したときに困ってしまう方は多いです。安心感を持って、緊急時に備えていくことができるように、大型連休に入る前に、きちんと水まわりのチェックをおこない、早めに修理してもらうことをおすすめします。定期的に住まいの設備をチェックしながら、古いところは交換作業を進めたり、修理の依頼をすることも大事です。

定期的に点検を依頼できる専門業者がいると、スタッフといろんな話をすることができ、情報を集めていけますし、緊急時にすぐにスタッフの携帯電話に連絡をして、駆けつけてもらうことも可能です。比較サイトをチェックすることにより、業者の営業時間やサービス内容をチェックして、安心して依頼できるところを見つけられます。

トラブルが発生したときに、慌てて情報を集める方もいますが、対応が遅れてしまうため、もしものときのことを考えて、早めに情報を集めておくことをおすすめします。口コミ情報も集めていくことにより、評判がよく、実績がある業者に依頼をすることができるようになるため、安心感を持てます。

冬の寒さが厳しい時期になると、水道管の凍結で水まわりのトラブルが発生する可能性が高くなってしまうため、予約待ちになる場合もあります。緊急時にすぐに連絡をすることができると、早めに来てもらえるように対応できるため、比較サイトを活用して、連絡先をメモしておくことも重要です。サービスに関してわからないことがあれば、公式ホームページの問い合わせフォームからメールを送って、質問をすることもできます。

 

水漏れは、少しだけでも、徐々に被害が広がっていき、急に蛇口の水が出なくなる恐れもあるため、早めに異常を見つけて、専門業者に修理の依頼ができるようにすることをおすすめします。メーターをチェックするのが基本であり、定期的に家の周りをチェックしながら、異常がないかを点検することも重要になります。

自分で確認するのが難しいと感じる方は、専門業者に点検の依頼をすることで、年末年始など、連休となる時期も安心感を持って過ごせます。




サイト内検索
水漏れ修理業者関連コラム