水漏れ修理を自分で行うときの注意点

キッチンで洗いものをしようと蛇口をひねると、レバーやハンドルなどから水が漏れてくることがあるでしょう。

水が漏れる所はいろいろで、勢いよく噴き出し少しずつ漏れる場合もあります。

このような台所などの水漏れが起こると、業者を呼んで修理をして部品などを交換することが可能です。

トラブルの内容によって自分で水漏れ修理を行うことができ、費用を安く済ますことができます。

 

自分で水漏れ修理することができます

水漏れは普段生活している中で、思いもしないタイミングや忘れていた頃に突然起こるものです。

蛇口が新しいものである、新築の家ではあまり起こることがないでしょう。

蛇口が変わったばかりの時に何かしらのトラブルがあるのではと思いますが、業者は蛇口の取り付けといった作業に万全を期しているものです。

キッチンの蛇口ならプロが取り付けるので、設置に関して何か問題が発生することはほとんどないでしょう。

一般的にキッチンの蛇口などからの水漏れの原因として、部品の経年劣化などによる水漏れになります。

水漏れが起こる期間の目安はだいたい10年で施工してから10年ぐらい経過すると、蛇口にあるパッキンや部品などが消耗し水漏れが発生するケースが多くあります。

もし10年以上経過している場合、そろそろ水漏れ修理が必要になるタイミングです。

突然水漏れするトラブルが発生するというケースがあるでしょう。

急な水漏れトラブルがあって仕事に遅刻してしまうなど、どう対処してよいのか困惑することもあります。

10年以上経っている蛇口はトラブルが起こる前にパーツの交換をすることをおすすめします。

蛇口からの水漏れと言ってもいろいろな原因や種類があり、水漏れ修理の方法は異なるものです。

漏れている場所や蛇口の種類などでも変わってきて、例えば古くからあるようなひねるタイプの蛇口なのかレバータイプの最近のタイプなのか、条件によって修理方法や必要になる部品は変わるので注意が必要です。

原因さえ分かればいくつか注意点を守れば自分で修理することができるでしょう。

 

経年劣化などいろいろな原因が考えられます

例えばシングルレバーの混合水栓で多いのが、レバー下からの水漏れです。

シングルレバー混合水栓の場合、水を出す時レバーを上げて水を止める時に下げる動きになります。

レバー下から水漏する場合、上げている時や水を出している時に引き起こります。

蛇口はもちろん同時に下からも水漏れする状況です。

シングルレバーは左右や上下だけではなく、いろいろと動くため下に遊びのスペースがありそこから水漏れするのです。

この原因としてバルブカートリッジがあげられ、バルブカートリッジに使われている部品が消耗しそこから水が漏れることが多くあります。

消耗し水が漏れているので押したり叩いても良くなることはありません。

バルブカートリッジの交換が必要で、10年以上使っているバルブカートリッジは消耗しており水漏れが起こることが多いでしょう。

蛇口本体より下の部分にある止水栓からも水が漏れることがあるので注意が必要です。

シンク下に水が溜まり溢れてきた時に突然気付くことが多いでしょう。

スパウト周辺などの水漏れにはいくつか原因があり、例えばナットの緩みがあげられます。

普段触ることがない場所なのでナットが緩むことは考えにくいですが、経年劣化や強い締め付け、振動による摩耗により隙間ができ緩んでしまうケースがあります。

ナットを締めなおすと水漏れは解決するので比較的簡単です。

よくあるのがパッキンの経年劣化で、パッキンが劣化するといろいろなトラブルを引き起こします。

パッキンの交換をすると問題を解消することができ、この修理は比較的簡単に行うことが可能です。

 

パッキンを交換すると修理することができます

自分で水漏れを修理する場合、いくつか注意点がありますが必ず止水栓を締めてから行うことが大切です。

突然水が噴き出すこともあるので、あらかじめ準備をしてから作業することをおすすめします。

基本的に止水栓の場所はシンク下にあり、流し台の下にはボウルなどを片付けるスペースがあり奥に止水栓があります。

手で締めることができ、マイナスドライバーで締めるタイプの止水栓があるので注意が必要です。

どの程度回してから締めたのか覚えておくと後で役に立ちます。

修理や交換などが終わった時調整するのが楽になるからです。

止水栓が見つからない所にあるキッチンもあり、その場合は家の元栓を閉める方法があります。

場所は通常水道メーターのある所になります。

次に水漏れが起きている部分のパッキンを新しく交換しましょう。

交換したら分解した時と反対の手順から水栓を組み立てると修理は完了です。

シングルレバーの場合バルブカートリッジの交換やパッキンの交換などを行い、それでも水漏れがおさまらないならパーツが割れているかもしれません。

例えばシングルレバー混合水栓の場合、バルブカートリッジを交換するとだいたい修理することが可能です。

それでも水漏れがなおらないなら、パッキンの劣化が疑われます。

パッキンの劣化は見た目ではよく分からないので、交換した方が効率良くそれほど高くないので安心です。

自分で修理することができないような場所については、専門業者に依頼することをおすすめします。




サイト内検索
水漏れ修理業者関連コラム