水漏れ修理にあたって必要な費用の目安

公開日:2019/09/01  最終更新日:2019/08/27

水道を利用していて、発生するトラブルとして代表的なのが水漏れです。水道は水圧を加えることにより運び込まれるので常に内側から圧力が加わっているため、隙間がちょっとでも開いていると水漏れが発生してしまいます。

水漏れをそのままにしておく無駄な水道料金が生じたり、悪化することもあるので水漏れ修理は早急に済ませることが重要です。

水漏れが起こる原因と水漏れ修理の方法

水漏れが起こる原因は隙間が発生することですが、その隙間が拡大すると水が噴出して周囲が水浸しになってしまいます。隙間が発生する原因は、動かすことが出来る蛇口などの部分のシールテープが経年劣化を起こして役割を果たさなくなったり蛇口や配管自体が壊れてしまったりすることです。

中でも水漏れの多くは、蛇口の動かせる部分や配管の接続部分で発生します。これはゴムで出来たパッキンが経年劣化により硬くなってしまうことが原因です。ゴムは、いつかは劣化しますが、特に利用する環境が良くないところで生じやすいと言えます。

ただしパッキンが劣化することは結構起こるトラブルなので、比較的交換がしやすいです。工具が揃っていれば、ホームセンターなどで新しいパッキンを買ってくると交換することが出来ます。

その一方で、配管や蛇口が壊れてしまったときに水漏れ修理をするのは困難で、ほとんどのケースで交換することが必要です。蛇口を交換するのはホームセンターで購入することが出来るので、あまり難しくないですがパイプの途中が破損するトラブルに関してはプロに水漏れ修理をしてもらう方が無難であると言えます。

水道のパイプは地価や床下に埋め込まれているので修理を行うときには、その部分を探して交換しなければならないからです。そして原因が分からないときには、もう1度パイプを配管し直すことが必要になる場合もあります。どちらにしても目に見えない水漏れ修理は、水道工事会社に依頼する方が安心です。

水漏れ修理の相場はいくらなのか

水漏れ修理で必要になる工賃は状態により違ってきますが、よく起こりやすいゴムで出来たパッキンが劣化するトラブルでの場合はパッキンを取り換えるだけで簡単に修理することが可能なので工賃自体の相場は、およそ3,000円から5,000円ぐらいです。

また水漏れ修理の費用が高いトラブルが起こるきっかけとなるのが出張費で、水道工事会社は近くにあれば無料で対応してくれる場合もあるのですが、遠くから来てもらうと8,000円から1万円ぐらいかかってしまう場合があります。 簡単な内容の水漏れ修理であっても、遠くにある水道工事会社であれば10,000円以上かかることを前もって認識しておくことが必要です。

そして簡単な部品の交換だけで修理出来ない場合は、相場が高くなります。例えば、お風呂やトイレなどでパイプが壊れてしまっているときにはパイプを取り換えなければならないので場合によっては1万円から3万円以上かかることもあるのです。

実際には原因を特定しなければ金額の相場も定まりませんが、お風呂やトイレの水道設備を考慮すると5万円ぐらい費用がかかるでしょう。状況によっては、地面を掘り起こしたりパイプの配管し直す必要があります。地面を掘り起こして壊れている場所だけ修理するときには1日で完了する作業ならば、5万円ぐらいが相場です。

パイプを交換する配管工事にかかる費用

配管工事の工賃が、いくらぐらいになるのかが不安に感じる方は少なくありません。パイプの配管工事は様々な水漏れ修理の費用の中でも高額なものですが、パイプの配管作業は水道工事会社では行うことが出来ず配管工事専門の施工会社が代行する場合もあります。

ただ単純に穴を埋めるぐらいの工事ならば相場は、およそ6,000円から8,000円です。工事も1日で済むことが多く、経済的な負担が抑えられるところがメリットになります。

ところがパイプに穴が発生するようなケースはパイプ自体が劣化している場合が少なくありません。1回穴埋めをしても一定の時間が経過すると他の部分に、また穴が空くことは多いです。このような事態を避けるために、パイプを全部交換するのが良い方法になります。

パイプの交換を行うときには、1メートル単位で単価が設定されているのが一般的です。相場としては1メートルあたり、およそ5,000円から1万円で依頼することが出来ます。あくまでもこれは基本料金で掘削する作業の場所や設置するパイプの長さ、モルタルの量などに応じて大幅に費用が変動するため注意が必要です。

更にパイプを交換するときには、給水管を外さないと水道工事が行えない場合もあります。このときには、給水管を外す作業の費用も発生することを考慮しておくことが必要です。その上に壁や床などが水漏れによって腐食しているときには、壁や床を修理する費用が加算される場合があります。

 

水漏れ工事をするのにかかる費用は部品を交換するだけなのか、パイプを交換する必要があるのかによって大幅に違ってきます。部品を自分で交換する場合は非常に安く済みますが、パイプを交換する場合はかなり高額な費用が必要です。




サイト内検索
水漏れ修理業者関連コラム