洗濯機の蛇口が水漏れしたときの対処方法

公開日:2020/04/01  最終更新日:2020/04/22

洗濯機は家電のなかでも消耗が激しく故障率が高いです。特に故障で注意したいのが蛇口の水漏れです。この状態を放置していると、水浸しになってしまい床材を劣化させてしまうだけでなく、電線が水に浸ればショートすることで大変危険な状態になります。そこで水漏れを発見したときの、考えられる原因と対処方法を紹介します。

蛇口の水漏れの原因は経年劣化

水漏れの原因は、基本的には経年劣化による部品の消耗です。蛇口を開放すると止水栓が開いて、水道管から押し出された水が流れるという仕組みです。ただ洗濯機に直結している蛇口の場合は、他の家に設置しているのとは違って短時間で衣類を洗うための水位にする必要があるため強めに流れるように設計されています。

そのため蛇口には、ニップルと呼ばれる漏れないためのナットとネジとゴムパッキンの部分があります。これらが水圧をコントロールすることで漏れないようにしているのですがナットは水圧で緩むだけでなく、経年劣化は使い続けることで進行するのでネジとゴムパッキンの機能が落ちてしまいます。その結果として水漏れが起きるというわけです。

できる範囲の対処方法の流れを紹介

洗濯機の蛇口の水漏れは、水圧によるナットの緩みと長い期間水を使い続けることによるネジとゴムパッキンの劣化です。

まず個所を確認したら、最初に現状から被害を拡大させないために蛇口栓と住宅に水を供給する水道栓を止めます。家に設置している水道計を見て停止していることを確認できたら止まっている証拠なので、次に部品の対処に移るのです。ニップルを取り外して、ゴムパッキンを取り外して汚れを洗浄します。

そしてホームセンターで取り外したニップルを持参して、所有している洗濯機に対応しているニップルを購入します。ニップロを購入できたら、劣化している部品と交換をして最後にネジを回して作業は完了です。止めておいた蛇口と水道管の栓を基の状態に戻して、洗濯機を使用して水が漏れていないことを確認できたら作業は完了になります。

基本的な原因と対処は終わりですが、その作業の合間にメンテナンスをすることも重要です。原因として少ない理由として挙げられるのは、ホースの逆流と損傷です。長い間使っていると、水の中に含まれているミネラルの結晶と誇りが溜まっていくことで逆流を起こす場合があります。

そのためホースを取り外して、中身を確認してミネラルの結晶とごみが溜まっているときには専用のブラシが販売されているので擦り落とすことで改善できます。もしホースが損傷していた場合には応急処置として、防水テープと専用の防水用の糊を使って補強するのです。

それでも止まらない場合には、水の供給を止めたうえでホースを外して新品に取り換えます。ただこれらの作業は知識と技能が必要になるため、もし不安であれば無理をせずに業者に委託するのが望ましいです。業者に委託すれば原因の特定だけでなく、専用の設備を使って修復できるので安全に使うことができます。

漏れが止まらない場合は買い替えのタイミング

蛇口による水漏れの対処法において、これはあくまで経年劣化による水漏れの対処です。原因が蛇口を含めて、洗濯機自体の問題で引き起こされている場合には対処しようがないです。

もし洗濯機の部品に亀裂が起きているもしくは破損している場合には、無理をせずに蛇口を閉めて使用をやめます。その間に家電量販店もしくは修理専門業者に連絡をして、無料で見積もりをしてもらうのと同時に故障個所を見てもらうのです。故障河床が特定できて、修理業者が持っている設備で直せるのであれば料金を確認したうえで修理してもらいます。

しかし修理業者であっても修理できる範囲には限界があるため、修理箇所が特定できないもしくは修理するための部品がないそして修理そのものができないということも当然ながら起きるのです。もし業者でも対処しきれない場合には当面の間はコインランドリーを利用して、家電量販店で新しく購入するタイミングになります。

 

水漏れは水浸しにすることで床材を劣化させてしまうだけでなく、洗濯機は電気を使うので電線が水に浸ればショートすることで大変危険な状態になります。洗濯機の水漏れの原因は、基本的には経年劣化によるネジとゴムパッキンの劣化での消耗です。その対処法としては住宅の水の供給を止めた後に、正しい手順で部品を取り外しと再設置をおこなうだけなくゴムホースの麺店明日をすることで抑えられます。

しかしこれはあくまで初歩的な故障による水漏れを防ぐだけであり、対処法をおこなっても水漏れをする場合には原因不明もしくは素人では手がさせない故障が起きていることを意味するのです。もし対処をおこなっても状態が変わらないのであれば、まず最寄りの電化製品販売店に連絡をして洗濯機の状態を見てもらいます。そこで直せるのであれば金額を支払って修理してもらい、もし特定できないもしくは寿命が尽きていると判断されたときには買い替えのタイミングになります。

 
   
 

水漏れ修理業者一覧

第1位 水の救急隊
第2位 水道屋本舗
第3位 スイドウサービス
第4位 JBR生活グループ(水の生活救急車)
第5位 クラシアン
水漏れ修理業者関連コラム
サイト内検索