水漏れ修理にかかる期間

水漏れは長く放置するほど少しずつ被害が悪化するので、早めに水漏れ修理をすることが大切です。

そこで気になるのが、水漏れ修理を依頼したときにどれくらいの修理期間がかかるかです。

修理の期間によって長期だと生活習慣まで変わってしまうので、出来れば早めに終わる方が良いです。

ここでは水漏れ修理にかかる期間について解説します。

 

一般的な水漏れ修理にかかる期間

水漏れが起きたときに修理する期間についてですが、普通軽い水漏れの原因は主にその部位の老朽化で起きることが多く、これだと蛇口交換など簡単なので1時間から2時間ぐらいで終わります。トイレの水漏れも故障している部分や古くなった部品をチェックし交換するので、こちらも同じぐらいの時間です。軽い作業なら大体はこの程度で終わります。

例えば風呂場や洗面所の水漏れや配水管やキッチンの水漏れなどの場合、パッキンが古くなって水が漏れている時には、慣れている人だと自分で部品を購入して交換することも可能です。

水漏れの中で難しいのが床下にある水道管が原因で水漏れが起きるもので、これは床下の水道管だと状況が悪くなっていても気が付きにくく、水漏れがわかったときにはかなり手遅れになっていることがあります。その時は修理費用もかなりかかりますし、工事期間も長期になります。

また床下の場合そこには家を支える色々な部位があって、水漏れなどがあるとそれを浸食するので、色々な問題が起きてきます。例えば庭に水たまりが出来たり、地盤沈下や家の湿気が酷くなったり、カビの発生で家の状況がもっと悪くなってしまいます。最悪になると家自体を建て替えないといけなくなります。 実は水の影響力は家に対してかなり大きなもので、単なる水漏れと感じやすいですが、放置してしまい悪化するほど通常の修理などでは直せないほど酷くなるので早めの対策が必要です。

 

軽微な水漏れの場合は1~2時間で済みます

水漏れ工事といっても色々な種類があって中には簡単な作業だけで終わることもあり、例えば一部の部品が老朽化することで起きた水漏れだと、部品を新しい物へと交換するだけで工事が終わるのでそれほど時間もかかりません。  蛇口の交換など軽微な水漏れ修理だと大体が1~2時間ほどで修理が終わり、基本的に時間がかかるトイレでも故障している部分や老朽化での部品交換なら同じぐらいの時間で終わります。

軽い水漏れなら自分で修理が出来る可能性も高、パッキンの交換やナットの緩みを締める程度の作業なら工具を持っていて知識などもあれば簡単に修理が出来ます。一度自分で原因を特定してみて修理を行う方法も一つの選択肢です。業者に依頼するよりも費用が抑えられるので、自分で出来るような簡単な水漏れなら修理をしてみるのもおすすめです。

一方、大規模な水漏れでとても自分では修理が難しいものだと工事も長期になり数日になることが多いです。  床下などの大規模な水漏れが起きると状況や被害により修理にかかる日数も違い、被害が酷くなるほど修理にかかる時間も長期になって1日で終わることは殆どなくなります。

場合によっては数日かかることもあるので、酷い水漏れは根本的に発生させないように予防策をしておく方が大切です。大きな修理だと費用も高額になりやすいので、実際に大掛かりな修繕が必要になった時に備えて、修理費を貯蓄しておくと安心です。

 

大規模な水漏れ修理になると最悪建て替えになることも

軽い水漏れではなく、床下などの水漏れだと状況と被害によって違いますが、1日で終わることはあまりなく数日間かかることもあります。また、最悪になると家を建て替えるしかない場合もあるので、家にとって水は大敵なので何か変だと感じたときには早めに信頼できる業者へ相談してチェックするのが一番です。

水漏れの原因で床下の配管から水漏れが起きると大規模な修理が必要ですが、これは普段生活するときに確認することがなく、床下での水漏れなので気が付かない間に被害が大きくなっていることが多いためです。被害が大きくなるほど修理費用も高額になって、放置すると家に色々な問題も起きてきます。

地盤沈下やカビやシロアリの発生など、床下の配管の水漏れだと家自体の存続が難しくなる問題が起きたりするので早めに修理依頼した方が良いです。床下の配管から水漏れをしていたり後始末などが十分ではないと、家の木材が腐食して修理をすることができず、家自体を建て替える必要もでてきます。

家は直ぐには腐食することはなく1年から3年の歳月で腐ってくるので、水漏れが起きた時には直ぐに修理を依頼するのが大切です。早期に解決出来れば家の負担も少なく、建て替えになるほどの問題にもなりません。  大掛かりな修理になったときには、家を建て替えた方が後のことを考えても安全なこともあります。ただの水漏れと軽く考えないで、早急に修理の依頼をすることが家を長持ちさせることに繋がります。

 

水漏れ工事は状態により修理にかかる期間も異なり、一部の部品の劣化や破損などだけなら1~2時間という短時間で解決出来ます。場合によっては自分で直すことも可能なので原因が特定できるときは自分で直すのもおすすめです。

ただ、床下からの水漏れなど大規模な修理だと数日かかることもあり、被害が大きいと家の建て替えを検討することなったりするので水漏れを軽くみないで日頃から調査を行っておいた方が安心です。




サイト内検索
水漏れ修理業者関連コラム