早朝の水漏れ修理依頼の注意点

早朝に水漏れ修理依頼をするときは、その日必ず誰かが在宅できるように段取りをつけてからにすることが望まれます。

終日在宅しているなら、修理スタッフも合間を見て駆けつけやすくなります。

緊急性のある場合は、そのように対応したいものです。

 

緊急性のある水漏れ修理依頼なら

夜間から朝にかけて水漏れが発生した場合は、早朝に水漏れ修理依頼をすることになります。

賃貸住宅に住んでいる場合は、まず家主側から指定されている修理会社があるかどうか確認しましょう。特に指定されていない場合でも、家主側と連絡が取れる場合は家主側に修理手配を任せることが望まれます。明らかに住人の過失でない場合は、家主側が修理費を支払うことになっているからです。

持ち家である場合は、できればインターネットで近くの水漏れ修理会社を比較検討してから依頼先を決めることが望まれます。修理費用は会社によって大きく異なります。支払い方法も、クレジットカードやデビットカード払いができるところとできないところがあります。朝方で現金払いが難しい場合もありますから、支払い可能な方法を確認してから選択するのが無難です。

中には評判が掲載されている比較サイトもあります。すべてをうのみにするかどうかは閲覧者次第となりますが、評判についても見て決めるケースもあります。 いずれにせよ、頼める修理会社が近くに複数ある場合は、事前に比較検討して依頼先を決めるようにしたほうがいいでしょう。インターネットが普及していなかった頃は早朝までに比較するということは困難でしたが、現在は深夜であっても早朝であっても比較検討できます。依頼可能な修理会社が複数あると知ることができるだけでも、大きく違ってくるものです。

 

その日の在宅を確保しておきたい

早朝に水漏れ修理依頼をするときには、緊急性のある場合が多いですが、その日に誰かが在宅できるように段取りをつけて電話することが望まれます。終日在宅しているという前提なら、修理スタッフがその日のスケジュールの合間を見て駆けつけることが可能になるかもしれません。

修理スタッフの午前中のスケジュールは埋まっていることが多く、電話してからすぐ駆けつけてもらうのは並大抵のことではありません。しかし緊急性がある場合は優先してくれる会社もありますので、いつ来られてもいいように終日在宅していることが望まれます。

修理会社が複数ある場合は、すぐ駆けつけてくれるところを探して何件も電話することもあるでしょう。その場合は、すぐ駆けつけてもらえるという会社が見つかるまでは、申し込みを確定はせず、他を探してから再び電話するかもしれないといったん伝えておきましょう。申し込みを確定してから、もっと早く来てくれるところが見つかったから、と後で取り消すのは避けたいものです。

賃貸住宅の場合、その日在宅するために仕事を休んだ場合の休業補償については、入居者に過失がない場合は家主に請求することは可能です。請求しないと何の補償もないのが普通です。

自発的に家主側から補償を申し出ることはまずありませんから、請求してみることが望まれます。昔と違い、現在は空き家が増えて借り手市場となっていますから、遠慮して請求を控える必要はありません。

 

夜間や早朝でも修理可能な場合も

夜間や早朝の時間帯でも修理に来てくれる会社も、中にはあります。その場合は、夜間・早朝料金となり、3,000円から10,000円ほど割高になることが多いです。緊急対応が必要な状況であれば、割増料金を支払っても依頼することになりますが、それほど緊急性があるわけでもない場合は、営業時間内に来てもらうようにするのがおすすめです。

修理依頼は朝いちで行うに越したことはありません。予約時間として人気があるのは午前中の時間帯であり、早いもの勝ちといった面がありますので、営業開始時刻の直後に電話することが望まれます。

修理会社の中には、修理に取り掛かる前の段階までは、料金が発生しないとしているところもあります。そうした会社に依頼すると、出張費や見積もり費用も無料となります。そうした条件の会社数社に早朝に電話して予約をとって、出された見積もりを見て比較することも可能ですが、そうするにはかなりの時間がかかり、時には1日潰れることもあります。

在宅して何件もの修理スタッフと対応する必要があり、常に在宅している家族がいる場合は別ですが、仕事を休んで在宅する場合は大きな負担となるでしょう。 そうする前に、まずはインターネットで比較検討するのがおすすめです。見積もり費用はオンラインではなかなか出すのが難しいですが、支払い方法などそれ以外の諸条件についてはかなりのことがわかります。

 

早朝に水漏れ修理を申し込むときは、その日の終日在宅をまず確保しておくことが望まれます。午前中は予約で埋まっていることが多いですが、終日在宅が確保されていれば、合間を見て駆けつけてもらえる可能性があります。




サイト内検索
水漏れ修理業者関連コラム