お風呂の水漏れで一番多い原因は?

公開日:2020/02/01  最終更新日:2020/02/05

お風呂での水漏れの原因にはさまざまなものがありますが、その中には素人ではなかなか発見することが難しい場所が含まれています。そこでお風呂の水漏れで多い原因やケースについて見ていき、発見したときにすぐさま対処できるよう参考にしてください。

水漏れしやすい部分と発見が遅れやすい場所

お風呂から水が漏れていることを発見した場合、すぐに見つかることもあればなかなか場所が特定できないことがあります。原因になりやすい場所としてはシャワーホースや蛇口、浴槽内のひび割れなどが挙げられます。

また壁や床にできる亀裂や給湯器、排水溝に換気扇も注意が必要です。給湯器は浴室内設置型と屋外設置型があり、屋外設置型よりも浴槽や蛇口と接続されている浴室内設置型給湯器のほうが、水が漏れやすいという性質を持っています。

主な要因としては浴槽の劣化によるひび割れや給排水に使用しているホースの損傷、給湯器内部で使われているパッキンの劣化が考えられます。また給湯器には安全弁が取り付けられているのですが、この安全弁が故障すると水が漏れやすくなってしまいます。

その他にも給湯器はシャワーや浴槽などと接続してあるため、接続している部分が緩んでしまうとその部分から水が漏れ出して来ることが少なくありません。浴室内設置型なら比較的早い段階で気付くことができますが、屋外設置型はかなり水が漏れてから気付くケースも多々あります。

お風呂の水漏れで最も多い原因となるのがここ

お風呂から水が漏れる原因として一番多いのが蛇口や水栓部分で、給水栓と直接つながっていることがその理由です。またシャワーホースや吐水口に必要な部品が集約されている場所でもあるため、各所の劣化による被害が拡大しやすくなります。

蛇口や給水栓、吐水口などをナットやボルトで締めて完成させる造りとなっていることから、どうしても継ぎ目ができてしまうことが避けられません。また使っているうちに徐々に緩みも生じてくるため、緩んだ部分から水が漏れ出してくるのです。最初のうちはわずかな量でも緩みが激しくなれば、水が一気に流れ出てくることも考えられるでしょう。

その他蛇口で使用されているパッキンやシャワーのホースなどは、劣化していくことが避けられない消耗品です。シャワーホースがパイプに亀裂や裂傷が生じれば、その部分から水が漏れてくることも珍しくありません。蛇口の内部に使用されているパッキンなどの劣化にとどまっている場合は取り換えることで水漏れは止まりますが、蛇口そのものに問題があれば蛇口ごと取り換えることも必要です。

その他シャワー周辺からの水漏れで多いのは、シャワーヘッドとホースが主な原因となっている場合です。シャワーヘッドとホースはどうしても内部に水が溜まってしまいがちなのですが、これは構造上どうすることもできません。漏れないように作られてはいますが、やはり経年劣化によって内部に水が溜まってしまって水が漏れてくることがよく起こります。

浴槽や浴室そして換気扇などにも潜む原因

お風呂にお湯を張ってもなかなか増えないようなら、浴槽がひび割れしている可能性が考えられます。その他にも浴槽の中にある排水口をふさぐゴム栓の劣化や、給湯器の旧排水口の劣化も水が漏れる原因になりやすい場所です。

浴槽はお湯や水を張ることを考えてかなり丈夫な造りとなっていますが、重いものを落としたり強い衝撃を加えるとひびが入ることもあります。特に長い間使っていて年数を経ている浴槽であれば、わずかな衝撃でひび割れすることも少なくありません。

目に見えて分かるほどの大きなひびであればすぐに対処できますが、浴槽に入るひびは目立ちにくいのが特徴です。そのため何となく水が漏れているような気がすると感じながら、そのまま様子を見ることが多い場所です。

ゴム栓の劣化や給排水口のパッキンの劣化は、入浴中にお湯や水を増やすと分かりにくくなってしまいます。そのためゴム栓をした状態で浴槽に水を張り、減っていくようならどこかしらに原因があって水漏れしていると考えて間違いありません。

換気扇が設置されているお風呂では、意外な盲点として換気扇からの水漏れも原因となります。お風呂の換気扇は水道が直接通る場所ではありませんので、水漏れとは関係ないと思われがちです。

しかし換気扇内は入浴中と入浴後の温度差が大きくなるため、結露が発生しやすいという特徴があります。結露によって換気扇内に水分が多く残り、残った水分によって発生したさびが内部にあるパッキンなどの劣化を早めてしまいます。

天井にあるフレキダクトを通って排気口から排気されますが、最後に通る外壁にひびなどがあると浴室内に向かって水漏れを起こしてしまうのです。外壁が傷んでいると雨水が染み込み、フレキダクトを通じて換気扇からさびで濁った雨水が漏れてくることもあります。

 

お風呂で発生する水漏れは蛇口や水栓が原因となることが多いですが、その他にもさまざまな場所が要因となることが分かっていただけたでしょうか。お風呂の水漏れは早いうちに修理をおこなえば劣化した部品の交換や、緩んだナットやボルトを締めるなどの簡単な方法で直すことが可能です。

しかしそのまま使い続けていると大がかりな修理が必要となることも少なくありませんので、おかしいと気付いた時点で早急に専門業者に点検してもらうことをおすすめします。

 
   
 

水漏れ修理業者一覧

第1位 水の救急隊
第2位 水道屋本舗
第3位 スイドウサービス
第4位 JBR生活グループ(水の生活救急車)
第5位 クラシアン
水道修理業者ランキング
第1位 水の救急隊
第2位 水道屋本舗
第5位 クラシアン
第8位 水110番
第9位 水道1番館
第10位 水協
エリア別おすすめ修理業者
水漏れ修理業者関連コラム
サイト内検索