洗濯機周りの水漏れ修理

洗濯機は日常生活には欠かせない家電のひとつです。

しかし、大量の水を必要とする家電であるにも関わらず、使用中にはその場を離れることも多く、万が一水漏れなどが発生した場合には大惨事につながりやすい場所でもあります。

被害が小さいうちに見つけたらすぐに水漏れ修理をすることが大切です。

 

洗濯機から水漏れが起きた時の応急措置

洗濯機に水漏れの疑いが出た場合、そのままにしておくと大惨事に繋がってしまう恐れがあるので、当然使用を中止し水を止める必要があります。

水を止める場所は、主に3箇所あり、まず本体や排水ホースから水漏れしている場合には電源を切り運転を止めます。次に洗濯機に繋がっている蛇口を締めます。蛇口を止めたにも関わらず蛇口の根元などから水漏れが起きている場合には水道の元栓を閉めましょう。

水道の元栓の場所は、戸建て住宅とマンションやアパートなどの集合住宅では場所が違います。戸建て住宅の場合は、地面に埋まっていることがほとんどですが、マンションの場合には玄関前にあることが多いようです。また、集合住宅の中でも世帯数の少ないアパートの場合には、一階の地中に各部屋纏まって埋めてあることが多いようなので、自宅の部屋番号を確認してから元栓を閉めます。

元栓を閉めて水を止めたら、床などに溜まっている水を拭きます。放置しておくと、小さな隙間から浸水してしまいます。特に集合住宅の場合には、下の階のお宅に影響がでてしまうこともありますので、必ず拭き取るようにしましょう。

また、元栓を閉めて水漏れを止めても、本体やパーツの中には水が残っています。本体やホースを傾けたりすると水はでてきますので、水浸しにならないように注意することが必要です。 床の水を綺麗に拭き取ったら、水漏れの原因箇所を確認しメーカーや水漏れ修理のプロに修理の依頼をします。

 

洗濯機から水漏れが起きてしまう原因とは

洗濯機から水漏れがおきてしまい水漏れ修理をする場合には、どの部分が原因なのかを見極める必要があります。

洗濯機には、給水するために蛇口があり、ハンドルのすぐ下の部分と吐水口のすぐ上のナットの部分から水が漏れていることが多くあります。ナットの緩みパッキンの劣化が原因となることが多いので、交換すると良いでしょう。蛇口の吐水口と給水ホースを繋げるニップルは取り付けが非安定で難しい部品なので、正確に取り付けられていないと水が漏れてしまいます。また、ネジの緩みが原因の場合には新しいものと交換します。

特に床が水で濡れている場合、排水ホースから水が漏れてしまっていることが多くあります。排水ホースは、本体を動かした時に踏みつけて穴があいてしまうことがあるので、ホースの取り扱いには注意が必要です。排水エルボと呼ばれるL字型の接続管から漏れてしまっている場合には、排水ホースのサイズがあっていなかったり、ねじ式の場合にはネジが緩んでいることが原因です。

本体の底から水が漏れている場合の原因はさまざまなことが考えられます。洗濯槽から排水ホースまでのどこかが破損してしまっていたり、中に異物が混入して穴があいてしまった、パルセーターと呼ばれる洗濯板の軸の摩擦が原因で水漏れしていることもあります。本体から水が漏れている時は、運転中に水漏れが起こりやすいという特徴があります。

 

水漏れの被害を抑えるための防水パンの役割とは

防水パンとは、本体の下に設置されている排水口のついたトレイのことを言い、集合住宅をはじめとする多くのご家庭で使用されています。なんらかのトラブルが原因で水漏れを起こしてしまった場合、溢れた水が全て床に流れてしまわないように受け皿という役目をしています。

防水パンは、水漏れが原因で家財が水に浸かってしまったり、集合住宅で下の階のお宅に漏水してしまったりする被害を最小限に食い止めるための大切な役割をしているのです。防水パンは一見すると単純そうな構造に見えますが、実は裏側には排水トラップというパーツがあり更に下には下水に繋がる排水管が繋がっています。

防水パンは水に強い樹脂、強化プラスチックからできています。とても丈夫なので、頻繁に壊れるようなものではありません。しかし、本体が乗った状態で無理矢理動かしてしまったりすると割れてしまうことがあるます。防水が割れたり欠けたりした防水パンは修理をすることができませんので、新しいものと交換になります。したがって防水パンの取り扱いには注意が必要です。

また、近年増えてきているサイズが大きく重量も重い大型のドラム式を使用している場合には、メンテナンスがしやすいように比較的高さのある防水パンを使用することがあるそうです。高さのある防水パンを使用すると、洗濯機を動かさなくても下に手を入れることができるという利点があります。

 

洗濯機の水漏れの修理は、ホースやパイプを接続しているナットの緩みやパッキンの経年劣化などが原因です。自力で解消できるものも多いですが、面倒だと放置してしまうと被害が大きくなってしまいます。

最近の洗濯機は性能が良くなってきており、メーカーの保証期間を過ぎてからメーカーに依頼してしまうと高くついてしまうこともありますので、水漏れ修理を依頼する場合には安くて信頼できる業者を探してみるのもおすすめです。




サイト内検索
水漏れ修理業者関連コラム