修理業者を選ぶときのポイント

お住まいには台所やトイレにバスルームなど随所に水回り設備が設置されています。

どの設備も快適な日常生活を送るうえで必要不可欠なものばかりです。

ただし毎日大量の水を使用するだけに、トラブルに遭遇する可能性が高くなるのは確かです。

一度水漏れが発生すると放置しておけば被害は拡大するばかりなので早急な対策が必要です。

水漏れ修理の修理業者を選ぶときのポイントはどこに注意するべきでしょうか。

 

まずは水漏れ状態の確認をしてみよう

トイレが詰まって水が逆流したり、シンクの水が流れなかったり、水漏れトラブルはこのように目に見える形で発覚するとは限りません。

特に大量に水を使用した覚えがないのに不自然に水道料金が高くなっているなどの形で、水漏れの嫌疑が浮上する場合もあります。

そこでまず確認して欲しいのが水道メーターになります。

慢性的に水漏れしていたり、壁面内部の水道管内部で水漏れが発生している場合には水道メーターの動向を観察するほか確認のしようがないからです。

水漏れチェックをするときには、お住まいにある水道の蛇口をすべて閉める必要があります。

駐車場や庭への散水のための蛇口も忘れがちですが、しっかり閉めるようにしてください。

蛇口をすべて閉めたら、水道メーターの蓋を開けて中を観察します。

数字を表示している部分の下部には「パイロット」と言う部品が設置しているので動くか否かをしばらく観察してみましょう。

蛇口を閉めた状態で動いていると言うことはどこかに漏水する原因が存在していることを示しています。

水漏れの存在が示唆されたら、次は発生箇所の特定に映りましょう。

蛇口や水道管の継ぎ目などは肉眼でも確認できる部分です。

しかし肉眼で確認できないと厄介です。

このような時は別の兆候らしきものに敏感になることが大切です。

壁面にしみができている、屋内にいると水が流れるような音がするなども見逃せないサインです。

水漏れの特定はできなくても気づいたことは修理の際に専門家に伝えるのが大切です。

 

その修理業者は本当に信頼できますか

蛇口などのパッキンの劣化程度ならDIYで修理できる余地はありますが、水漏れ修理は多くの場合一般人の方には手に余る作業です。

水道料金が高額になるだけでなく、集合住宅などでは階下に深刻な被害が拡大するリスクもあるので比較的、速やかに修理を行う必要があります。

そこで大事なのは水漏れ修理業者の選ぶポイントになります。

水漏れ修理業者を選ぶときに注意するべきなのは、悪徳業者に引っかからないことです。

なかには水道法で認められていない違法修理を提供する業者も存在しています。

違法な工事が行われると、正常に水道を利用できなくなったり、時には依頼していない作業を勝手に追加してしまうこともありえます。

そこで水漏れ修理業者を選ぶときには技術力が確かなだけでなく、信用に足りるか否かもポイントになります。

普段はあまりつかう機会のないサービスなので、どうしても費用面に目が向きがちです。

しかるに値段の安さだけに惹かれる余り安易に業者を選んでしまうと必要な修理が行われない可能性があります。

信頼出来る業者を選択するには2つのアプローチがあります。

一つは全国的に知名度の高い業者を選ぶことです。

全国規模で展開しているので施行実績も豊富で、知名度も高いことから手抜き作業を行うことはブランドイメージを毀損することになるので、確かな施行を期待できるからです。

他方で地元密着で長期間営業を展開している業者を選択するというのもアリです。

手抜き作業をすれば悪い噂はあっという間に広がるので、丁寧な施行をしてくれます。

 

事前の見積もりは必須、迅速対応と丁寧な説明に応じてくれるか

だいたいの水漏れ修理業者の候補先が決まったら、必ず必要なのは見積もりを出してもらうことです。

通常は見積もり無料で対応しているので、電話やメールフォームなどでの問い合わせからでもお願いできるはずです。

ただし見積もりには正確性が大事になります。

電話やメールでのやり取りだけで正確な見積もりを出してもらうのは困難な場合が多いです。

実際に修理を行ってみると大きな乖離がでてしまって、結果的に過大な請求になることもありえます。

それが正当な請求額であっても、不信感を僅かでも抱くのは心地よいものではありません。

そこで実際に作業に着手する前に正確な見積もりを出してもらって納得してから作業に入ってもらうことが重要です。

信頼出来る業者であれば、修理に必要な作業や必要な部品や修理に必要な時間、明確な金額などもきちんと説明してくれるはずです。

たとえ追加で修理箇所が発見されても、その都度依頼者の了承を得てから作業に入ってくれるので不信感を抱くこともないでしょう。

そして水漏れ修理は時に緊急性の高い場合もあるので迅速な対応をしてくれるのかもポイントです。

もちろん業者の所在との関係もありますが、連絡後一時間程度でかけつけることも確認しておくべきです。

電話で依頼をする時にはどれほどの時間でかけつけるのかも確認しておくべきです。

当然のことですが疑問点や不安事項は気軽に質問できて、丁寧な説明に応じてくれることも大切です。

依頼者の説明に堪えられない業者は技術力にも疑問符がつきますし、作業内容を明らかにしたくない事情を抱えているとも考えられるからです。




サイト内検索
水漏れ修理業者関連コラム