井戸ポンプのトラブルの原因

突然井戸水が出なくなることがありますが、井戸のポンプが故障する他にいろいろな原因が予想されます。

井戸掘りを自分で行った人なら修理することができるかもしれませんが、業者に頼んでいる人の場合は原因がよく分からないので困ってしまうでしょう。

井戸水が出なくなる原因として井戸のポンプが壊れているなど、地下水位の変動などが考えられ、井戸そのものに何かしらトラブルがあるケースもあります。

 

地下水位の変動や凍結などが予想されます

水漏れ修理を行う場合、井戸に何かしらの原因があることがあります。

例えば地下水位の変動があげられ、夏場はちゃんと出ていたのに冬場になると水の出が悪くなり、間欠的に空気が出ることもあるでしょう。

シーズン毎に変動してしまう地下水位が原因ということがあり、空気を吸い上げると改善することが可能です。

夏の場合地下水は上昇することが多く、水を吸い上げることがうまくできます。

冬になると地下水位が下がるので、地下水をくみ上げようとしても地下水ではなく空気の方を吸い上げるのです。

そのような場合空気をしばらく吸い上げると地下水が染み出し、井戸のポンプが水を汲み上げていくでしょう。

この場合は基本的に井戸ポンプなどの故障はなく、地下水量を得るため井戸の径を大きくし、井戸を少し深く掘ると解決します。

井戸ポンプを交換すると改善することができるので、水漏れ修理を行う必要はありません。

手間と費用が少しかかるので、使い続けるかどうか判断する必要があります。

原因として凍結が考えられます。

真冬の寒波が来たことによって急に井戸水が出なくなると、井戸のポンプや配管の井戸水が凍結し水が出なくなっているかもしれません。

通常塩ビパイプの井戸水配管の場合グレーの断熱材が巻かれており、温暖なエリアでは井戸水が凍らないようになっているのですが、酷い寒波がやってくるとパイプが凍り蛇口をひねっても水が出ないことがあるでしょう。

凍った井戸水は溶け水が出て来るまでそのまま放置することになります。

井戸水の凍結を予防するため、チョロチョロと水を流しておくと暖かい井戸水が流れるので温度を氷点下以上に維持することが可能です。

 

井戸の定期的なメンテナンスが必要です

井戸設備のトラブルが考えられます。

年間を通し安定して井戸水がこれまで出ていたのに、次第に水の出方が悪くなっている場合設備のトラブルが考えられるでしょう。

例えばポンプを設置後2~3年たってこのような症状が出た場合、埋まっている給水管の先にあるストレーナーが詰まっていたり、砂こし器のメッシュなどに砂が詰まっているかもしれません。

近所で工事などが行われた後、工事の振動から井戸の中にある砂が舞い上がったせいでストレーナーや砂こし器などが詰まることもあるでしょう。

このような場合の対処方法として、ストレーナーや砂こし器などの砂を取るとこれまで通り水を利用することが可能です。

井戸の詰まりも考えられ、長期間水を吸い上げている場合、湧き出ている地下水が井戸の底の砂などを巻き上げると、井戸の底に溜まってくるので井戸の面が上がって来るケースがあります。

水深が次第に浅くなると吸い上げることができる地下水量が減って来るので、定期的なメンテナンスを行わなければいけません。

例えば井戸の中に溜まっている砂などはエンジン付きポンプを使って水と同時に吸い上げることをおすすめします。

井戸の種類によっては2~3年に1回このようなメンテナンスが必要で、ポンプや設備などに何かしら異常がなかった場合、井戸そのものを掃除してメンテナンスすると良いでしょう。

井戸を利用している人は多く、大切な生活用水になるので定期的な確認が必要です。

 

配管に小さな穴が空いているかもしれません

井戸ポンプが故障していて、給水管が破損しているかもしれません。

井戸ポンプを設置した後10~20年たっていると、ポンプの故障が発生することがあります。

井戸水が急に出なくなったら、井戸のポンプや給水管などが怪しいです。

井戸ポンプの場合、圧力スイッチやインペラなどが劣化していることが多く、部品を交換すると完了です。

寒波がやってきて気温が突然下がると、凍結により給水配管に小さな穴などができる可能性があります。

井戸の穴からポンプまでの配管に小さな穴が空くと、それだけで井戸水を吸い上げることができません。

給水配管には断熱材がありますが、経年劣化から断熱材が劣化していると配管が凍結することがあるので注意が必要です。

水漏れ修理として小さな穴ならシリコンシーラントの接着剤を垂らしてやると、井戸水を組み上げることができます。

小さな穴を特定するのが難しい場合、穴ができそうな配管の継手などに接着剤を順番に垂らしていくと修繕することが可能です。

井戸水が出るようになったら作業完了です。

完全に配管が破損した場合、配管を新しく取り替えることをおすすめします。

自分で井戸を作成した場合、いろいろな対処を行うことができる人がいますが、ほとんどの場合は専門業者に頼んで井戸を掘ってポンプを設置してもらっているものです。

水漏れ修理を行おうと思って井戸に何かしらのトラブルを見つけたなら、専門業者に連絡することをおすすめします。

井戸トラブルにはいろいろなケースがあるので、業者と相談すると効率良く作業してくれるでしょう。




サイト内検索
水道修理業者ランキング
水の救急隊
水道屋本舗
スイドウサービス
JBR生活グループ(水の生活救急車)
クラシアン
イースマイル
水道救急センター
水110番
水道1番館
水協
水漏れ修理業者関連コラム