トイレの水漏れで悪臭が発生したときの対処法

公開日:2020/01/01  最終更新日:2020/02/03

つまりなどが原因で水が溢れてくる場合など、トイレトラブルは、いつどのようなときに起こるか予測つきません。悪臭がするパターンなども存在します。その原因を知ることや対処方法をチェックしてみることで、被害を最小限に食い止めることに繋がるので、衛生面なども考慮して適切な対処をしてみましょう。

悪臭が発生する原因をチェックしよう

トイレで、水漏れが生じた場合には必ずしも悪臭がするわけではありません。タンクから水が溢れてしまう、給水管の部分の接続部から水がポタポタと落ちているなどの場合には、特に臭いが気になるということはないでしょう。ですが、便器と床の隙間や床下などから水漏れが生じた場合には、悪臭がする可能性が高い傾向にあります。

原因をしっかりと把握しておこう

便器と床の隙間から水漏れが生じている場合には、フランジパテの破損などが原因になっている可能性があります。もしくは、フランジパテの設置不良なども原因の一つです。便器と排水管の間にフランジパテが取りつけられているため、これがしっかりと取りつけられていれば、便器内の水を流しても、スムーズに排水管を通過することになります。

しかし、このフランジパテが破損している、何らかの原因でズレてしまっている、またはゴム部分の劣化や損傷により、便器と床の隙間から水が漏れてしまい、このとき悪臭なども同時にただよってしまう可能性があります。

フランジパテが破損状態にある、設置不良などの問題が生じると、排水路である部分に溜まっている臭い、下水の臭いなどが漏れてくるようになるため、悪臭がトイレ内に充満してしまいます。

対処をするという場合には、フランジパテの交換をすることが大切です。放置してしまうと、水が、床材などにしみこんでしまい、カビの発生や腐食の原因になります。衛生面からみてもいい影響を与えることはないため、できるだけ早く対処をするほうがいいでしょう。

床下から水漏れが生じているという場合には、排水管の破損が主な原因とみていいでしょう。床下にある排水管は、便や汚水が流れる部分です。そのため、トイレを流す際に、排水管の破損部分から便や汚水が漏れてしまうことになるため、その悪臭が周囲に充満することになります。

水漏れが生じた場合には、まず水道の元栓を閉めるなどの対処をすることが大切です。それ以上被害が広がらないように食い止めるようにしましょう。

また、専門業者に修理の依頼をします。業者を選ぶ際には、ネットなどから情報収集をしてみる、知り合いなどからの紹介なども有効です。ネット上で評判のいい業者を選んでみる、人からの紹介などはある程度信頼がおける点からも、適当に業者を選ばずにできるだけ優良な業者を選ぶことが大切です。

また、床下の排水管から水が漏れてしまっている場合には、床材を剥がし排水管の交換などが必要になる場合があります。この場合には、専門業者として水道業者だけでなく、リフォーム業者やクリーニング業者などにも依頼する必要がでてきます。

しかし、自分ですべての業者に連絡を入れなくても、まずは、最初の段階で水道業者に連絡を入れておけば、原因調査や修理の際にリフォーム業者やクリーニング業者と連携を取ってくれる可能性もあるため、水道業者に依頼した際に、他の業者にも連絡を入れたほうがいいのか確認してみましょう。

業者がくるまでにしておくことは

水漏れで悪臭がしている場合には、専門業者に依頼してくるまでに一時的な処置も大切です。水道の元栓を閉めるだけでなく、水が漏れている部分をきれいに拭き取っておくことも重要です。ただし、拭き取る際には、除菌スプレーなどでその周囲も除菌しておくことが大切です。悪臭をそれ以上広げないように、丁寧に水を拭き取り、除菌をしておきましょう。

その他にも、湿気がこもらないような対策として、トイレの換気扇を回しておく、トイレに窓が付いているという場合には、一時的に開けておくなどの対策も有効です。

 

トイレで水漏れが生じた場合には、原因をチェックすることが重要です。悪臭がするかしないかでも、原因の絞り込みができる点から臭いなどもきちんとチェックしておくといいでしょう。

また、自分でできる範囲での応急処置をしておくこと、すみやかに専門業者に依頼をするようにしましょう。ただし、業者を選ぶ場合には、ある程度の情報を集めるなどできるだけ優良な業者を選ぶということも大切です。

悪臭がしている場合には、フランジパテが破損しているなどの原因や床下の排水管の破損などが主な原因となるでしょう。そのため、水道業者以外にも他の業者なども関わってくる可能性はあります。自分でそれぞれの業者に連絡を入れる必要があるのか、水道業者に依頼した際に業者同士で連携してくれるか確認をとってみることも大切です。




サイト内検索
水漏れ修理業者関連コラム