洗濯機から水漏れする原因と対処方法

洗濯機から水漏れする原因と対処方法

 

 

洗濯機からの水漏れは、見た目のイメージ的に複雑に感じると思います。
しかし、大抵の水漏れは洗濯機本体からではなく、水のルートである給水ホースや排水ホースあたりで発生することが多いです。

 

 

水漏れの発生源を特定しよう

〇洗濯機の仕組み

すべての水漏れに共通することですが、洗濯機の場合も最初に水漏れの発生源を特定する必要があります。
まず、洗濯機の構造は蛇口から水が供給されて洗濯機内部に水が流れるようになっており、洗濯に使った水は本体の下にある排水ホースへ流れます。
排水ホースから流れた水は洗濯機の真下あたりに設置されている排水溝へ流れる仕組みです。

 

〇水漏れ発生源の特定

この構造を理解しながら、水のルートを辿って水漏れの発生源を特定していきましょう。
給水ホースや排水ホースあたりに問題がない場合、洗濯機のボディに問題があって水が漏れているケースが考えられますが、これは極稀です。
普通に洗濯機を使用しているならば、経年劣化によっても本体から水が漏れることはまずありません。
あり得るケースとしては、本体と排水ホースの連結部分などが考えられるので、その辺りを入念にチェックしてみてください。

 

 

洗濯機の水漏れが起こりやすい箇所

洗濯機の水漏れが起こりやすい箇所は、「蛇口」・「給水ホース」・「排水ホース」・「本体とホースの連結部分」です。
要するに水が流れる各ルートのいずれかで起こることが多いので、発生源を特定することはそれほど難しくありません。
発生源が分かりますと、あとは問題の個所を修理すれば洗濯機の水漏れは解決できます。

 

洗濯機の水漏れの原因

洗濯機の水漏れは、各ルートにおけるパーツの劣化が原因であることが多いです。
まず、蛇口から水漏れしている場合はナットが緩んでいるケースが考えられます。
洗濯機の蛇口は「単水栓」といって、学校や公園など様々なところで見かけるタイプが設置されていることが多いです。
この単水栓はハンドルの開閉で水を調整するという至ってシンプルな構造です。
洗濯機は蛇口をずっとオープン状態にしておき、洗濯機の電源オンで水が本体に流れるようにしている方が多いと思います。

この場合、単水栓のハンドル自体は問題ではなく、蛇口からの水漏れは給水ホースとの連結部分にあるナットから起きることが多いでしょう。
単水栓のようにハンドルがない蛇口の場合は、万能ホーム水栓という単なる給水管に繋げることもあります。

この場合も連結部分のニップルなどパーツの緩みが水漏れの原因となりやすいので、対処方法は基本的に同じですね。
一方、洗濯機の下側の排水ホース近辺も上層部と原因は同じであり、排水ホースと洗濯機の連結部分やホース自体からの水漏れなど、各パーツに問題があって水漏れすることが多いです。

 

洗濯機の水漏れの対処方法

〇蛇口の水漏れ

蛇口の水漏れは、ナットを閉めたり内部のパッキンを交換することで修理できます。
ナットはモンキーレンチで固定して回せば外すことができるので、そうして蛇口を解体して内部パーツを取り換えるだけです。
やってみると意外と簡単ですが、モンキーレンチがなかったり購入すべきパッキンなどが分からないという方は業者に頼んでみましょう。

 

〇パーツを取り換える

給水ホースや排水ホースの連結部分も、その連結部分に使われているニップルなどのパーツを取り換えることで直すことができます。
タイプにも寄りますが、ネジ式の場合はドライバーだけで取り外しができますし、こちらもやってみると簡単です。

実際に作業をするにあたって代替えとなるパーツを購入しなければなりませんが、取り外したパーツを持ってホームセンターなどへ行くのがベターです。
ここまで実践できる方は、あとは新しく購入したパーツを取り付けるだけで水漏れ修理は完了なので、頑張ってみてください。

 

〇漏水テープ

蛇口やホースの連結部分以外では、ホースから水漏れが起こることもあり得ます。
これはホースを取り換えるのが好ましいですが、簡単な対処方法として漏水テープを使うというのも便利です。
漏水テープは問題個所をテープでグルグル巻きにするだけで水漏れを防止することができるので、鋭角なもので引っかけて穴が空いた場合などは非常に便利です。

 

洗濯機の水漏れ修理の注意点

洗濯機の水漏れ修理をするときは、まず水の配給を止めましょう。
洗濯機の蛇口を閉めるだけでは不安なので、住宅の止栓を閉めておく方が良いです。
トイレやキッチンなどには、そこ専用の止水栓というのがありますが、洗濯機の場合は止水栓が設置されていないケースが多いです。
洗濯機の下側を修理する場合は別に止水栓を閉める必要はありませんが、蛇口や給水ホースを修理するときは必ず止栓を閉めておきましょう。

 

まとめ

洗濯機の水漏れは蛇口やホース周辺で発生することが多く、新しいパーツに取り換えることで水漏れを止めることができます。
工具や新しいパーツを準備すれば、自分でも修理することは十分に可能です。
キッチンや洗面所に設置されている混合水栓のように、蛇口自体も複雑なタイプではないので解体することができれば修理も可能です。

サイト内検索
水道修理業者ランキング
水の救急隊
水道屋本舗
スイドウサービス
JBR生活グループ(水の生活救急車)
クラシアン
イースマイル
水道救急センター
水110番
水道1番館
水協
水漏れ修理業者関連コラム