トイレタンクを交換して水漏れ対策をしよう!

トイレは水回り設備の一つで、トラブルが起きやすい設備ともいえるかもしれません。

その中でもトラブルが発生しにくいのがタンクです。

ただたくさん水をためる部分なので、ひとたびトラブルが起きるとその後が大変になります。

外側から水漏れがあって水浸しになっている

トイレも水回り設備の一つです。

水が流れるのは便器の中ですが、手洗いをしたり、水が飛び散ったりするのでトイレの床には水が落ちます。

一応床は水が溜まっても大丈夫なような素材でできているところが多いです。

普通に使っていれば水が床に溜まったりすることはないですが、トラブルが発生するとそれが原因でたまる可能性があるので注意しましょう。

トラブルの一つとしてあるのがトイレタンクのトラブルです。

トイレの仕組みは、タンクに一定量の水をためて置き、それを一気に流すようになっています。

最近はタンクレスなどタンクが表側に見えないものもありますが、一般的には便器の上側に設置してあります。

きちんと設置されていれば水漏れなどは起きませんが、何らかの問題が発生しているときは水漏れ修理をしないといけないでしょう。

トラブルの状態にもよりますが、丸ごと取り換えた方が良い時があります。

自分で行おうとすると、表面的な部分だけ解決しようとするので、水が出ているところを止めればいいと考えるかもしれません。

しかし目で見える部分をふさいだとしても、他に根本的な問題があると一時的に水が止まっているだけで、将来的にもっと大きなトラブルになるときもあります。

業者に依頼をすればトイレ全体の状態を調べてくれ、最適な提案をしてもらえるでしょう。

内部で水漏れがあると水道代の無駄が発生

トイレで用を足したあと、レバーなどを操作すると便器の洗浄のための水が流れます。

それと同時にタンクに水がたまるよう水が出てきます。

水が流れているタイミングは、タンクから便器へ一気に大量の水が流れます。

一方蛇口からタンクへの水は普通に手を洗うときぐらいの水量です。

便器の洗浄が終わった後も、タンクに水をためるために水が出ていることもあるでしょう。

タンクの水位が一定量になったら水が止まるようになっているので、自分でタンクへの水量を調節する必要はありません。

ある時水道料金がいつもよりも高くなっているのに気が付くかもしれませんが、これはどこかで水漏れが発生しているからかもしれません。

その可能性として高いのがトイレタンクです。

水漏れ修理をするために交換をした方が良い時があります。

なぜタンクが原因で水道料金が上るかですが、タンクの内部の劣化などによって、きちんと水がせき止められていない可能性があります。

一定の水量を保つような装置がありますが、少しずつ水が流れていると水位が下がるのでそのたびに蛇口から水が出て水位を保とうとします。

この流れがたくさんなら気づきますが、少しずつなので気づきにくいです。

寝ている間や外出中にも少しずつ水が出ることで、かなりの無駄が発生し、それによって水道料金が上がっているのでしょう。

まずは業者に調べてもらい、必要に応じて新しいものにしてもらいましょう。

修理費用は掛かりますが、その分無駄な水道料を減らせます

一定年数が経過した時に新しいものの方が良い

家電製品や家具、住宅の設備などを買い替えるタイミングはいつが多いでしょうか。

それぞれの家庭によって考え方が異なるため、故障したとき、見た目が古くなったとき、などかなり長く使っている家庭もあるかもしれません。

家電製品であれば、冷蔵庫やエアコンなどは一定期間ごと買い替えた方が電気代が抑えられると言われます。

使えてもその分電気料金が高くなるからです。

省エネタイプがどんどん登場しているので、数年間隔で新しいものに変えた方がトータルのコストを下げられるとされます。

ではトイレタンクの交換はどのタイミングで行うのがよいでしょう。

こちらも家庭によって異なるでしょうが、故障をしてどうしようもなくなったからと答える家庭が多いかもしれません。

タンクは本体が陶器でできています。劣化しにくく、何らかの力が加わって割れたりしない限り50年でも100年でも使えます。

しかし陶器の部分だけでなく、パイプなどは金属ですし、接続部分はゴムなどが使われます。

金属は錆び、ゴムは劣化するとトラブルが生じます。

タンクに関しては平均的な寿命は20年ぐらいとされています。

これはタンクそのものより、パイプやゴム製の部品なども考慮した期間です。

もしそれを超えているなら交換をして水漏れ修理をするのが良いかもしれません。

タンクはパイプやゴム部分などが使われますが、20年も経過すると合う部品が少なくなり、部品ごとの対応が難しくなります。

タンクごと変えた方がいいかもしれません。

まとめ

タンクにトラブルが起きると、まずトイレの床に水がたまる可能性があります。

さらに知らないうちに水道が使われて水道代が高くなっている可能性があります。

寿命を考慮して、寿命前に新しいものにすることも考えておきましょう。




サイト内検索
水道修理業者ランキング
水の救急隊
水道屋本舗
スイドウサービス
JBR生活グループ(水の生活救急車)
クラシアン
イースマイル
水道救急センター
水110番
水道1番館
水協
水漏れ修理業者関連コラム