水漏れ修理でよくある給水管から水漏れしてしまう原因

公開日:2019/02/15  最終更新日:2019/01/15

普段当たり前のように使っている設備が使えなくなってしまうことは突然に起こります。

使えなくなってしまうとそれまでの快適な生活を送ることはできません。

電気に関しては、漏水による漏電や機器の使い過ぎによる過電流でブレーカーが動作して停電になってしまうことや、衛生設備に関しては、トイレや台所の排水管の詰まりや給水管からの水漏れなどが主な例です。

 

給水管の水漏れの原因として第一に考えられることは

家庭への水の供給ルートは、道路に埋設された上水道本管から分岐取り出しした給水管から、道路と敷地の境界付近の敷地内にある計量用の量水器を経由して、床下の土間に埋設された管が各部屋の壁内に配管され、衛生器具に接続されて水を使うことができます。

給水管の水漏れとして第一に考えられることは、衛生器具と管の接続部の緩みによる水漏れと、機器本体の故障によるものとが考えられます。

機器は毎日使われるものですので、使用時の振動で配管と機器のネジ接続部が緩んでしまいそこから水が漏れます。

または器具内部の不具合や経年劣化で水が出てしまいます。

配管と器具の接続部からの水漏れであるのならば、配管は壁の中に入っているため、漏れた水は壁の中から床面との接続部付近の巾木から出てくることが多いです。

器具の故障であるのならば、本体側面や床接続面から水が流れでていることで分かります。

ただし、水漏れが給水管からだけとは限りません。

洗面器などの壁給水で壁排水タイプの機器の場合は、排水管の接続が緩んでいるとそこから水が漏れだします。

同様に洋式便器での汚水管からの漏水であるのならば、便器と床の接続面から水が流れ出ます。

双方とも、給水系統の漏水とは異なり、水に色がついていたり匂ったりするので、何が出ているのかは容易に判別がつきます。

器具と配管の接続部が壁内でなくて、壁から屋内に出ているのならばDIYでも修理が可能です。

工具で配管と器具の接続部を増し締めすれば水漏れ修理ができます。

しかしながら壁内での漏れの場合や、器具の故障であるのならば、水道工事店や機器メーカーのサービスに修理を依頼することとなります。

 

給水管の水漏れの原因として第二に考えられることは

給水管の水漏れとして第二に考えられることは、管本体からの漏水です。

道路から敷地境界までの間の埋設管の漏れであれば道路で、敷地内で建物までの埋設管の漏れであれば庭などの建物の外で水が溢れ出します。

床下や壁内の管のうち床下の配管の漏れでは、土間配管ですと漏れたとしても流れ出る場所が通常は見ることができない場所であるので気付くことは非常に稀です。

一階の天井裏や二階の床下ならば天井から水が滴り落ちてきますし、壁内であれば壁と床の接続部を覆う巾木から水が出てきます。

水漏れの原因として考えられることは、給水管の腐食と接続部の緩みです。

管は近年、内面と外面を塩化ビニールでコーティングした鋼管が発売されていて、主に屋外の埋設管として使用されています。

以前は塩化ビニールコーティングではなく、鋼管を亜鉛でメッキした配管が用いられていましたので、経年劣化や電蝕で漏水することがあります。

塩ビコーティングであっても、管の接続時に用いるパイレンによる傷から鋼管部の腐食の原因になることもあります。

道路内の取り出し管はポリエチレン管が多く用いられていて、ここからの漏水は考えにくく、管と管の接続部や分岐サドルからの漏水が考えられます。

屋内配管は近年、ポリブデン管などのさや管ヘッダー方式の普及により、管そのものの腐食の心配はなくなりました。

しかしながら、施工不良や使用時の振動で緩んでしまって水が漏れることがあります。

これらが原因の場合はDIYで水漏れ修理とは行きませんので、水道工事店による対応となります。

 

水漏れなどのトラブルのおすすめ修理業者は

突然起こってしまう水の漏れなどのトラブルは突然起こります。

そんな時に頼りになるのが専門の水道工事業者です。

水の救急隊は、全国17都道府県で事業を展開している水漏れ修理業者です。

故障が発生した場合は電話にて修理を要請した後に現地調査がなされます。

中にはこの出張調査費用を請求する業者もありますが、水の救急隊ではそんなことはありません。

調査後の見積もりについても同様で、見積もり費用を請求する会社もあるなかでここは一切請求をしません。

もちろん夜間の調査であっても費用は無料となっています。

現地調査と見積もり提示の際は、専門的な語句がとても多い設備の説明であっても非常にわかりやすく行われますので、納得した上で安心して任せることが可能です。

顧客目線での対応姿勢が信頼と実績を生んでいることがわかります。

故障発生時の依頼は24時間365日受付可能であり、電話依頼の段階で過去の実績と照らし合わせて対応方法や概算の修理金額まで説明をしてくれます。

この点は、突然の故障発生で戸惑っている側としてはとてもありがたく心強いことでもあります。

実際の修理は、自治体の水道部局の指定工事店登録がなされている業者なので、迅速かつ確実な修理が行われます。

電話依頼の際に、ネットを見たとオペレーターに伝えることで3千円の割引を受けることができます。

24時間365日いつでも電話依頼ができ、調査と見積もりが無料で、迅速かつ丁寧に修理をし、割引制度がある指定工事店登録の水漏れ修理業者が水の救急隊です。




サイト内検索
水漏れ修理業者関連コラム