水道メーターで水漏れと判断したらすぐに水漏れ修理を依頼!

公開日:2019/01/15  最終更新日:2018/12/26

使っている水の量が今までと同じなのに、最近水道料金が上がったという人はもしかしたら水漏れしているかもしれません。

別の場所に引っ越したら水道料金が急に上り、最近少しずつ水道料金がアップしているとどこかで水が漏れている可能性があります。

そのままにしておくと水道料金が倍になることもあり、料金がかなり高くなることもあるでしょう。

原因を特定するためにいくつか自分でチェックする方法があります。

 

パイロットが回っていると水が使われています

通常水道メーターを見ると水道の使用量を確認することが可能です。

水道メーターは水道メーター指針や10リットル、1リットルやパイロットなどを確認することができます。

現在のメーター指針から前回の指針を引いた数量が使用量になります。

例えば蛇口をすべて止めておいて水道を使わない状態にしたのに、パイロットが回っていると漏水しているかもしれません。

基本的にパイロットが動いている状態は水を使っている状態と認識され、このパイロットが動いていると料金が加算される仕組みです。

水道料金を検針する人は大幅に料金が上がっていると、水が漏れている可能性があることを知らせてくれるでしょう。

一般的に水道メーターは戸建住宅やアパートなどの集合住宅の場合、水道メーターボックスは玄関先や駐車場などに埋められ設置されていることが多いです。

水道事業者の指定で蓋は樹脂製や鋳鉄製になっていて、ボックスは樹脂製で底板などとセットになったタイプが多くあります。

フタの色は青や白・黒などがあり、高層集合住宅の場合は廊下といった玄関隣に鉄のメーターボックスやパイプシャフトがあり、電気やガスのメーターなどと同じく設置されていることが多いです。

通常一番下に水道メーターがあるのですぐに見つけることができます。

もし、すべての蛇口を止めて水道を使ってない状態にしたとしても、パイロットが回ったり動いた時は水が漏れている可能性があるので注意が必要です。

 

蛇口から水が漏れているかもしれません

パイロットが回っていると水が使われていることになり、水が漏れていると判断する前にいくつか確認すべきポイントがあります。

よくあるのがトイレの水が流れたままになっていることがあり、何もしていないのにトイレの水が流れてタンクからずっと水が出ていることがあります。

タンクのボールタップが壊れて排水のゴムが動作できずにいることもあるでしょう。

タンクはあまり見ることがないので、気づきにくい部分になりますが変だなと思ったら疑ってみることをおすすめします。

水の出る量が多いと水道料金として反映されるので、トイレの止水栓を閉めたりして水が流れないよう工夫することが大切です。

外水道がそのまま開けっ放しになっていることもあります。

特に散水栓や立水栓・コン柱などの外に水道がある場合に多く、蛇口にホースを繋げて手元で水を調整できるシャワーヘッドが設置している場合も多いです。

シャワーは止めているが蛇口が開いていることもあります。

お風呂のシャワーが開けっ放しになっていることもあるので確認が必要です。

止水スイッチ付きのシャワーヘッドの場合は元が閉まっていないことがあるので、少しずつ水が流れていることもあります。

洗濯機にも注意が必要で、蛇口とホースの接続口が漏れていることがあるので注意が必要です。

蛇口に押し付けてネジで固定する場合、きちんと接続されていないと微妙に漏れている時があります。

水で濡れていないか確認し、パッキンなどを交換すると水漏れ修理を行うことが可能です。

 

原因が分からないものは水漏れ修理を依頼しよう

水漏れを回避するため、止水栓を閉めてみる方法があります。

トイレやお風呂、キッチンや洗面所、給湯器やシャワートイレなどの水回りには止水栓が付いていて、それぞれの止水栓を止めてパイロットが動かないか確認すると良いでしょう。

動かなくなると止水栓の先で漏れていることが予想されます。

キッチンの止水栓は一般的にキッチンの収納にあり、古いタイプのキッチンならビスで点検口があり、中に設置されているケースが多いでしょう。

洗面所の場合は洗面所の下にある収納部分にあり、トイレの場合はマイナスドライバーを使って閉めるタイプのものや蛇口のハンドルタイプのものがあります。

例えばシャワーの元を閉めたのにパイロットが動くなら、シャワーが原因ではありません。

洗面所の元を閉めるとパイロットが止まると、洗面所が水漏れしていると判断しても良いでしょう。

このような場合、止水栓先の蛇口などを交換することによって水漏れ修理することが可能です。

どうしても水漏れが見つからないなら、床下や家の外が原因の場合や埋設配管における水漏れなども予想されます。

床下点検口やキッチンの床下収納などを見ることができるなら、懐中電灯を使って床下から水漏れがないかチェックすることが可能です。

晴れた日には家の基礎部分で水が漏れて、湿っている場所がないか確認すると良いでしょう。

土に埋まっている部分が漏れているなら、土やコンクリート部分などが湿っていて水溜りができていることもあるので、そのような場所がないかチェックします。

それでも原因が分からないなら、水漏れ修理を専門業者に依頼するとスピーディにトラブルを解決してくれます。




サイト内検索
水漏れ修理業者関連コラム