お風呂のシャワーヘッドの水漏れの修理方法

お風呂のシャワーヘッドの水漏れの修理方法

 

 

お風呂のシャワーヘッドは、キッチンや洗面所の蛇口と同じように劣化によって水漏れが起こることがあります。
今回はシャワーヘッドの水漏れの原因や修理方法などを紹介していきます。

 

 

シャワーヘッドの仕組み

お風呂のシャワーヘッドの仕組みは、「本体」+「ホース」+「シャワーヘッド」という構造になっているタイプがスタンダードです。
この場合、シャワーヘッドはホースから取り外すことができるので、シャワーヘッド自体に問題があるならヘッドを交換してしまえば水漏れを解決できます。
ヘッドとホースを分離することができないタイプなら、同じ規格の商品を購入して本体に取り付けることになります。

本体自体に問題があるなら、これはキッチンや洗面所の蛇口と一緒でそれ自体を新しいものに取り換えたりパーツ交換で修理することになります。
基本的に本体に問題がない限りは止水栓を閉める必要がないので、ヘッドやホースを交換するときは普通に本体のハンドルを閉めておけば水が出ることはありません。
ちなみにバスルームの止水栓はキッチンやトイレのように分かりやすい場所になく、一般的に蛇口本体の裏面や内部などに設置されていることが多いです。

タイプによっては一旦は本体のカバーを取り外さないと見えないこともあるので、止水栓の場所が分からない場合はメーカーや水道屋さんに相談してみてください。

止水栓を閉める必要性

止水栓を閉めると、その部分以下のルートには水が流れないようになります。
トイレの場合ならタンク内へ水が流れないようになるため、トイレ全体に水が供給されなくなります。

キッチンの場合だと蛇口本体への水の流れが止まり、バスルームも本体手前に止水栓があるなら蛇口に水が流れないようになります。

基本的に蛇口を取り換えたり修理する時は止水栓を閉めてから作業する必要があり、止水栓を開けっ放しにしておくと蛇口本体を取り外した瞬間に水が流れだしてしまいます。
バスルームで本体以降をすべて自分で取り換えるなら、止水栓の場所や閉める必要性をしっかりと認識しておきましょう。

 

シャワーヘッド水漏れの原因

さて、シャワーヘッドから水漏れが起こる原因はパーツの劣化が殆どであり、ホースとヘッドの連結部分が劣化して水漏れが起こることも良くあります。

本体を閉めてもヘッドからポタポタと水が落ちたり、ハンドルを開いて水を流すとホースとヘッドの連結部分などから水が漏れてしまうなど、いろんな症状があります。
いずれにしてもパーツが経年劣化によって緩んでいて、その隙間から水漏れが起こることが多いわけです。

シャワーヘッドの寿命はこれといって目安の年数がありませんが、10年や20年と年数が長くなるに連れてパーツが劣化しやすいという点は覚えておきましょう。
シャワーヘッドの修理を余儀なくされた場合に新しいヘッドを購入するという選択肢は大いにアリです。
例えば、ヘッドの値段が1万円だとしても、寿命を5年で計算すると1日あたり約5円程度のコストです。

シャワーヘッドに限らず、排水管の掃除や蛇口の取り換え修理を業者に依頼することがあると思いますが、その後の長期利用を考えたら実は非常にコスパが良いです。
目先の代金が数千円や1万円など高く付いても、日割り計算すると微々たるコストなので思い切って業者に依頼してみるのも損ではありません。

シャワーヘッドの修理方法

シャワーヘッドの修理方法は、水漏れが起こる原因によって修理すべき個所が変わります。

ヘッドの劣化はホースとの連結部分においてナットやパッキンなどが緩んでいることが多いため、全く同じパーツを購入して取り付ければ水漏れが直ります。
ホースと分離できるタイプならネジ構造になっているので、ヘッドとホースを抑えながらヘッドをクルクルと回せば取り外すことができます。

パーツの入手方法は規格サイズが適合しているかどうかが最大のポイントなので、今使っているヘッドのメーカーへ連絡するのが良いでしょう。
保証にもよりますが、メーカーへ連絡すれば工賃が保証されていてパーツ代金だけで修理をしてもらえることもあります。

ヘッドとホースを分離できない場合は、両方を取り換える必要があります。
一般的に蛇口やシャワーヘッドの修理というのは、パッキンやナットなどが劣化していることから水漏れが起きるため、問題のあるパーツだけを取り換えるのではなく、一式を丸ごと取り換え修理するケースが多いです。

経年劣化は関連するパーツが同じように劣化しているため、新しい商品への良い買い替え時期と捉えておく方が良いとも言えます。

まとめ

シャワーヘッドの水漏れは設置後すぐに故障したというケースを除けば、基本的にパーツが劣化していることで起こります。
また、良くある勘違いも紹介しておくと、ハンドルを閉めてもヘッドから水が落ちるというケースでは、ヘッド内の残水が滴り落ちているだけであり、パーツ等に問題がないことも多いです。

サイト内検索
水道修理業者ランキング
水の救急隊
水道屋本舗
スイドウサービス
JBR生活グループ(水の生活救急車)
クラシアン
イースマイル
水道救急センター
水110番
水道1番館
水協
水漏れ修理業者関連コラム