水道の元栓ってどこ?閉め方ってどうすればいい?

水道の元栓ってどこ?閉め方ってどうすればいい?

 

もし水周りの修理をするなら、水道の元栓を閉めて水を止めることが必要不可欠です。
しかし元栓とは一体何なのでしょう。
名前は聞いたことがあっても、実際に見たり触ったりしたことがない人は多いはず。
こちらでは水道の元栓の場所はどこか?
閉め方はどうすればいいか?
などを説明します。
ぜひ見ていってください。

 

元栓とは一体何?

水道の元栓とは、何か水道に異常が見つかった時やメンテナンスの時に水を止め、水の流れる量を調節するために備え付けられている水栓のことです。
普通水の量を調節するのは水周りにある水道の蛇口でするのがほとんどですが、それよりもっと根元に取りつけてある水の量をコントロールしている栓を「元栓」と呼んでいます。

 

水周りの修理をするときは水道の元栓を閉める!

水周りに何か問題が起こって修理などの作業をするときには、キッチンのシンクや洗面台などそれぞれ個々に備え付けられた元栓をきちんと閉めることが重要。
ですが場合によっては個々の元栓が隠れていて無い家もあるので、その場合には家の外にある家屋全体の元栓を閉めればOKです。

〇しかしなぜ元栓を閉める必要があるのでしょう
それは水道の元栓を閉めないで修理を行ってしまうと水が噴き出して、水漏れを引き起こしてしまう恐れがあるからです。
そのため安全に修理を行うためにも前もって水を止めなければならないのです。

 

家屋全体の水道の元栓の場所は?

家屋全体の水道の元栓の場所に関しては、お住いの家屋の種類によって大きく異なります。
ですので、家屋の種類別に「一戸建て」「マンション」「アパート」の3つに分けて詳しく説明していきましょう。

・一戸建て
一戸建てはほとんどの場合、水道の量水器ボックスの中に備え付けてあります。
この量水器ボックスは敷地内の地面に埋められており、ブルーや鉄製の細長い蓋で閉じられており目立つので割と簡単に見つけられるはずです。
これを開けると量水器メーターの横にハンドルのようなものがありこれが元栓です。
この元栓を時計回りに手でゆっくりと回していくと水が止められます。
そして水をしっかり止める場合は、固くなるまで回すことが重要です。
元栓によっては固着してしまい回らないというケースもあります。
なので、あらかじめ軍手やペンチなどを準備しておきましょう。
そうすれば、固くなっている場合でも簡単に回すことが可能です。

・マンション
マンションのような世帯数の多いところはパイプシャフトに元栓がある場合がほとんどです。
基本的に、パイプシャフトは玄関のすぐ横にありますのでそこを開けてみましょう。
そうすると中に水道メーターがあり、そばにハンドルが備え付けられています。
これが水道の元栓となっています。
また手で右方向に回すと閉められ水を止めることができます。

・アパート
アパートの元栓の多くは、廊下やエントランス付近などの共用スペースにある水道の量水器ボックスの中に備え付けてあります。
この量水器ボックスを開けると量水器メーターが埋め込まれており、その近くに元栓があるのでこれを右方向に手で回すと止水できます。
このように建物のタイプによって元栓の場所が異なることが分かります。
もし、元栓がどこにあるか分からない場合はマンション・アパートなら管理人に、一戸建ての場合は管轄エリアにある水道局などに連絡して調べてもらいましょう。

 

個々に備え付けられた元栓の場所は?

水道の元栓は、水周りのすべての場所に個々にそれぞれ備え付けてあります。
もし、全体の元栓を閉めると家にある水周りの水が全部止まることになりますので、色々と不便な思いをすることも。
そのためそれぞれ個々の場所で水を止められるように、各所元栓があるのです。
では水周りの設備でも代表的な「トイレ」「洗面所」「キッチン」の3つの元栓の位置について見ていきましょう。

・トイレ
トイレには壁からトイレタンクに接続する給水管が露出しておりこの給水管のどこかに水栓があるはずです。
そしてこの元栓はマイナスドライバーを使用しなければ閉めることができないものが多いです。
なので、あらかじめ用意しておきましょう。
また右方向に回すと閉めることができます。

・洗面台
洗面台の下の扉を開けて覗き込むと給水管と排水管の2つのパイプがあり、その中央に元栓が備え付けられています。
この元栓はハンドルのようなものが多く、右方向に手でハンドルを回すと閉められます。

・キッチン
多くのキッチンの流し台の下には、お皿など色々なものを収納できる空間があるはずです。
その奥に元栓があります。
またこの元栓はハンドルで回すものもある一方、マイナスドライバーを使用して閉めるものもあります。
ですから、ご自宅の元栓の形状を確認することが大切です。
そして他と同様に右方向に回せば元栓を閉められます。

上記のように個々に備え付けられている元栓は、それぞれ色々なタイプのものがあります。
場所や形は建物の新旧によって異なりますので注意しておきましょう。
どうしても見つからない場合は全体の元栓を閉めるといいです。

 

元栓の場所と閉め方を覚えておくと便利!

普段暮らしている中でなかなか元栓を触ったりする機会はありませんよね。
ですが、万が一水漏れをした時などの水を止める方法にもなりますので、ご自宅の元栓がどこにあってどんな閉め方をするのか覚えておくといいでしょう。
そうすれば、いざという時になったら役立つこと間違いなしですよ。




サイト内検索
水道修理業者ランキング
水の救急隊
水道屋本舗
スイドウサービス
JBR生活グループ(水の生活救急車)
クラシアン
イースマイル
水道救急センター
水110番
水道1番館
水協
水漏れ修理業者関連コラム