水漏れトラブルで口コミ評判の高い水道修理業者比較!

トイレの手洗い管の水が止まらないときにチェックするべきこと

公開日:2020/06/01  最終更新日:2020/06/10

トイレタンクの上を見てみると、手を洗うために小さな蛇口が付いているものも目にすることがあるでしょう。この蛇口のことを手洗い管とよんでいますが、実はこの蛇口から出てくる水が止まらないトラブルは意外にも多いものです。その場合には、どのようなことをチェックすればよいのかを把握しておきましょう。

トイレの手洗い管の水の仕組みについて

トイレの手洗い管の水が止まらないときに確認することを考える前に、この水がどのような仕組みで流れ出ているのかを押さえておく必要もあるでしょう。

このタイプのトイレの場合には、便器の中に流す水と手を洗うための水がうまく使い回されているのです。便器の水を流すためにレバーを引いた場合には、タンクにたまった水が排水口から便器の中に流れていくことで、便器内に水が流れます。

タンクの中には浮き玉と呼ばれるボールがありますが、これが水位とともに下がるとボールタップが開き、給水管から手洗い管に新しい水が流れ込むといった仕組みです。手洗い管から出た水がそのままタンクの中にたまって、次に便器の中に流す際の水として使われるのです。

手洗い管から水が止まらない場合には、その原因の多くがタンクの内部にあると考えられています。そのためタンクの中の点検が必要となります。そのため水が止まらない場合には、タンクの内部をチェックしていく必要があります。

浮き玉と呼ばれるボールタップに原因がある場合

まず最初にタンク内の水位が、オーバーフロー管と呼ばれるものの先端よりも上に来ているかどうかをチェックしてみましょう。もしも上に来ているようであれば、ボールタップと呼ばれる浮き玉に原因があるとわかります。

ボールタップはタンクの中にある給水弁の役割を担っています。ここに不具合がある場合には、水を止めるなどの機能を果たすことができなくなり、その先の水が止まらない症状が起きることになります。

具体的なチェックポイントして、浮き玉に不具合がないかどうかを確認しましょう。タンクの中の水面に浮かんでいる浮き玉は、水位により浮き球がどの位置にくるのも変わります。浮き玉の位置により給水弁が開閉して給水を制御することになります。

浮き玉に何かがひっかかっていたり、部品が外れていたりした場合には、正しく機能することができません。浮き玉の不具合だとわかった場合には、それぞれの部品が動作するように調整する必要があります。

次に給水弁に不具合がないかどうかを確認しましょう。給水弁が正しく機能していなかった場合にも、給水を制御することができずに、水が止まらなくなってしまいます。具体的な原因としては、給水弁に水垢などの何かしらの異物が挟まっている場合や、パッキンの劣化などが考えられます。

これらの症状は素人ではどうすることもできず、プロの修理でなければなかなか解決することは難しいでしょう。プロに依頼し、ボールタップ自体を新しいものに交換する必要があります。

周辺部品に原因があることもあります

またタンク内の水位がオーバーフロー管の先端よりも下に来ている場合には、ゴムフロートや周辺の部品に原因があることも考えられるでしょう。ゴムフロートはタンクから便器へつながる排水弁の役割を担う部品のことですが、このゴムフロートは、上からたれさがっているチェーンに連動しています。

このチェーンは水洗レバーとつながっているアームに接続されています。通常であれば水洗レバーをひねった場合には、その先のタンクの中に伸びているアームにつながり、チェーンが引っ張られてゴムフロートが持ち上がります。ゴムフロートが持ち上がることによって、排水口が開くので、ここから便器内に水が流れることになるでしょう。

しかしこれらのどこかの部分に一つでも不具合がある場合には、便器への排水が止まらなくなってしまいます。これによりタンクへの給水も続くことになるので、手洗い管の水が止まらない状態を生み出します。

このような場合には、まず最初にチェーンに不具合がないかどうかを確認してみましょう。場合によってはチェーンがほかの部品にひっかかっている可能性もあります。通常の状態になっていなければ、不具合を元に戻すことで直るでしょう。

次にゴムフロートに異物が挟まっていないかどうかも確認します。ゴムフロートと排水口の間に異物が挟まっている可能性も考えられます。その多くがタンクに直接入れるタイプの洗浄剤などです。洗浄剤がゴムフロートの下に挟まっていたり、溶けきらずにゴムフロートにこびりついていたりすると、排水弁としての機能が妨げられることになります。異物をきれいに取り除くことによって、対処は可能となるでしょう。

さらにゴムフロートはゴム性であるため、長年の使用により劣化することになります。劣化すればもちろん排水弁としての機能を果たせなくなり、水が止まらなくなってしまうでしょう。明らかに劣化があるとわかる場合には、新しいものに交換する必要があります。

 

このようにトイレの手洗い管から水が止まらなくなる原因がわかり、どのようなことをチェックすればよいのかがわかりました。手洗い管から流れ出す水は、ボールタップと呼ばれる浮き玉やゴムフロートなどのさまざまな部品の不具合が原因でおこることがほとんどです。タンクの中を確認して状況に応じて対処方法を考えていく必要があるでしょう。

もしも自分で確認して対処したとしても直すことができなかったり、原因がわからないのであれば、最終手段としてプロに依頼することが求められます。

 
   
 

水漏れ修理業者一覧

第1位 水の救急隊
第2位 水道屋本舗
第3位 スイドウサービス
第4位 JBR生活グループ(水の生活救急車)
第5位 クラシアン
水道修理業者ランキング
第1位 水の救急隊
第2位 水道屋本舗
第5位 クラシアン
第8位 水110番
第9位 水道1番館
第10位 水協
エリア別おすすめ修理業者
水漏れ修理業者関連コラム
サイト内検索