DIYで水漏れ修理をするときに使うもの

公開日:2019/08/01  最終更新日:2019/07/10

水回りでは劣化によって必ず起きるトラブルがあり、水漏れは代表的な事例です。

修理を専門にしている会社も沢山あり、夜間でも早朝でも依頼することができますが、症状によってはDIYでも水漏れ修理は可能です。

セルフ修理の際には道具の知識や技術などを合わせて把握しておくことでスムーズな作業を行えます。

 

水漏れ修理が必要になるような箇所とDIYで対応できる範囲

家庭内で起きてしまう水漏れの症状で、おきやすい箇所の事例はあります。

まずは、蛇口が該当していてバスルームや洗面台、キッチンなどが該当します。一戸建て住宅の場合は屋外の立ち水栓の蛇口も相当しています。蛇口の場合でもいくつかの箇所があり、パイプ先端から水漏れが起きている場合、蛇口ハンドルの根本から漏れている場合、自在パイプの付け根から漏れている場合、壁面や台座との間から漏れている場合に分けられます。

DIYで対応できる範囲は、このような蛇口に関連している場所がメインになりますが、トイレを事例にすると水栓タンクと給水管の接合部分、水栓タンク内での水漏れ現象、便器内に流れ出てしまう現象、温水機能付き洗浄便座の場合でも、接合されている給水管との境界で漏れてしまうことがあります。キッチンではシンク台下の給水管から水漏れが起きたり、洗面台でも同様の現象はあります。

この範囲であれば症状により違いはあるものの、決してDIYで水漏れ修理をすることは不可能とは言い切れない内容なので、手の器用な方であれば比較的簡単に修理することができ、そうではない方でも、インターネット上のサイトやホームセンターで配布しているマニュアルなどをチェックしてみると、対応することは可能です。

意外と簡単に修理できる場合が多い傾向にあるので、一度でもチャレンジしてみると、経験値を高めることができると共に、今後の対策を十分に行うことができるようになります。

 

蛇口周り関連の水漏れ修理で欠かせない道具とは?

水漏れで最も多い現象は、蛇口周りから漏れてしまうという現象です。最初に漏れている箇所を特定することは欠かせないので、濡れている蛇口の場合は、雑巾を使って水滴を拭いてからセルフチェックを行うことが必要です。

蛇口を閉めていても漏れる状態と、蛇口を回した際に漏れる現象があるので、どちらかを把握することも欠かせません。漏れている箇所を特定できた場合は、マニュアルなどを調べてみて、該当する箇所のゴムパッキンを交換するという方法で、大体の水漏れは直すことができます。

普通の蛇口では上から三角パッキン、コマパッキン、U字パッキンの順番になるので、必要な道具はプラスドライバーです。蛇口の頭にはカバーが付けられていることが多く、このカバーはマイナスドライバーを用いると簡単に取り外しできます。

カバーの下にはプラスネジが取り付けられているので、ドライバーで外すと直ぐに分解できます。この上で該当するゴムパッキンを新品に交換するだけなので、後は元通りに組み立てをすることでDIYでも水漏れ修理を済ませられます。

ハンドルタイプの混合栓も同様の内容になり、基本はドライバーセットさえあれば対応可能なので、特別な道具で、使い方が分からないような工具なども一切必要としていません。ただし、作業を行う際には、事前に止水栓を閉めてから修理することが必要になるので、忘れずに一連の作業を行うことにより、短時間での修理で済ませられる可能性は十分にあります。

 

給水管付近の水漏れで欠かせない道具とは?

水漏れ修理をDIYで行う際に、最も苦労してしまう内容には給水管との接合部分が関わる作業です。

例えばバスルームに取り付けられている混合栓の中には壁面から接続しているタイプも多いものです。キッチンや洗面台の場合は、台座の下の部分が該当していて、トイレの場合は床面から上に伸びている給水管と水栓タンクの間、温水機能付き洗浄便座は給水管から接合されている部分が該当します。

このタイプの水漏れでは、蛇口を全て外す作業が求められるので、ウォーターポンププライヤーという比較的大きめサイズの工具と六角ナットを外すためのレンチが欠かせません。ウォーターポンププライヤーを使って大きなナットを外す際には、蛇口や給水管に傷を付けてしまうことが無いように、薄めのタオルなどを間に挟む必要が出てくる場合もあります。

普通のレンチはそのまま使用できるので問題はありません。蛇口やナット類を外す際には、反時計回りに回すことが基本なので、逆方向に回してしまうと破損させてしまう恐れがあるので注意が必要です。

蛇口と給水管の接合部分には白色のシールテープが巻かれています。このシールテープを全て剥がして、ネジ山を全て綺麗に洗浄します。その際には歯ブラシなどがあると便利です。洗浄後には再びシールテープを新しく巻き直す必要があるので、ホームセンターで購入しておく必要もあります。工具さえあればシールテープは300円以下で購入可能なので、大きなお金が掛かってしまうこともありません。

 

突然起きてしまう水漏れ現象をセルフで点検を行ってから、DIYで水漏れ修理を行うことも可能です。

プラスドライバーとマイナスドライバー、ウォーターポンププライヤーと六角レンチ、シールテープが代表的な道具類です。これらを用意しておくと意外と簡単に修理でき、手順が分からないという場合は、マニュアル的な冊子をホームセンターで入手したり、ネットから調べることで解決可能です。




サイト内検索
水漏れ修理業者関連コラム