水漏れ修理をしないと水道代が跳ね上がることも

水漏れ修理をしないと水道が使えなかったり、床などが水浸しになったりと色々な不具合が起きますが、実はそれだけではないです。

水漏れが続くと水道代が余計にかかり、長時間放置してしまうとその負担もかなりの金額になります。

逆に高くなったときには水漏れを疑う事も出来ます。

 

水漏れと水道代の関係や一般的な家庭の平均

水漏れ修理をしないと当然ですが、水道代も高くなります。水道代は自治体で価格が違い基本的に基本と従量と税金です。基本はメーターの口径毎に従量は使用量によって違います。

例えば東京都だとメーター口径が20mmだと基本が1,200円程度ですが40mmだと7,000円近くになり、全く水を使用してなくてもかかります。 従量は1~5㎥までの使用水量であれば0円で、6~10㎥の使用水量なら1㎥ごとに22円、11~20㎥の使用水量だと1㎥毎に128円かかります。累進的に高額になるので大量に水漏れをしているとその分金額も高いです。

基本料金などは変動することもあり、世帯によって水道代の平均も違います。一人暮らしの平均は月に1,500円ぐらいで使用水量は月に8㎥程度です。これ以上の請求をされるときは水が漏れている可能性があるので水漏れ修理をした方が良いです。

配管に亀裂が起きていて軽い水漏れや、パッキンから水が漏れているぐらいだと量も10㎥程で、平均的な一人暮らしだと月にかかる金額は税抜で2,334円になります。  微妙な時ならそれほど高くなりませんが、配管に穴が開いてしまっていたりして月に100㎥以上漏れていると一気に高額になります。累進的に高額になっていくのでこうなると20,000円にまで膨らみます。

知らない間に急に金額が高くなったときには、見えてない部分で水漏れが起きている可能性もあるので一度調べてもらった方が無難です。

 

下水道料金に関しても注意が必要

水が漏れているのに水漏れ修理をしないと水道代が余分にかかり負担もかかりますが、上水道だけでなく下水道も注意が必要です。例えばトレイの配管などに問題が起きて水漏れが起きていると下水道の金額が上がります。基本的に水道と違いはあまりなく、基本と超過で構成されていて一定水量までだと基本だけしかかかりません。

超過は水道代金と同じように累進的に高くなり、水漏れが多いとそれにあわせて金額が高くなります

どちらにしても水道や下水道の請求代が急に高くなったら水漏れが起きていると考えた方が良いです。 請求金額から気が付くことも出来ますが、水漏れは悪化する前に色々な方法で見つけることも出来ます。 壁に埋め込まれている配管だと漏れていることに気が付きにくいですが、この時は異音に注意てみるのがコツで、水が滴っているような音がした時は漏れている可能性があります。

他にも水量の計測もおすすめで、これで水漏れの量が具体的にわかります。まず止水栓を止めて配管から水を抜いて、水道から水を出して水量を計測します。計測値と水道メーターの値が違うときは漏れている可能性が高く、これは賃貸でも出来ます。

蛇口を閉めていてもよく水が止まらないこともありますが、これも少量でも積み重なることでかなりの水漏れになります。そのため、1回家の蛇口を全て確認してみてしっかり閉めて水が止まるかも調べます。 蛇口を閉めて水が少量でも漏れるときはパッキンがダメになっている可能性があるので、パッキンの効果をした方が良いです。

 

水漏れを放置して修理をしないと

水道の設備に水漏れが起きたときに、水道メーターより内側の箇所で問題が起きていると水道代金にも大きく影響が出て、放置すると時間が経つほど範囲が広くなったり悪化する恐れもあります。症状の状態と発生する箇所によって支払う水道代も違ってきますが、酷くなると外部へ漏れだす水量が多く通常よりも1.5倍から数倍の金額を請求されたりします。

壁の中など住宅設備の付近で水漏れが起きると、水道代金以外に住宅へダメージを与えてしまうので腐敗やカビなどの被害も起きて、その修理代などもかかってしまうので、普段から確認しておくことも大切です。基本的に目に見える箇所以外の埋まっている所は自己修理するのは難しく、怪しいと感じた時は早めに業者を呼んで修理を依頼した方が安心です。

水漏れの確認方法は水の使用を完全に停止してから、水道メーターが回っているかで判断出来るので、常に回り続けている状況だと高い確率で問題が起きていると考えられます。ただ、普段使っている蛇口付近に起きているときは、メーターを確認しなくてもある程度の判断が出来るので、台所やトイレ、浴室などの設備で破損してないかも確認するのが良いです。

発生している箇所は壁や床、天井などから漏れることもあるので、一度住宅全体を見てみて原因の箇所を探してみるのもおすすめです。 原則、水漏れで起きた高額な水道代は住居者や所有者が支払いますが、発見が難しい所で起きたときは、支払う料金は住んでいる地域や水漏れの原因や場所などによって減税される制度があります。条件を満たしていれば負担も最小限に抑えられます。

 

水道の蛇口から水漏れが起きていたり、あるいは気が付かない間に水漏れが起きていいても、面倒だからといって水漏れ修理をしないと、知らない間に水道料金が高くなってしまいます。無駄な費用を抑えるためにも少しでも変だなと感じたら早めに業者に相談した方が良いです。




サイト内検索
水漏れ修理業者関連コラム