自分で修理を行う際にどんな材料が必要?

水漏れ修理が必要になった際には自分で修理することを希望することもあり得ます。

手の器用な方ならば決して無理なことではなく、その範囲は限られてしまうこともありますが、必要とする材料を揃えてみると、比較的簡単に修理を済ませることもできます。

出来る範囲と想定できた場合では、DIY的な感覚で自らチャレンジしてみることも安上がりで良い方法です。

 

最も多く見られる水漏れのパターン

水漏れ修理を行うには、多いものとして蛇口やその周辺から水漏れが起きていることが前提です。

蛇口といってもバスルームや洗面台、キッチンやトイレなどで使われているものがあり、それぞれ見た目は異なりますが、基本的な構造は殆ど同じものと考えることができます。

稼動する部分や蛇口のハンドル内部にはパッキンと呼ばれているものが取り付けられています。

水漏れ修理のパターンで最も多い原因が、このパッキンが劣化してしまうことで水漏れが起きます。

パッキンは普通ではゴム製のタイプを使っているので、自然に硬化したりヒビが入ったりすることで水が漏れてしまうという内容です。

このような現象で水漏れ修理を自分で行うには、該当する場所に設置されているゴムパッキンを新品に交換することが最も基本です。

材料は簡単に入手でき、ホームセンターに行くと高い確率で販売されています。

しかし、実際にはゴムパッキンといっても取り付けられている場所や、蛇口のメーカーによって違いがあるので、サイズ等を含めて合っているものを購入するには、自主的に判断できない場合は取り外したパッキンを直接ホームセンターに持ち込んで同じものを購入すると間違いが起きません。

材料はこれだけではなく、工具も最低限必要なものがあります。

普通の蛇口ではハンドル部分の上にキャップが付いているので、マイナスドライバーが必要になることがあります。

蛇口を分解するにはウォーターポンププライヤー欠かせない材料になります。

 

給水管からの接合場所から漏れることもあります

水周りの場所で起きてしまうトラブルには蛇口からの水漏れだけではなく、給水管の接合部分から水漏れが起きてしまうことも目立ちます。

通常であればゴムパッキンの交換で済ませることができますが、このような事例ではパッキンが存在していない部分になるので、普通の方法では修理できません。

自分で水漏れ修理を行うことを希望している場合では、まずは蛇口を取り外す作業が必要です。

プライヤーやレンチなどを使う方法で比較的簡単に取り外すことはでき、バスルームで使われていることの多い混合栓でも自分で外すことは可能です。

蛇口を取り外すと、給水管との接合部分のネジ山に対して白色のシールテープが巻かれていることを確認できます。

この部分からの水漏れについてはシールテープの劣化が原因になっている可能性が高いので、ネジ山に巻かれている古いテープは全て綺麗に剥がすことが先決です。

ついでに歯ブラシなどを利用してネジ山部分を綺麗に洗浄しておくことも欠かせないポイントです。

その上に新しいシールテープを巻き付けていくことになりますが、3周から4周程度を目安にして巻き付けることにより、水漏れを直すことができます。

後は蛇口を接合していくだけの簡単な作業で済ませることができるので、完成後には水を流してみて水漏れのチェックを行い確認することが必要です。

もしも、この方法で直らない場合では金属に劣化が見られることも多いので、その際にはプロの会社に依頼をすることも必要になるかもしれません。

 

吸着テープも道具の中では使えます

水漏れ修理を自宅で自主的に行う際には、まずは水漏れを起こしている箇所を特定することは最も基本的なことです。

もしも蛇口から漏れていなかったり、根本部分からも問題が無いという場合では、給水管を疑ってみることも忘れてはならないことです。

トイレなどの場所では非常に多い傾向にありますが、床面から出ている給水管に穴が開いてしまったことをきっかけに、水漏れを起こしてしまうという現象も目立ちます。

このような場合では、作業をしやすい位置にあるため、状態次第では自分でも修理することは可能です。

必要になる道具については一般的に市販されているビニールテープを考える人がいますが、このテープは一時的に行う作業に留まってしまうので、正しい意味で直すことはできません。

効果的な道具はホームセンターで販売されている水道管用の吸着テープというものがあります。

黒色のゴムのような素材で作られているもので、粘着力はありません。

穴の開いている給水管にある程度の力を加えながら巻き付けていくと、素材の性質から自然と縮まる効果を発揮します。

この能力によって穴の部分を完全に塞ぐことができるので、小さな穴で比較的水圧の低いような場所においては有効な道具として利用できます。

ただし、経年劣化を起こしてしまうことも十分に想定できるので、ある程度の年数が経過するとプロの会社に依頼をして給水管を交換することも必要です。

ただ、自分で水漏れ修理を行うには簡単で低料金で施工できる便利な方法です。




サイト内検索
水道修理業者ランキング
水の救急隊
水道屋本舗
スイドウサービス
JBR生活グループ(水の生活救急車)
クラシアン
イースマイル
水道救急センター
水110番
水道1番館
水協
水漏れ修理業者関連コラム