水道の温度調整ができなくなった時の対処方法

蛇口から出るお湯の温度調整がうまくできないときは、ゴミが詰まっている、元栓の開き具合がおかしい、凍結しているなどの原因が考えられます。

水の流れる量が少ないと、フィルターがゴミで詰まる原因になります。

冬の寒い時期には水道管が凍結したことが原因で、お湯が出なくなることも考えられます。

自宅の給湯器からお湯がうまく出なくなった時の、主な原因をまとめました。

業者に依頼する前に自分で確認する方法

水を流す量が少ないと、フィルターにゴミが詰まって、それがお湯の温度を調節できない原因になります。

水道の元栓がちゃんと開いているのに、水の出が悪くなってきたら、フィルターがゴミでつまっている可能性があります。

フィルターを定期的に掃除することが必要です。

止水栓や元栓を閉めた状態で掃除しましょう。

フィルターは古い歯ブラシなどを使って掃除します。

量水器バルブの横に水道の元栓があるのですが、それがちゃんと開かれている状態になっているか調べてみましょう。

水道の元栓は時計回りに回すと開きます。

限界まで開かれている状態が、正しい状態です。

水道の元栓がちゃんと開いていないと水の出が悪くなるため、フィルターにゴミが詰まる原因になり、お湯の温度が調節できない原因になります。

元栓がちゃんと開いていても、止水栓が開いていない場合もあります。

止水栓の開き具合も調べましょう。

止水栓は水栓の脚の部分が流し台の下にあります。

寒い時期は水道管が凍結することがあります。

気温が4度以下になったら、凍結の可能性を疑った方がよさそうです。

水道管が凍結した場合には、蛇口をひねったりお湯をかけたりしないでください。

内部のパッキンが割れて、水漏れの原因になります。

また、水道管が破裂する恐れもあります。

水道管が凍結したときは、蛇口にタオルを巻いてお湯をかけます

こうすると水道管にダメージを与えずに済みます。

地方によっては凍結パイプが用意されている場合があります。

凍結パイプがあるときは、キャップを取り外して、管にゆっくりお湯を注ぎこみます。

サーモスタッド混合水栓を確認してみる

お湯の温度が調節できなくなった場合、サーモスタッド混合水栓が故障してお湯が出なくなった場合もあります。

サーモスタッド混合水栓の温度調節ができないとき、故障ではなく温度調節で解決するときは、給湯器温度調節ハンドル水圧などを確かめます。

サーモスタッド混合水栓は、右側から水道管の水、左側から給湯器のお湯をまぜ合わせて、お湯の温度を調節しています。

サーモスタッド混合水栓のお湯の温度は、温度調節ハンドルを回して調節します。

温度調節ハンドルを回しても、お湯の温度が調節できないときは、給湯器の設定温度が低すぎる場合があります。

給湯器の設定温度が低ければ、温度調節ハンドルを回しても、設定した温度以上のお湯は出ません。

サーモスタッド混合水栓の故障にはいくつかの原因が考えられます。

そして、メーカーや種類によって修理方法が変わってきます。

修理や交換が必要な時と、自分で温度設定を変えることで解決するときがあります。

故障だと思って修理の業者を呼ぶ前に、自分で設定を合わせてみましょう。

サーモスタッドの設定温度は安全のために42度以上のお湯は出ないようになっています。

設定温度を42度まで上げることで、希望の温度のお湯を出すことができるかもしれません。

また、温度調節ハンドルが、お湯の設定温度とずれている可能性もあります。

温度調節ハンドルを40度のお湯が出る位置に合わせたあと取り外し、40度のメモリに合わせてもう一度付けます。

温度調節ハンドルの外し方は、メーカーによって違うので、現在使用しているサーモスタッド混合水栓のメーカーと型番を調べてから、それに合った方法で取り外します。

水圧やサーモバルブを確認してみる

水圧が高くて温度が上がらないケースもあります。

水圧は給湯器の性能や設置場所で変わってきます。

気温が影響を与える場合もあります。

水圧が高すぎるときは止水栓を調節して、水量を減らすことで解決する場合があります。

サーモスタッド混合水栓の内部にある、サーモバルブが壊れている可能性もあります。

サーモバルブが故障している時は交換が必要になるので、水道管専門の業者に修理を依頼します。

または、サーモスタッド混合水栓のメーカーと型番に合わせたサームバルブを用意して交換します。

サーモバルブの交換をするときは、止水栓と元栓を閉めてから行います。

温度調節ハンドルを外し、内部の部品をいくつか外します。

サーモバルブを交換し、外した順番通りに部品を取り付けます。

まとめ

以上が自分でできる確認の方法です。

もしも、自分でなおすのが無理そうだなと思ったら、専門の業者に依頼して直してもらいましょう。

お湯が出にくくなったなどのトラブルも水漏れ修理の業者に頼んで直してもらうことができます。

給湯器の寿命はだいたい10年くらいなので、機械の寿命によりお湯が出なくなった可能性もあります。




サイト内検索
水道修理業者ランキング
水の救急隊
水道屋本舗
スイドウサービス
JBR生活グループ(水の生活救急車)
クラシアン
イースマイル
水道救急センター
水110番
水道1番館
水協
水漏れ修理業者関連コラム