業者に修理してもらうとき修理代の相場はどのくらい?

公開日:2019/03/15  最終更新日:2019/01/30

水道を使っていて遭遇するトラブルとしては水漏れがあります。

上水道は圧力を掛けることによって水を送っており、そのため絶えず内側から水圧が掛かっているため少しでも隙間があれば水が漏れ出します。

水漏れを放置すると水道代が余計に掛かるほか、状況を悪化させることもありますので、水漏れ修理ははやめに行うことが大事です。

水漏れ修理は自身でも出来ますが、業者に依頼すれば迅速に問題を解決することができます。

 

水漏れの原因として考えられること

水漏れの原因は何らかの理由で隙間が出来ることです。

隙間が大きくなると水が噴き出すようになり水浸しになります。

隙間が出来る理由としては、蛇口などの可動部分のシールが劣化するなどして用をなさなくなることやパイプや蛇口などが破損してしまうことです。

特に水漏れトラブルとして多いのはシールが劣化することで、パイプのジョイント部分や蛇口の可動部分で起こるものです。

この場合にはゴム製のパッキンが時間の経過によって硬化することで発生します。

ゴムですので劣化は避けることができず、また使用環境が厳しい場所で起こりやすいものです。

ただパッキンの劣化はよくある水漏れトラブルであるため、交換がしやすくなっており、簡単な工具があればホームセンターなどで代わりのパッキンを購入すれば交換することが可能です。

一方で何らかの理由で蛇口やパイプが破損してしまった場合による水漏れ修理は難しく、たいていの場合には交換することになります。

蛇口の交換もそれほど難しいものではありませんし、ホームセンターでも売られていますが、途中のパイプで起こっている問題に関しては、プロに依頼した方が無難です。

水道配管は床下や地中に埋められているため修理をする際には、その箇所を特定して交換する必要があるためです。

また原因が特定できない場合には配管をやり直す必要もあります。

いずれにしても目に見えている水漏れ修理は、修理にかかる時間や修理代もそれほど多くありませんが、見えない水漏れ修理は業者に依頼した方が将来的にも安心できます。

 

水漏れ修理は必ずするべきものなのか?

水漏れ修理は、蛇口などの末端部の装置と接続している場所で、少しの量であれば急いで直す必要はありません。

これらはパッキンを交換しなくてもナットを締め直すことで治まることもあります。

また急に漏れ出すということも起こりにくいものです。

しかし、パイプや蛇口の接続部分ではない場所から水が漏れ出ている場合には早急な修理を行うのが無難です。

これらは放置すると水が漏れ出ているところが広がって破裂することがあります。

特に屋外で凍結する可能性がある場所では、水漏れを発見した時点で対応することが望まれます。

パッキンなどは時間の経過によって劣化して起こるものであり、ゆっくりと症状が進行していきますが、凍結や衝撃によってパイプや蛇口が破損している場合には急激に症状が悪化することがあるためです。

水漏れ修理は見える範囲で蛇口などの装置であれば個人でも工具があれば行うことができますが、経験がない場合や確実に修理を行いたい場合などは業者に依頼した方が安心です。

一方で気になるのが業者に水漏れ修理をした時の修理代ですが、ちゃんとした業者であれば相場の範囲内で行ってくれます。

業者探しのポイントとしては水道局や組合に登録している所です。

ほぼすべての水道修理を請け負っている業者は組合に加盟しています。

また民間の水漏れ修理を行う業者を紹介する会社もあり、この場合には明示された統一した料金で利用できるので、修理代のトラブルを少なくすることができます。

 

水漏れ修理の修理代の相場はどれぐらい?

水漏れ修理の修理代は、症状によって変わりますが、よくありがちな蛇口のトラブルとしてはゴム製パッキンの劣化です。

これはパッキンを交換するだけなので簡単な修理が出来るため作業そのものの相場は3,000円から5,000円程度です。

ただし、水漏れ修理が高いといったトラブルの原因となるのが出張費で、近くの業者であれば無料で来てくれることもありますが、遠くから呼ぶと8,000円から1万円程度の費用が発生することになります。

いずれにしても簡単な修理でも遠くの業者であれば1万円以上の出費は覚悟しなければなりません。

一方で簡単な交換で済まないケースでは修理代の相場は高くなります

例えばトイレやお風呂などで配管部品が破損して起こっている場合には、それらを交換する必要があり、部品によっては1万円から3万円以上発生する可能性があります。

このあたりは実際に問題を確認しなければわかりませんから相場も不透明ですが、トイレやお風呂の部品代を考えると5万円程度の出費は必要です。

また目に見えない場所の水漏れが起こっているとその場所を特定する必要があります。

この場合には地面を掘るなどの作業が必要ですし、場合によっては配管のやり直しをする場合もあります。

掘って作業する場合で問題の箇所だけ交換する場合には1日で終わる仕事であれば5万円程度が相場です。

いずれにしても、簡単なパッキン交換では高くても1万円程度ですが、部品交換や途中の配管を修理しなければならない場合には高額な費用が発生することがあるため事前に見積をとるなどして金額をある程度確定しておくことがトラブルを避ける上でも大切です。




サイト内検索
水漏れ修理業者関連コラム