水漏れチェックを自分で行う場合と業者に依頼する場合のメリットとデメリット

公開日:2019/06/15  最終更新日:2019/04/12

トイレや洗面所、台所などでなぜか水浸しになっている、いつもと同じような生活をしているのに急に水道料金が高くなってしまったなどの場合には、水漏れの可能性があります。

そのような状況に早く気付くことが重要ですが、定期的に点検をしてみることも必要です。

 

水漏れチェックを自分で行う場合

水漏れ被害に遭うと、いろいろと大変です。水漏れの程度にもよりますが発見が遅れてしまうことで水道料金が高くなってしまうケースもあるでしょう。

また、水漏れをした周囲は、水浸しになってしまうためできるだけ早く発見し対処することが大切です。水漏れの疑いがある、もしくは定期的に怪しい部分はないか把握するというのもトラブルを未然に防ぐことにもなり、対策をしておくといいでしょう。

水漏れチェックを自分で行う場合には、分かりやすい場所からチェックしていくのもポイントです。洗面所や台所、お風呂場の蛇口、トイレ内を全体的に見て回るなど比較的手間のかからない部分を見てみることでも、様子がおかしい部分などがある、水滴が垂れている部分があるなど発見できれば、状態が悪化する前に対処ができます。

問題なのは、見えない部分です。庭がある場合や地面など土の中の排水管などに亀裂などが生じている場合には、自分で気づくというのはなかなか難しいものがあります。この点が自分で水漏れチェックをする際のデメリットといえるでしょう。

それでも水道の元栓を閉めた状態で、水道メーターが動いているかなど見てみることで見えない部分も少しはチェックできる可能性はあります。ただし、このやり方でも完璧とはいえません。

メリットとしては、自分で行う為調査費が必要ないという点です。業者に依頼してしまうと費用がかかってしまうため、あまりお金をかけたくないという場合には、自分で対処するという方法を選択するのも一つの方法といえます。

 

水漏れチェックを業者に依頼する場合

水漏れチェックを業者に依頼する場合には、調査費用などが必要となる点はデメリットといえます。ただし、自分で行うよりもプロに依頼するほうが、時間がかからないという点や適切であるため安心して任せることができる点は大きなメリットといえるでしょう。

特に業者の場合には、音響調査、目視調査などをする際に、漏水探知機やサーモグラフィー、小型カメラなどを使用するため状態の把握などがしやすいというのもメリットです。

業者を選ぶ際には、いろいろと情報を集めてみることも大切だといえます。口コミ情報などをチェックしてみることで評価のよい業者を見つけてみましょう。

また、水漏れチェックに関して、水漏れ箇所があった場合にきちんと原因を説明してくれる業者かどうかという点も重要です。ただ、水漏れを発見したからといってほとんど説明をせずに水漏れ修理をせかす場合には、注意しましょう。

複数の業者が存在するため、ある程度は情報を集めておき納得のいく業者に依頼をするということが大切です。丁寧であること、信頼できる業者というのが理想的といえるためネットでいろいろと情報収集してから業者選びを行うように心がけましょう。

 

水漏れ修理の必要性がある場合には

水漏れ修理をする必要がある場合には、原因によっては自力で対処するというのも有効な手段です。ただし、素人であるため必ずしも修理がうまくいくとは限りません。

そのため、状況によっては専門業者に依頼するという選択をしてみてもいいでしょう。専門業者なら、きちんとした修理が期待できる点や自力で水漏れ修理をする場合では、修理でミスをしてしまう可能性などもでてきます。

修理がきちんとできていない場合、再び水漏れによるトラブルが起こってしまうケースもでてくるため、スムーズな解決を望む場合には、専門業者に依頼して修理してもらうといいでしょう。

費用的にはもちろん自力で修理したほうが安上がりにはなります。ですが、修理をする手間やミスをしてしまう可能性などを考慮すると、スムーズに解決するかという点には疑問も残ります。ちょっとした簡単な修理で済むならば自力での対処でも問題ありません。そのため、水漏れの状態や原因などから、専門業者に依頼するか判断してみるといいでしょう。

専門業者に依頼すれば自分で修理をしなくて済む点や修理に関してミスなどの可能性が低いという点からも、安心して依頼することができます。

 

水漏れチェックは、自分で行うか業者に依頼するかによってそれぞれメリットやデメリットがあります。自分で行う場合には、費用的な面でほとんどお金がかからないためメリットではありますが、全体的にチェックが不十分になってしまう点がデメリットです。

業者に依頼すればいろいろと調査用の道具などを使いきちんとしたチェックをしてくれる点はメリットといえます。ただし、費用がかかる点がデメリットのためこのようにメリットやデメリットを把握して、どちらを選択するか判断してみるということが大切です。




サイト内検索
水漏れ修理業者関連コラム