水漏れ事故のためにちゃんと保険に入ろう!


水漏れのトラブルにより、金銭的な問題が浮上してしまう事も、稀にあります。

水漏れによって自宅の電化製品が壊れてしまうだけでなく、下の階の住民に対して、迷惑をかけてしまう実例も少なくありません。多額の賠償金を考慮すれば、保険に加入しておく方が無難です。

水漏れが引き起こす金銭的なトラブル

水漏れは、想像以上に大きな被害をもたらしてしまう場合があります。例えば、自宅にある様々な機器に対する被害です。そもそも電化製品を水に濡らしてしまうのは、禁物です。電化製品の内部には、様々な回路があります。そこが水浸しになってしまうと、電化製品が使えなくなってしまうケースが多いです。

電化製品によっては、購入価格が比較的高い事もあります。買い替えで対応する事もできますが、修理などで対応する時などは、依頼費用が高く付いてしまう事も多いです。何も電化製品だけではありません。住宅の床部分に対する損傷も、心配です。水が床に染み込んでしまうケースもよくあるからです。例えばトイレから水が漏れてしまったとします。それで床一面が水浸しになってしまえば、床の大部分を補修する事になります。その際に専門業者に依頼すれば、多くのお金を支払う事になる訳です。水漏れによって何円程度の修理金額が必要になるかは、それこそ状況次第です。軽微な程度ならば、そこまで多くの補修費用にはなりません。しかし水漏れによる被害が著しい時には、多くの費用がかかってしまう傾向があります。ですから水漏れによる被害は、決して軽視できません

それは、何も自宅の損傷だけに限りません。下の階に対する損害も、大きな問題に発展してしまう場合があります。特に集合住宅などは、要注意です。もちろん集合住宅には、上下階に複数の住民が居住しています。自分が住んでいる部屋のすぐ下にも、別の住民が住んでいる事も多いです。それで水漏れのトラブルがあると、大変面倒な事態に発展してしまう場合があります。上述のようなトイレの水漏れがあると、床に水が染み込んでしまう実例も多いですが、時には下の階に水が届いてしまう事もある訳です。そして下の階の部屋の高額な製品は、漏れてきた水によって台無しになってしまう場合があります。それで下の階の住民からクレームが来るだけでなく、金銭的な損害を求められてしまい、大変困ってしまう実例も少なくありません。高額な物が台無しになってしまえば、請求額はかなり大きくなってしまう場合があります。トラブルが発生した時は、水漏れ修理を行えば、とりあえず水を止める事自体は可能です。しかし近隣の住民からの高額請求が来てしまえば、大変面倒な事態になりかねません

加入しておけば万が一の時もお金がおりる

ただし金銭的な問題が生じた時でも、数字がそれほど大きくなければ、そこまで大きなトラブルにならない事も多いです。修理が必要と言っても、せいぜい1万円程度に限定される事もあります。しかし状況によっては、1万円程度では済まない事があります。上述のように、下の階の住民に迷惑をかけてしまった時には、100万円以上になってしまう可能性もあります。自分の家から漏れた水が、他の階の住民の高額な物を台無しにしてしまえば、それだけの金額になる可能性もある訳です。その100万円という金額をすぐに支払うのは、少々難しい事もあります。ですから水に関するトラブルは、意外と軽視できません

しかし上述の保険商品に加入していれば、被害を最小限に抑える事もできます。なぜなら加入していれば、お金がおりるからです。その商品は、不測のトラブルに備える目的があります。経年劣化などに伴い、水漏れが発生した時でも、お金がおりる仕組みになっています。例えば下の階の住民から、100万円の請求が来たとします。しかし90万円ほどのお金が下りれば、加入している本人としては、10万円程度の負担額に限定される訳です。90万円もの差は、非常に大きいです。ですから加入しておくに越した事はありません。

トラブルが発生する確率は高いので加入しておくべき

ところで水漏れのトラブルは、発生確率は比較的高いです。住宅に関するトラブルと言っても、色々あります。建物が火事になってしまう可能性もあれば、その他のトラブルもあり得る訳です。その数あるトラブルの中でも、水漏れが発生する確率はそこそこ高いです。火災よりも、発生する確率が高いというデータもあります。高確率でトラブルが生じる訳ですから、何も加入していない状態では、金銭リスクが高まってしまう訳です。もちろん加入していれば、毎月1回くらいのペースで保険金を支払う事にはなります。しかし無加入の状態ですと、さらに大きなお金を支払う事にもなりかねません。ですから水漏れに備えて、加入しておく方が望ましいです。

水漏れによる金銭的被害は、決して軽視できません。自分の家だけでなく、下の階からの金額請求もあり得る訳ですから、加入しておくに越した事はありません。加入しておくだけでも、安心感は全く異なりますし、きちんと申し込みしておく方が良いでしょう。




サイト内検索
水道修理業者ランキング
水の救急隊
水道屋本舗
スイドウサービス
JBR生活グループ(水の生活救急車)
クラシアン
イースマイル
水道救急センター
水110番
水道1番館
水協
水漏れ修理業者関連コラム