ゴムパッキン回りの故障に対応する水漏れ修理

公開日:2019/07/01  最終更新日:2019/06/21

水漏れ修理は、大体が故障したゴム製のパッキンを直すことで完了します。

一般的には部品を交換すれば簡単に直すことができるのですが、水道設備や配管の場所などに応じて素人では難しいこともあるため、専門業者への依頼がお勧めです。

 

ハンドル式の水栓金具なら簡単に交換できます

水漏れ修理の中でも、水栓金具がハンドル式の場合、ハンドルの前にあるプラスチック製の蓋を外すと、内部にはプラスネジがあるので、これをドライバーを使って回すとハンドルを取り除くことができます。分解はそれほど難しいものではありませんので、工具を使うことができる人であれば水漏れ修理が可能です。

水漏れが起きる原因は様々ですが、ハンドル式の水栓金具の場合、内部にあるゴム製のパッキンが劣化して、隙間から水が漏れてしまうのが主な要因です。長年使い続けていると耐久性を持つ部品も少しずつ劣化が生じることになり、特にパッキンはゴムでできているパーツですから、擦り切れてしまうなどで隙間が空いて、そこから水が漏れ出してしまうのです。

ホームセンターに行くと、同じものを買うことができますし、値段も1個数十円から数百円程度で買うことができます。初めての人などは現在使用している部品を水栓金具から取り外して、それをお店に持って行けば、店員さんが同じものを探してくれます。

尚、水栓金具を分解する時、いきなり外そうとすると水が勢いよく噴き出して来ますので、必ず止水栓と呼ぶ水を止める装置で流れを止めてから行うようにしましょう。

洗面所の場合は洗面台下の収納の中や洗面台に直接繋がっている給水管の途中に設置がされています。キッチンの場合はシンク下に止水栓があるので、ハンドルを回すもしくはマイナスドライバーで回すなどすれば水を止めることができます。

 

シンク下の排水管からの水漏れについて

台所のシンク下には排水溝からの水を下水に流すためのパイプが設置してあります。排水溝とパイプの接続部分には蛇口に付いているパッキンのようなゴム製の部品があり、摩耗などにより隙間から水が漏れ出してくることもあります。また、パイプはビニール製の部品のため、長年使っていると亀裂が入るなどして隙間から汚水が流れて来ることもあるのです。

ちなみに、パッキンは隙間を埋めるためのシールと呼ぶ部品の総称で、接続部分にシールを埋め込んでおけば、接続箇所から水が漏れずに済むなど、大半の水道設備に活用が行われている部品です。  ゴムでできているので頑丈なイメージ、耐久性が高いイメージを持つ人は多いでしょう。しかし、部品には必ず経年劣化が生じるもの、耐用年数が長いものでも劣化が生じてしまえば機能を果たせなくなります。

蛇口と同じく、排水溝とパイプを接続している部分にある部品もホームセンターで入手することができるため、自分で水漏れ修理をやろうと思えばできないことはありません。

しかし、シンクの下側からの水漏れになるので、作業に慣れている人でなければ苦戦してしまうこともあるでしょう。そのため、専門業者に依頼した方が安心です。また、パイプ部分からの水漏れは、パイプそのものを交換する形になるので、専門業者にお願いした方が良いでしょう。

尚、応急処置として水が漏れている部分にビニールテープを使って巻いておけば、業者さんが来るまでの間は洗い物などで利用することは可能です。

 

混合栓は内部が複雑なので分解は禁物です

洗面所の手洗い用の蛇口やキッチンの蛇口などから水がポタポタと落ちて来るのは、隙間を埋めているゴム製のパッキンが故障しているために起きる現象です。正常な状態の時にはしっかりと隙間が埋まっているため、水が漏れて来ることはありません。

ゴム製のパッキンはドーナッツのような形をしている部品で、配管内部の溝に押し込まれていて、隙間を埋める役割を持ちます。長く使っていると、ドーナッツの形をしている部品はやせ細ってしまい、これが原因で隙間から水が漏れて来る、いわゆる水漏れの原因に繋がるわけです。

浴室の洗い場にあるのはお湯と水を調整して給水することができる混合栓です。混合栓内部にはサーモスタットと呼ぶ電子部品が内蔵してあるなど、構造自体が他の水栓金具とは異なり複雑です。

素人がむやみに分解すると元通りにならなくなることもありますし、サーモスタットが正常な働きをしなくなり、お湯を使いたくても温度調節ができなくなることもあります。むやみに分解することは避けた方が安心です。

混合栓から水が漏れている場合も、内部部品の劣化が原因で、専門業者にお願いすれば分解および部品交換を速やかに行ってくれます。

尚、業者にお願いする時には、事前に出張費用の有無やキャンセル時の費用支払いがいるのか、このようなことを聞いておくことが大切です。さらに、作業前には費用見積もりをお願いする、提示金額以外に費用が掛からないことを確認した上で依頼するようにしてください。

 

水栓金具の種類により自分でも水漏れ修理を行うことはできますが、部品が手に入らない時や複雑な構造の水栓金具は専門業者に依頼すると良いでしょう。業者に依頼する時には費用についてしっかりと確認してからがお勧めです。




サイト内検索
水漏れ修理業者関連コラム