シャワーホースを交換するときの注意点

公開日:2020/05/15  最終更新日:2020/05/29

水漏れ修理業者に任せるよりも、個人でも修理ができる場合もあります。交換する際の注意点があるとすれば、水漏れ箇所を確認することや、作業手順などですが、それだけでなく新しい部品の確認なども必要です。

型番やメーカーなどを確認してみよう

蛇口などから外れてしまうことがあれば、パーツの劣化が考えられます。ちなみに、シャワーヘッドが劣化することで水漏れを起こすこともあるので、定期的に新しいものと交換するのがいいでしょう。もちろん、水漏れ修理業者に相談するのがおすすめで、知識も技術もある分、トラブルを素早く解決してくれるはずです。水漏れ修理費用の内訳は、基本料金に作業料金、パーツ料金となり、シャワーホース交換ならば10,000円~相場です。

ちなみに、水漏れ原因で多いのが劣化ですが、ホースの寿命は約10年で、本体あるいはヘッドとホースの接続部分から水漏れしているケースが多いようです。劣化しているかどうかの目安としては、ホースに穴が開いていたり裂け目がある、あるいはヘッドとホースの接続部のパッキンが変形しているなどを目安に交換をしましょう。

注意したいこととしては、交換する際の作業手順をしっかり覚えておくことや、外したパーツはなくさないことです。また、新しいシャワーホースを購入することになりますが、選び方を間違えないようにしましょう。例えば、一般的な素材となるのが、キッチンの蛇口にはメタル素材が使われていて、バスルームにはゴム素材が使われていますから確認しましょう。

長さも重要で、適度な長さを選びましょう。また、劣化しているパーツのみを交換するのではなく、できるならば同じ経年劣化が起こっているであろうシャワーヘッドも一緒のほうが何かと安心できるでしょう。

また、水栓と同じメーカーであるのかを確認しましょう。メーカーによって繋ぐためのアダプターが違っており、他のメーカーのものはハマりません。もちろん、数種類のアダプターがセットになったものもホームセンターなどで手に入りますから、心配ならばセットのものを購入しましょう。

止水栓をしっかり閉めてから作業

事前に用意しておくものは、マイナスドライバーやモンキーレンチなどであり、水まわりの修理ですから、床には新聞紙だったり雑巾なども用意しておきましょう。新しいシャワーホースを購入するときの注意点となるのは、メーカーや型番によってうまく取りつけができないことがありますから、品番を調べましょう。分からない場合には、本体をホームセンターに持参するのがいいでしょう。

まず「止水栓」を閉めることをしましょう。ここを閉めていない状態では、水が流れっぱなしになり、作業ができません。一時的に水の供給をストップさせてから作業をはじめましょう。バスルームの場合は、蛇口部分についている溝にマイナスドライバーを差し込み回すことで閉めることができます。

次に、ナットを回して取り外しますが、ナットはなくさないようにしましょう。シャワーヘッドからホースを取り外し、新しいホースをシャワーヘッドに取りつけて元の手順で戻します。バスルームのみならず、キッチンだったり洗面所にもシャワーノズルタイプの蛇口が増えています。この場合のノズルも同じように交換することができますが、

繋ぎ目はワンタッチジョイントなのか、ナット閉めなのかを確認しましょう。水漏れ修理業者に依頼すべきはナット閉めタイプです。ワンタッチジョイントタイプならば、止水栓を閉めて、水受けタンクを外し、ホースをカラン本体から外してワンタッチジョイントをホースから外します。ホースを引き抜き、シャワーヘッドをホースから取り外しますが、ここから先は逆の手順で元に戻すだけです。

手順をしっかり確認し作業をしていくこと

経年劣化によって水漏れが起こる場合もあり、接続部分のパッキンの劣化も原因の1つになるようです。シャワーホースに問題がないのならば、接合部分のパッキン交換が必要になります。パッキンなどはホームセンターなどで手に入りますが、適合するものを選ぶために必ずメーカーや型番などを確認しましょう。

手順としては必ず止水栓を閉めましょう。取り外して取りつける、この作業が終わってから止水栓を開けて水漏れが起こっていないことを確認します。中には、止水栓の開閉を忘れてしまう人もいるようで、水道局などに水が出ない、溢れるなどの問い合わせをすることもあるようですから、手順はしっかり頭に入れてから作業をしましょう。取りつける際も、工具を使ってしっかり閉めることが大事です。緩んでいれば、そこから水漏れが発生するかもしれません。

 

水漏れの修理は、やはり水漏れ修理業者に依頼するのが安心できるでしょうが、個人でも簡単に作業をすることができます。例えば、シャワーホースを交換するときも、新しいものを取りつけるだけです。しかし、この場合の注意点としては、何よりもはじめに止水栓を閉めることが大事になります。また、新しいものを購入するにも、ハマらないと使いものにはなりませんから、事前にメーカーや型番などを確認してから購入することが失敗しないポイントになります。

 
   
 

水漏れ修理業者一覧

第1位 水の救急隊
第2位 水道屋本舗
第3位 スイドウサービス
第4位 JBR生活グループ(水の生活救急車)
第5位 クラシアン
エリア別おすすめ修理業者
水漏れ修理業者関連コラム
サイト内検索