トイレの仕組みを理解して水漏れを無くそう!


自宅内には水回り設備がいくつかありますが、いろいろな理由で水漏れが起きる可能性があります。

業者に依頼するのが良いでしょうが、なぜ水漏れが起きているのかを知っていると事前に対策がしやすくなります

タンクや便器の仕組みを知りましょう。

パイプやゴムパッキンなどで接続している

生活をするには水が必要ですが、一方で住宅は木造なので水は大敵になります。自然現象である雨は屋根や外壁などから守れますが、自宅内の水は設備によって守る必要があります。各家によって異なりますが、できるだけ水回りの設備をある部分に集めるなどの工夫もされています。水回りで困るのが水漏れで、起きれば水漏れ修理が必要になります。キッチンやバスなどいろいろな設備がありますが、その中でも起きやすいとされるのがトイレです。

まずは仕組みを知った上で対応することを考えてみましょう。目に見える設備としては便器とタンクが中心になっていますが、水漏れの原因としてはそれ以外の部分にありそうです。便器やタンクは単独で使われるのではなく、それぞれがつながっています。便器やタンクは陶器で作られているものが多く、その物は割れない限りは水漏れしにくいです。

一方で便器やタンクをつなぐのがパイプなどの金属部分であったり、ゴムパッキンなどになります。金属は水があれば錆びてきます。錆が広がれば劣化が進み水漏れの原因になりやすくなります。ゴムパッキンは設置当初は陶器部分と金属部分や金属部分の隙間を無くして水漏れを防いでくれます。ただゴムは長年使っていると少しずつ劣化してきて割れたりします。割れると水止めの役割がなくなり、そこから水漏れする可能性が出てきます。パイプやゴムパッキンが使われている部分は、一定年数が経過すればそれなりに劣化することを知っておきましょう

タンクの中身がどうなっているかを知る

生活をするための道具にはいろいろなものがあります。電気で動く仕組みのものもあれば、昔ながらの電気を使わない仕組みなどもあります。古い仕組みからどんどん新しい仕組みになっているものもあれば、長く古い仕組みが使われ続けているものもあります。水回りにもいろいろな仕組みがありますが、トイレは一見するとどうやって水を流すのか気になるかもしれません。水漏れ修理をするときに仕組みを知っていると原因や修理方法が分かる可能性があります

水漏れしやすい部分としてタンクがありますが、タンクの中はただ水がためられているだけではありません。レバーなどを押すと水が一気に流れて便器を洗浄できるようになっていますが、レバーを押して一定期間は水が流れる状態になります。しばらくすると流れは止まり、上部から流れてくる水がタンクの中に貯められます。上部からの水は人が確認をして貯めるのではなく、自動的に止まるようになっています。タンクの中に水位を一定の保つための装置があり、それが一定量を示せばそこで水は止まります。

タンクにはレバーを引くと水が流れ、一定期間経過すると閉じる仕組みと、水を一定量まで貯める仕組みがあります。それらの仕組みに関連する部分に異常があると、水漏れする可能性があります。レバーを引くと水を流す部分において、開いて閉じる部分に劣化があると水が流れ続けます。水位を一定に保つ装置に異常があると、水位を保てなくなりあふれる可能性があります。

温水便座の部品から水が流れるとき

便利に使われている家電やその他の道具の中で、日本で発明されたものも結構あります。日本で発明されて世界に広がるときもありますが、日本で発明された後日本でしか使われていないものもあります。洋式トイレでは当たり前のように設置されている家電に温水便座があります。通常の便器の上に取付けて置き、操作ボタンを押すとアームが伸びて温水をかけてくれます。今は世界中で販売されていますが、当初は日本でのみ使われていました。外国人が日本でこの設備を体験して驚いたと言われます。有名アーティストなどはあまりにも利便性がいいので、日本で購入して持ち帰ったとも言われます。それ以降広がっていきました。

この温水便座は家電製品で、まずは便座を温める機能が付いています。便座部分に電熱材などが入っていて電気の力で温めます。この部分は電気しか使いません。重要な部分として洗浄部分があり、ここからお湯が出てきます。つまりは何らかの形で水の供給を受け、さらにそれを加熱して噴出させるようになっています。不具合が生じると水漏れ修理が必要になりますが、どこから水漏れが起きる可能性があるかです。まず水を噴出するノズル部分です。その他この設備に水を送る給水パイプがあり、温水を貯めるためのタンクがあります。ノズル部分はプラスチックなどでできているので、割れたりすれば水漏れが起きるので交換が必要になるでしょう。水を供給する部分も金属やゴム、プラスチックの部品があり、割れたりしていれば交換をします。

基本的にはタンクに水をため、その水を一気に流して洗浄する仕組みです。タンク部分、便器部分、それらをつなぐパイプ部分、その他温水便座などから水漏れが発生する可能性があります。金属やゴムは劣化があり水漏れが起きやすいです。




サイト内検索
水道修理業者ランキング
水の救急隊
水道屋本舗
スイドウサービス
JBR生活グループ(水の生活救急車)
クラシアン
イースマイル
水道救急センター
水110番
水道1番館
水協
水漏れ修理業者関連コラム