洋式、和式トイレで水漏れ修理料金は変わる?

公開日:2020/01/15  最終更新日:2020/02/03

トイレのタイプには和式と洋式がありますが、最近では洋式が主流となっています。どちらのタイプにも共通したトラブルとして多いのが、水漏れです。水漏れ修理をおこなう場合の費用に関しては、どちらのタイプも共通の料金となるケースと、トイレのタイプごとに料金が変わってくるケースがあります。

調整やパッキン交換で直る水漏れがあります

トイレの水漏れが発生する場合に多く見られるのは、タンク周りや給水管や排水管や止水詮になりますが、いずれも原因となるのは各部の緩みや老朽化が主なものとなります。これらの箇所で水漏れが発生した場合には、ボルトやナットの緩みやパッキンの劣化、止水栓の開き過ぎなどによるものが原因の大部分となります。

これらの原因による場合には、和式と洋式どちらのタイプの水漏れ修理に於きましても、作業内容や必要なパーツには違いがありません。そのため、どの業者に依頼した場合でもトイレのタイプによる料金の違いはないのが一般的となります。

また、これらが原因で水漏れが発生した場合には、業者に依頼せずに自分でボルトナットの調整やパッキンの交換をすることも、できないことはありません。もしも自分で調整や交換をおこなう場合には、かかるのはパーツを購入する費用のみで済みますから、この場合にもトイレのタイプによる料金の差はありません。

また、意外に簡単に解決するケースの水漏れとしては、冬の寒暖差による結露によるもので、拭き取れば済む症状ですが、水漏れと勘違いしてしまいがちな症状と言えます。本当に水漏れをしているのか、どこが水漏れをしているかを、ある程度特定する方法としてタンクや便器周りを一度隅々まで掃除してみると言う方法があります。

隅々まで掃除をすることで、水漏れの箇所に気付くケースもありますし、緩みや劣化にも気付くケースがあるからです。仮に軽微な症状でも業者に依頼すれば出張料などが請求されますから、無駄な出費をせずに済むケースも少なくありません。

トイレと床の設置面から発生する水漏れがあります

水漏れの原因が、緩みの調整やパッキンの交換などでは治らないケースとなるのは、トイレと床の設置面から水漏れが発生している場合になります。

この場合、床下の排水管から水が漏れているのが原因となりますが、これは洋式の場合には一つ目の原因は設置不良によるズレの場合があります。もう一つの原因は、便器と排水管のつなぎの部分のパッキンの劣化があります。この場合は比較的水漏れ修理の難易度はそれほど高くありませんので、料金もそれほど高額となることはありません。

しかし、これが和式で発生した場合には大掛かりな作業が必要となり料金も高額となる可能性があります。これは、和式の場合は便器を固定する際にモルタルなどを使用しているケースもあり、便器を外す工程が洋式に比べ難易度が高いからです。どちらのトイレのタイプの場合でも自分で修理をするのはハードルが高いので、業者に依頼するのがベターな選択と言えます。

また、トイレと床の設置面から水漏れがあった場合に放置したままでいると、床が腐食してしまうリスクがあり危険ですし床の張替えが必要となるリスクもあります。床の張替えが必要となった場合は更に料金が上乗せになりますし、修理期間も長くなるリスクがあるので、放置は禁物と言えます。

シャワー式のおしり洗浄器関連の水漏れがあります

もう一つ考えられる水漏れ箇所としては、洋式ならではの水漏れとなりますがシャワー式のおしり洗浄器関連があります。これは主にシャワー用のタンクや接続部分から水漏れが発生し床に溜まってしまう症状がありますが、対処法としては元栓の開き過ぎをチェックすることで判断します。もしも元栓の開き過ぎが原因であれば、元栓を締めるなどの調整だけで簡単に水漏れが解決します。

もしも、そうでない場合には接続部分のパッキンの劣化やシャワーそのもの劣化や故障が原因と言うことになります。パッキンが劣化している場合にはパッキンの交換によって解決しますが、そうでない場合にはシャワーそのものと言う可能性が高くなります。一般的にシャワー本体の耐用年数は約10年と設定されていますので、使用期間などを目安にして交換するか判断すると良いでしょう。

 

トイレのタイプには和式と洋式がありますが、それぞれのタイプごとに共通した水漏れと、タイプによって発生する独自の水漏れがあります。また、調整やパッキンの交換によって水漏れが解決するケースや、便器を外す作業の必要がある場合などもあり、症状や原因や対処法はさまざまとなります。

隅々まで掃除をするなどして水漏れ箇所や原因をチェックするなどして、自分で解決できるか業者に依頼するかを判断するのがベターな選択と言えます。また、水漏れを発見したら放置をしないで早めに水漏れ修理をおこなうと言うことも、後々の被害の広まりを防止する対処法となります。




サイト内検索
水漏れ修理業者関連コラム