給湯器が凍結してしまったときの注意点と対処法

 

 

 

季節が秋や冬になると気温が下がって、住んでいる地域によっては0度以下になるところもあります。その中で気になるのが「給湯器の凍結」です。もし給湯器が凍結するとお湯が使用できなかったりするので、ちょっと困ったことになりますよね。

こちらでは給湯器の凍結を防ぐ方法や注意点、ならびに対処法などを説明します。いざというときに参考にしてください。

 

給湯器が凍結すると何が起きるの?

もし給湯器が凍結すると次のようなことが起きます。

 

・お湯が出なくなる

まず給湯器の中には水道管があり、この管に流れている水を温めてお湯にしたうえで給水を行っています。しかし、気温が0度以下になると水道管の中にある水が凍ってしまうため、水が流れない状態となってしまいます。ですので、温めることができなくなってしまいお湯が出なくなるというわけです。

 

・水道管が破裂する

また、水道管にある水が凍ると体積も増えることになります。そうすると、増えた体積により水道管が圧迫され破裂してしまう可能性もあるのです。もし破裂すると、そこから水漏れが発生してしまうため水道の修理業者を呼ばなければならず大変です。

 

凍結する温度はどれくらい?

メーカーによって異なりますが給湯器が凍結する温度というのは決まっており、だいたいマイナス4度以下になると凍結が起こるとされています。また、マイナス4度以下にならなくても給湯器が日当たりの悪い場所に設置されていたり、強い北風が吹きつけていたりすると凍結が起こりやすいです。

ですから、毎日天気予報をチェックし朝の気温が低くなりそうな場合は対策をしなければなりません。

 

給湯器の凍結を防止するための対策とは?

では次に、給湯器の凍結を未然に防ぐための対策や注意点などを見ていきましょう。
それは以下の通りとなっています。

 

・水を流しっぱなしにしておく

まず、給湯器の運転スイッチを切りましょう
その後に、水を流しておくと給湯器内部の水が常に循環するので凍結を防止することができます。なので、水を出しっぱなしにしておくといいでしょう。しかし「水道料金が多くかかるのでは?」と心配する人がいるかもしれません。

基本的に蛇口を全開にしなければ、高額になることはありません。だいたい水を流す目安は、ポツポツと落ちる程度より少し多いくらい。本当に少しずつ流れるようにすればOKです。

また、追い炊き機能付き給湯器の場合は循環金具より5cm以上まで水を張るといいでしょう。この状態をキープしておけば、自動的に水が循環してくれるので凍結を防止することができます。

 

・電源を抜かない

最近販売されている給湯器には、凍結防止のポンプやヒーターが備え付けられているものが多いです。そのため凍結を防ぐなら電源を抜かずさしたままにしておくことが大切です。もし「光熱費を少しでも節約しよう」と思って電源を抜いてしまうと凍結防止の装置が働かないので注意しましょう。

 

・凍結を防止するグッズを使う

給湯器から蛇口につながっている部分の水道管が凍ってしまうことがあります。ですから、その部分に凍結防止用の保温シートなどを張るといいでしょう。

 

現在ではネット通販やホームセンターなどで水道管の凍結を防止するグッズが多数販売されております。それらを使えば凍結を防ぐことができるでしょう。しかし、凍結グッズがどうしても準備できない場合は、タオルや毛布を水道管に巻きつけておけばOKです。

 

もし給湯器が凍結したらどうするの?

しかし普段気をつけていても給湯器や水道管などが凍結することもあるでしょう。そういう場合、基本的にはすぐに何かができるということはありません。気温が上昇して自然解凍するのをじっと待つしかないのです。

「凍ったら熱湯をかければいいのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、それは絶対に避けましょう。急激な温度変化により、水道管が破裂してしまう可能性もあります。ですから、無理に何とかしようとせずひたすら待つことが大切です。

また万が一、給湯器の水道管が破裂・破損してしまった場合は、まず水が流れないように水の元栓を閉めましょう。その後は、水道の修理業者に連絡してください。そうすればプロの方たちがしっかり修理をしてくれます。

 

寒い地域に引っ越すなら気をつけよう

日本の中でも暖かい地域で暮らしている人にとっては冬でも気温が0度以下になることが少ないため給湯器が凍結することをイメージできないという人もいるでしょう。ですが、東北地方や関東地方に住んでいる人々にとって給湯器ならびに水道管の凍結を防止するための対策を行うことは当たり前のことです。

お仕事の関係で東北に転勤する方や進学する際に北海道などの寒さが厳しい地域に引っ越す場合はきちんと対策法を覚えておくことが大切です。対策法も決して難しいものではないので、凍結しそうなほど気温が下がりそうならしっかり対策をしておくことをオススメします。

 




サイト内検索
水道修理業者ランキング
水の救急隊
水道屋本舗
スイドウサービス
JBR生活グループ(水の生活救急車)
クラシアン
イースマイル
水道救急センター
水110番
水道1番館
水協
水漏れ修理業者関連コラム