水漏れトラブルで口コミ評判の高い水道修理業者比較!

停電したときのタンクレストイレの使用方法

公開日:2020/06/29  

毎日使うトイレに広い空間を望むニーズが広がっていることから、タンクレストイレが人気になっています。ただタンクレストイレは、使用上において注意しなければならない点があります。それは災害時において電気インフラが停止したときであり、ここでは電気が止まったときの対処法を紹介します。

最初におこなうのはバケツで水を補給する

タンクレストイレが停電時に問題になるのが、水を流すときに電気を使うからです。タンクレストイレは外部にタンクを設置するもしくは水道管と直結して水を流す手法をとっており、電源と直結しているレバーもしくはスイッチを押すと電動で弁が開いて水が流れることで洗浄する仕組みになります。

そのためいったん停電してしまうと、弁を開くための電気が送られないのでスイッチやレバーを使っても水が流れないのです。停電というのは電気の使い過ぎだけでなく、災害時でも起こり得ることなので設置する際には対処法を学んでおく必要があります。

まず洗浄ができないときには、まず平均的な容量のバケツを用意して水を溜めます。そして水を溜めたら、その水をトイレに少しずつ流し入れます。排せつ物が入った状態で勢いよく水を入れると、汚染水が飛び散る恐れがあるので少しずつ入れるのがコツです。そして水の量が少しだけ普段溜めておくポイントよりも上回ったら、そこで水を入れるのを止めます。

必ず手動で流せる仕組みがある

水を適量入れたら、今度は洗い流す必要があります。基本的にタンクレストイレが停電になって使えなくなったときには、必ず説明書に洗浄する方法が書かれています。その洗浄する方法はいくつかありますが、最も多いのは手動レバー式と手動リモコン式です。

手導レバー式は、必ず便器の左右に取り付けられています。バケツに水をためて適量入れたら、その手動レバーを下に引くことで吸引が起こり下水に流されます。

そして手動リモコンの場合は、説明書に事前に想定してリモコンに電池を付けておくように指示されているのです。電池を内蔵することで、これまで通りに電気がなくても電池が電気の代わりを果たすので弁が開き洗浄できます。

使う前に便器の状態を確かめることが大事

停電の際、タンクレストイレを使用する場合、手動レバーもしくは電池を設置して吸引を起こすリモコンがあるので安心です。ただし電気の使い過ぎでブレーカーが落ちた程度であれば問題はないのですが、これが災害時での停電の場合は注意がいるのです。

タンクレストイレは電気を使うので、基本的に便器の一部にチップを内蔵して状態を見られるようにしています。もし便器に異常があったときには、すぐに電子画面や警戒音という形で異常を知らせてくれるので安心です。

しかし電気が消えているということは、異常を知らせてくれる仕組みもまた停止していることを意味します。もし地震災害で便器が破損していたり、また落雷によって電線がショートしているなどの異常があっても知らせることができないです。

その状態で便器を使ってしまうと、手動で洗浄した際に破損した部分から水が漏れることで衛生面で影響を受けることになるのです。そしてコンセントや電線がショートしていた場合には、気づかずに電気が普及したときに最悪のケースとして感電もしくは火災を起こすことになります。

災害時においてトイレは重要なインフラですが、やはり災害の種類によってはしっかりとトイレの状態を確認する必要があります。そのうえで便器に傷がついていたり、電気が普及したときに火花もしくは焦げたようなにおいがしたときには即刻使用を中止し対処するのです。

便器に埋めれば何とかなる程度の傷ついていた場合には、そのまま放置すると水の浸食によって被害が広がってしまうのでホームセンターなどで販売されている接着剤を塗りつけて応急処置をします。

実際に水を流してみて問題がなければそのまま使い続け、その後再び漏れて接着剤を使っても塞がらないのであれば完全に使用を中止する流れになるのです。どのみちトイレの破損は死活問題なので、何らかの問題が起きたときには無理をせずに専門業者を呼ぶことが安全といえます。

 

完全な個室状態になるトイレは安心できる空間と認識が広まっており、それゆえに広い空間でゆっくりしたいというニーズが広まっています。そんなニーズに呼応するように、各トイレ企業が開発したのがタンクレストイレです。

タンクレスにすることによって、これまで広い空間をとっていたタンクがなくなるので広い空間でゆっくりと過ごせます。ただタンクレストイレにも弱点があり、停電になると洗浄できなくなるという欠点を持つのです。もちろんトイレ企業も停電が起きたときの対処法を設置しているので、停電時でも安心して使えます。

ただ停電の理由が災害だった場合、トイレが破損している可能性があります。その状態で利用すると2次被害を招くので、災害が止まった後に一度確認してみて危ないと感じたら即刻使用を中止して業者を呼ぶのが良いです。

 
   
 

水漏れ修理業者一覧

第1位 水の救急隊
第2位 水道屋本舗
第3位 スイドウサービス
第4位 JBR生活グループ(水の生活救急車)
第5位 クラシアン
水道修理業者ランキング
第1位 水の救急隊
第2位 水道屋本舗
第5位 クラシアン
第8位 水110番
第9位 水道1番館
第10位 水協
エリア別おすすめ修理業者
水漏れ修理業者関連コラム
サイト内検索