水漏れ修理でよくある蛇口の水漏れの原因

公開日:2019/01/01  最終更新日:2018/12/26

水漏れでよくあるのが蛇口付近です。

蛇口は水を出すための装置で可動するため、時間が経ってくると水漏れが起こります。

これはどのような蛇口でも同様で、いずれは交換することになりますが、原因が簡単なものであれば水漏れ修理をすることで状況を改善することができます。

 

蛇口が水漏れを起こしてしまう原因

水漏れ修理を行うさいには、まずはその原因を特定することが大事です。

専門の業者に依頼すればすべてを任せることができますが、状況を説明するためにも自分で調べておいた方が良いですし、その修理が適切に行われたのかを判断することができます。

水が漏れる原因として考えられるのは、可動部分のパッキンが劣化している場合と部品が割れてしまっている場合があります。

上水道は水圧が掛かっており蛇口はその末端を開閉する装置ですが、開閉をしても余分な場所に水が漏れないようにゴム製のパッキンで密封されています。

蛇口は鋳造された金属で作られているので、簡単に割れるようなものではありません。

しかし金属だけでは完全に水が外に漏れることを防ぐのが難しいため、ゴム製のパッキンを使って密封しています。

水が漏れる理由で多いのはパッキンが劣化することです。

パッキンはゴム製ですので時間が経過すれば硬くなって、次第に強く締めても水が漏れ出てくることになります。

一方、金属で出来た本体は簡単には壊れることはありませんが、それも壊れないわけではありません。

なにか硬いものをぶつけ、凍結によって内部が膨張して強度を低下させることでひび割れることがあります。

またシングルレバーやサーモスタットなどは樹脂パーツを使っていることもあって、そのような部品も劣化や破損が起こる可能性もあり、それこそ水が漏れる理由になります。

わずかに水が漏れ出ている間は、初期症状でパーツ交換の修理をすることもできます。

 

漏れている箇所からみる蛇口の水漏れ原因

ハンドルやレバー、接合部などから水が漏れ出ている場合に考えられる理由は、ナットやボルトなどの緩みとパッキンやコマ、バルブなど内部パーツの劣化や摩耗です。

ナットやボルトが緩むことは考えられませんが、最初の締め付けが弱かったケースが考えられます。

またパッキンが劣化することで柔軟性が失われて、それまでしっかりと締まっていたはずが、緩みが生じることになって水が漏れ出てきます。

これらは水漏れ修理でもよくあるもので簡単に修理することが可能です。

また水を止めても、しばらくの間、吐水口から水が漏れ出てくるケースはフィルターやカートリッジが汚れている可能性があります。

吐水口の先端部分には、水を出した時に周囲に飛び散らないように工夫されていますが、時間が経過していくと次第にカルキなどが付着するようになり、水が出にくくなったり水が残りやすくなるものです。

水圧が掛かっているときは問題ありませんが、水を止めると残った水があとから少しずつ漏れ出てきます。

この場合にはフィルターなどを掃除することで改善することができますが、取り外しが難しいケースもあります。

このほか配管やパイプの根本などから出ている場合にもナットやパッキン、フィルターなどの汚れなどが考えられます。

ナットを締め直してパッキンを交換するといったことによって改善することができるものです。

稀なケースとしては排水管内にゴミが詰まっているというものもあります。

 

水漏れを止める方法と水漏れ修理の流れ

わずかに水が漏れている場合には、それほど問題になりませんが、大量に漏れ出ている場合には余計な水道料金を支払うことになります。

このような時には配管に設置されているバルブを使って水を止めることが大切です。

水を止める方法としては、蛇口付近のバルブか、元栓の2種類があります。

流し台や洗面台の場合には、下部の配管部分に止水栓が付けられています。

この止水栓は一般的な手で回せるタイプではなくマイナスドライバーを使って閉じるタイプです。

これは施工するさいに、いちいち水道を止めなくても作業できるようにしてあるもので、たいていの場合には設置されています。

しかし、そのようなバルブがない場合には元栓になりますが、元栓は屋外の水道メーターの部分にあります。

元栓を閉じると家全体の給水が停止することになります。

一般的なバルブタイプのものであればパッキン交換は簡単に行うことができ、その部分だけを取り外して交換することが可能です。

パッキンはホームセンターなどで市販されているので購入することが可能ですが、サイズがあるので事前に確認する必要があります。

一方でサーモスタットなどやや特殊な場合には簡単に部品が手に入らない場合があるので注意が必要です。

特に古いものになると部品が販売されておらず修理ではなく交換ということになります。

なお、水漏れ修理に必要な工具はモンキーレンチやドライバーなどでそのような工具がない場合には業者に依頼した方が確実に修理を行ってくれますし、修理用の部品も探す手間もありません。




サイト内検索
水漏れ修理業者関連コラム