水漏れの加害者になってしまった場合のお詫びの方法

予期せぬ時に起こるのが水漏れの怖いところです。

とはいえ、起きてしまったら修理・対応しなければいけませんし、生活にも大きな支障が出てしまいます。

そしてもしも自分が知らない内に自宅で水漏れが起きており、他の住居や部屋に影響を及ぼしてしまった場合はどうでしょうか。

やるべきことや対処、お詫びの方法についてご紹介しましょう。

 

自分が水漏れ加害者だと気付いたら即やるべき対応

水漏れなどは電話や直接の訪問などによって急に知らされることがほとんどです。

マンション・アパートなどの集合住宅であれば階下や隣の部屋から、一戸建てではあまり起こりませんが、隣の家から「水漏れしている」と連絡がくるでしょう。

もちろん自宅に違和感や変化がなければ水漏れに気付くことはできませんし「本当に家から水漏れしているの?」と疑いたくなってしまう気持ちもわかります。

しかしここはすぐに修理対応を始めましょう。

賃貸であれば管理会社や、24時間対応サービスに加入しているならそれらに連絡します。

こうしたサービスに連絡するだけではなく、オーナーにも連絡しておいた方が安心です。

やはり、当事者だけで対処にあたっているとトラブルが発生する原因にもなりかねません。

持ち家であれば、相手もしくは自分が修理業者を呼びましょう。

ただし、このような緊急時に業者を探すのは簡単ではありませんから、普段からどの修理業者を呼ぶか決めておくとスムーズかもしれません。

相手と直接会話する機会があればまずは「この度はご迷惑をおかけして申し訳ありません」とお詫びをするのが筋です。

例え自分が関係なかったとしても、まずはこの場を収めるためにも、また相手の感情を穏やかにするためにもお詫びするのが得策です。

 

水漏れ箇所が判明してから修理を終えるまで

業者によって水漏れ箇所が判明したら、当該箇所の修理をスムーズに進めましょう。

もしも相手の自宅に大きな損害が及んでいる場合にはそのための対応策を考える必要もあります。

ここでポイントとなるのが“自分の過失による水漏れかどうか”という点です。

例えば窓を開けっ放しにしたことによる雨水の吹き込みや風呂・洗面所などを誤って使ったことによるつまりなどで水漏れが発生していた場合、基本的には修理費用の全額を自分で負担することになります。

賃貸物件であっても同様の判断になることがあるため、水漏れの原因は明確にしましょう。

また、自分の過失による水漏れですから、修理が終わるまでは被害者である相手にしっかりとお詫びをし、誠意のある態度を見せるべきです。

スケジュールに都合をつけてできるだけ早く修理作業に取り掛かれるよう工夫するなど「修理に協力する姿勢」をしっかりみせるのがベストです。

もしも共有部分の配管が壊れたことや、賃貸物件の劣化による水漏れだった場合には修理費用を支払う可能性は極めて低いでしょう。

とはいえ、相手に修理代金を全額請求するようなことはせず、物件のオーナーや修理業者の意見を聞きながら慎重に負担額を決める必要があります。

どちらにせよ、自分が加入している家財保険や火災保険などの適用対象かどうかも早めにチェックするのがおすすめです。

相手の住居に著しい損害が発生していた場合は、相手の住居の保証や家財道具を弁償しなければいけない可能性もあります。

自分で支払ってからでは保険が適用されないといった場合もありますので、保険の約款を読み、わからない点はコールセンターなどに相談しておきましょう。

 

水漏れ修理が終わってからの対応も重要

自分に責任があってもなくても、水漏れ修理が終わった後もしっかりとお詫びをすることを忘れてはいけません。

人によっては水漏れによって被害を受けたことを腹立たしく感じていたり、こちらの態度に納得せずに恨みを残している可能性もあります。

さらに、自分の過失やミスによって生じた水漏れならなおさらです。

2000~4000円前後のお詫びの品を持って相手の自宅を直接訪れて謝罪するのがベターです。

もしも相手との折り合いがつかないような場合や、単身者同士で好みがわからないような場合には、クオカードやギフト券などに謝罪の手紙を添えてポストに入れておきましょう。

自分の過失やミスでなければお詫びの品は必要ないのですが、相手と良好な関係を築きたいのであれば500円~1000円程度のプチギフトを持っていくのが良いといえます。

ギフトカードのような商品券ではなく小さなお菓子や洗剤などの消耗品でも良いかもしれません。

なんにしても誠意をみせることが、相手にとっては大きな意味を持つことになります。

水漏れの加害者になってしまった以上、相手の感情に寄り添って逆なでることなくことを収める必要があるのです。

 

賃貸でも持ち家でも、家というのは安心してくつろげる場所であることに変わりありません。

だからこそ、水漏れのようなトラブルが発生して、近隣との関係が悪くなることは避けたいものです。

例え近所付き合いがなかったとしても、近くに住む相手から良くない感情を向けられるというのは辛いものでしょう。

自分に責任があるかどうかで対応は大きく変わりますが、水漏れ修理を迅速に進めることや相手の気持ちに沿った一言でお詫びをしたほうが良いという点は変わりありません。

水漏れ被害者の気持ちとしては「普通に暮らしていたら急に水漏れが起きて大迷惑だった」という感情ですから、冷静になるのが難しいこともあるでしょう。

だからこそ、加害者になってしまった時には礼節ある対応をするよう心がける必要があるのです。




サイト内検索
水漏れ修理業者関連コラム