水漏れ修理でよくある排水管の水漏れの原因

公開日:2019/01/01  最終更新日:2018/12/26

水回りのトラブルで頻繁に起きるのは水漏れです。

本来であれば蛇口をひねって排水されて下水管までにいたる経路は密閉構造になっているはずです。

にもかかわらず漏水が発生してしまうのは、そのプロセスのどこかに不具合が発生しているからです。

水漏れ修理の場面で、最も頻繁に経験されるのは何らかの原因で詰まってしまい水が漏れる事象ですが、経年劣化などが原因の場合もあります。

 

水漏れの原因は部位別に異なってくる

水回りの周辺には排水管が設置されているので、その設備の特性に応じて詰まりのもとも異なってきます。

キッチンなどのシンクでは料理に使用した油脂分や食材のカスなどが詰まりをおこすことがよくあります。

調理のプロセスでできた食材のクズや野菜の皮などはゴミ箱などに処分しているはずなのに、詰まってしまうというのは理解しづらい部分があります。

しかし微細なごみが積もり積もって流水を妨げているというのは案外よく発生する現象です。

料理に使用した大量の揚げ物油などは市販の固形化剤などを駆使して燃えるごみとして処分しているご家庭も多くいらっしゃいますが、炒め物などではそれほど気兼ねなく、普通に洗剤で洗っているのが一般的です。

しかし一度排水管に流れ込んでしまうと、冷えることで固形化して内部に固着することになります。

当初は僅かのものですが、長年の調理の課程で排出される油脂が蓄積し、その周りに洗剤カスなどが付着することで内部で閉塞をきたすほどの深刻な詰まりを発生させることがるのです。

またバスルームでは洗髪時の髪の毛が詰まってしまい水漏れの原因となっていることがよく見受けられます。

そのため排水口のこまめな掃除が推奨されていますが、忘れられてしまうことも珍しくありません。

 

長期間の使用による経年劣化や接続緩みも

詰まりがよく発生する水回り設備には、トイレも指摘できます。

狭いパイプの中を高速で水が流れていくので思った以上に詰まりが発生してしまいます。

ティッシュペーパーなどの水溶性に乏しい素材を流したときだけでなく、トイレットペーパーといえども大量に流すと閉塞してしまうことで水漏れの原因となっていることがありえるわけです。

ところで水漏れ修理が必須になる排水管つまりは、異物などの原因が明白な場合だけではありません。

特に異物などに心当たりがないのに、詰まりによる水漏れが発生した状況で考えられるのは経年劣化です。

水が流れるだけで腐食性の液体などが流れることもありませんが、寿命があることも確かです。

一般的には10~15年程度が寿命とされています。

これはあくまで目安なので数十年以上にわたって特に不都合なく使用できることもありますが、ダメージの蓄積が一定以上に達すればやがて破損にまでいたり水漏れなどが発生するわけです。

仮にそれほど期間が経過していない場合に注意するべきなのは地震などの外的要因による過重な負荷です。

地震が発生した場合、大きな震度であれば影響が軽視できないのは当然ですが、たとえ体感震度が小さいときであっても目に見えない部分でダメージが蓄積されている場合もあります。

また排水管詰まりは一戸建て住宅よりはマンションなどの集合住宅の方が頻度は高いとされています。

集合住宅では勾配や落差が小さいという構造上の難点を抱えているので詰まりが発生しやすいわけです。

 

排水管トラブルはどのように対処するべき

排水管詰まりなどのトラブルで水漏れが発生した場合、水漏れ修理が必要になる場合がおおいですが、その前に解決策はないものでしょうか。

比較的手間が少なく効果的なアプローチが可能な対策をご紹介します。

まずシンク下や洗面所下の排水パイプの外的状況を確認してください。

老朽化や地震などの振動の影響で接続部分が緩んでいる場合は、接続部から水滴が落ちていることがよくあります。

単純にナットが緩んでいるだけであればレンチで締めれば水漏れが止まる場合もあります。

接続部の緩みなどがなく、床から水が染み出ているなどの深刻なトラブルがなければ、排水パイプの内部に異物が詰まっている可能性が高くなります。

とりわけ排水口から逆流などの兆候も併せて観察されれば、キッチンであれば油脂が固形化したもの・バスルームでは髪の毛などが詰まりの原因になっている場合が多いです。

市販の排水パイプの詰まり洗浄剤などを試してみるのも一案です。

ただし一時に大量の洗浄剤を投入すると洗剤カスなどが新たな詰まりの原因となってしまうので、少量ずつ時間をかけて何回か繰り返すスタンスが大切です。

配管も洗浄したし緩みなども解消したにもかかわらず水漏れが止まらない場合は、消耗部品などが破損している可能性が高くなります。

しかしこのレベルになると水道機器の分解や組み立て・止水栓の操作など専門的知識が必要になってくるので無理をするのは禁物です。

水漏れを発見したら、速やかに水漏れ修理業者に依頼するのが安全で被害拡大防止のうえでも重要です。

 




サイト内検索
水漏れ修理業者関連コラム