水道の蛇口が水漏れする場合の対処方法

水道の蛇口が水漏れする場合の対処方法

 

 

 

住宅内にはキッチンやバスルームなど、蛇口が設置されている個所がいくつかありますね。
水道の蛇口が水漏れした時の対処方法は、基本的に「どの水道なのか?」によって変わります。
今回は住宅全体としての対処方法と代表的な水回り個所の対処方法を紹介します。

 

 

住宅全体に共通する対処方法

〇濡れているところは雑巾やタオルを敷く

水道の設置場所を問わず、住宅全体として共通する水漏れの対処方法は床への浸水を避けることです。
床への浸水は想像以上にダメージが大きく、木造住宅の場合だと木材が水を吸収してカビの発生や住宅の劣化に繋がってしまいます。
床への浸水を回避するためには、まず水が漏れているところに雑巾やタオルを出来るだけ敷きます。

〇止水栓を止める
あとは、水漏れが起きている場所によっては止水栓を止めるというのも1つの対処方法です。

止水栓というのは、その水道への給水を調整するハンドルであり、トイレやキッチンなど各水道に設置されています。
ハンドル式ならそのまま回して止めることができますが、マイナスドライバーでなければ開閉できないタイプもあり、トイレの止水栓はこのタイプが多いです。
止水栓を閉めてしまえば、その蛇口に対して水が供給されなくなるので、根本的に水漏れは発生しません。
止水栓を閉めても水漏れが発生する場合、排水管や止水栓以降の給水管に問題が起きていることが考えられるので、その場合は業者に修理をしてもらうまで住宅の止栓を閉める方が良いケースもあります。

 

キッチンの水漏れの対処方法

キッチンの水漏れは「蛇口」・「給水管」・「排水管」が発生源となることが多いです。
蛇口はハンドルを閉めても水が滴り落ちるというトラブルが多く、これは蛇口の寿命です。
本体内部のパッキンなどのパーツが劣化しているので、修理をするまでは止水栓を閉めておく方が良いでしょう。
給水管のトラブルは滅多に起こりませんが、もし管から水漏れが起こっているなら早急に修理をしておきたいところです。
こちらも修理をするまで止水栓を閉める対策を取っておき、止水栓より前の管に問題が起こっているなら住宅の止栓を閉める必要もあります。

排水管のトラブルでは、排水の逆流によって床下が浸水してしまうことがあります。
キッチンの下にある扉の中が水浸しになっていることもあるので、排水管のつまりを解決するまではキッチンに水を流さないようにしましょう。

 

トイレの水漏れの対処方法

トイレの水漏れは「タンク」・「便器」・「給水管」・「ウォシュレット」あたりで発生することが多いです。
タンクの水漏れは、主にタンク内部にあるフロート弁やボールタップなどのパーツが劣化していることで起こります。

タンク外に水が漏れる場合はボディの破損ですが、内部パーツの劣化ではタンク内への水の供給が止まらずにずっと便器内に水が流れてしまうトラブルが代表的です。
これは市販されているパーツを購入して取り換えるのが最適な対処方法となりますが、ボールタップのように取り換えが難しいパーツもあります。
修理をしなければ水が出っぱなしになってしまうので、自分で修理できない場合は早急に業者に依頼するように努めましょう。

便器の水漏れはボディの破損を除けば、直接的な原因はタンク内にあることが多いです。
ボディの破損によって便器外へ水漏れが起こっているなら、当分はトイレを使用するのをやめておき、早急に修理を依頼するようにしてください。
給水管の水漏れはキッチンと同様であり、トイレ内にある止水栓を止める措置を取りましょう。

こちらも止水栓より前の管が破損しているなら、止栓を閉めて住宅への水の配給自体をシャットアウトしなければ水漏れを止めることができません。
ウォシュレットについてもパーツ劣化が問題であることが多いため、修理するまでウォシュレットの電源を落として使用を控えるのが好ましいです。
また、ウォシュレットの修理については水道屋さんではなく、メーカーと問い合わせる方がスムーズです。

 

洗面所の水漏れの対処方法

洗面所の水漏れはキッチンと殆ど同じで、「蛇口」や「排水管」で起こるケースが殆どです。
蛇口についてはパーツの劣化で本体から水漏れしたり、蛇口を閉めても水が落ちるといった良くあるトラブルが多いです。
また、洗面所はシャワーノズル付きの蛇口が主流でもありますが、蛇口本体が劣化していると洗面所の下扉の中に設置されている水受けタンクへの流水が極度に早くなり、あっという間に床下浸水することがあります。

この水漏れは構造を知っていなければ原因に気付かないことが多く、シャワーのノズルが折れているなど見えない部分のパーツが原因なことが多いです。
洗面所の水漏れも修理が完了するまで使用を控えておくのが無難な対処方法です。

 

まとめ

水道の水漏れは原因によっては業者への依頼が必須となり、修理が終わるまで止栓や各水道の止水栓を閉めなければ水漏れを止められないことがあります。
住宅全体の絶対的な対処方法として、水の供給を遮断すれば一旦は水漏れを止められるということを覚えておきましょう。




サイト内検索
水道修理業者ランキング
水の救急隊
水道屋本舗
スイドウサービス
JBR生活グループ(水の生活救急車)
クラシアン
イースマイル
水道救急センター
水110番
水道1番館
水協
水漏れ修理業者関連コラム