ユニットバスで水漏れ修理が必要となる原因

公開日:2019/02/01  最終更新日:2019/01/15

ユニットバスはいろいろな水漏れのトラブルが多く、さまざまな原因が存在します。

例えば床の水浸しやニオイなどもユニットバスからの水漏れが原因とも言えるでしょう。

トイレと一体になっていると、トイレを利用する毎に水が漏れることもあるかもしれません。

お風呂は毎日使用する空間なので水が漏れてしまってはかなり不便です。

快適にお風呂を利用するため原因を特定し、水漏れ修理を行わなければいけません。

 

経年劣化から水が漏れていることがあります

ユニットバスから水が漏れる原因はいくつかあり、場所毎に対策などが必要になります。

例えば蛇口の劣化の場合、少量の水が漏れているなら水栓と給水管の繋ぎ目に緩みがあることが多く、このような接合部の緩みなどに関してナットやネジなどを閉め直すと改善することが可能です。

特に緩みが確認できずに締め直しても漏れが解消されないようなら、蛇口の劣化などが予想されます。

部品に何かしらトラブルがあっても蛇口が劣化しているとは分かりにくいものですが、蛇口が劣化すると配管も同時に劣化しているケースが多くあるので注意が必要です。

配管の劣化から水が勢い良く噴き出すリスクもあるので、水漏れ修理が行われるまで蛇口の取り扱いには気をつけましょう。

蛇口のあるパッキンなどが劣化すると、水が壁を伝うので被害が広がるかもしれません。

壁に水があるような状態になったら、早めに部品修理を依頼して専門業者に水漏れ修理を依頼することをおすすめします。

シャワーが劣化していることもあり、シャワーホースや接合部などが劣化しているとシャワーヘッドから漏れが発生することがあります。

シャワーホースやパッキンなどの部品交換が必要です。

浴槽がひび割れしていることもあり、基本的にユニットバスは頑丈になっていますがどうしても経年劣化を避けることはできません。

経年劣化した浴槽はダメージに弱くなり、何かしら浴槽に落としたり強くぶつけたりするとヒビが入ることがあるので注意が必要です。

浴槽のヒビから水が漏れているなら、ヒビを補修するか浴槽交換を行いましょう。

 

ヒビが入っていることがあるので注意が必要です

床のコーティングが劣化していることもあり、タイルとタイルの間には水の侵入を予防するコーティングがあるのですが、このコーティングは10年ぐらいで劣化することが多いです。

10年経過しなくても地震などがあると隙間ができるケースもあるでしょう。

床に水が漏れていることが確認できたら、コーティングにヒビが入っていないか確認することをおすすめします。

トイレと一緒になっているユニットバスの場合はトイレから水が漏れていることがあるので注意が必要です。

便器のヒビは連結部分の劣化などから水が漏れていることがあり、トイレタンクなどからも考えられるでしょう。

水漏れ修理や部品の交換などが必要です。

目に見えるいろいろな症状がありますが、目には見えないような水が漏れるトラブルも存在します。

例えば排水管のトラブルで、洗面台の下から水が落ちていることがあります。

蛇口やシャワーホースからは水が漏れていないのに、床が水浸しになっていることがあるでしょう。

目に見えるようなトラブルがないと、早期発見は難しく結果的に水道料金が高くなった時点において気付くことがあります。

特にユニットバスは髪の毛などが溜まりやすい特徴があり、髪の毛が排水管に過度に詰まっていると水のトラブルを引き起こすことがあるでしょう。

日頃からこまめに掃除し、排水管に汚れなどを溜めないことが大切です。

もし詰まったとしても自分では手が届きにくかったり見えにくい場所になるので、専門業者に水漏れ修理を依頼することをおすすめします。

 

止水栓を止めるとひとまず安心です

ユニットバスで水が漏れやすい箇所はいくつかあり、浴槽のヒビ割れから漏れたりシャワーが劣化するとシャワーヘッドから漏れることがあります。

コーティングにすき間が出来るとヒビができ、トイレのせいで水が漏れているかもしれません。

排水管の詰まりといったいろいろな原因が予想されるので、日頃から注意することが大切です。

漏れに気がついたら専門業者にすぐに修理依頼すると、いろいろなリスクを最小限に抑えることができます。

専門業者が来るまで自分でできる対処法がいくつかあり、例えば蛇口から水が漏れているなら止水栓を止めることをおすすめします。

止水栓を止めると業者が来るまで水が増えることがなく、水が勢いよく出ることを予防することが可能です。

浴槽のヒビ割れが原因なら、市販のシーリングで補修すると水の量を少し抑えることができます。

シーリング材はあくまで一時的な補修になるので、早めに業者に依頼しましょう。

シャワーホースが原因ならテープで塞ぐことが可能です。

しかしすき間から漏れる可能性があり、完全に水が漏れることを止めることは難しいかもしれません。

配管が原因なら、業者に見てもらうまでは利用しないことが確実です。

水を使う度に水が漏れるので、トラブルを大きくしないため使わないようにしましょう。

配管に手が届きそうなら配管周りをタオルなどでしっかり巻いておき、水が漏れてくるならバケツなどで水を溜めておくと便利です。

水漏れが酷いなら蛇口と同じく止水栓を止めると安心です。




サイト内検索
水漏れ修理業者関連コラム