トイレの水漏れ修理の応急処置方法

トイレの水漏れ修理の応急処置方法

 

トイレの水漏れはタンクや便器など、様々なところでトラブルが起こります。
何が原因でどこが水漏れしていても、応急処置として床への浸水を防がなければなりません。
トイレの内装は耐水性の素材が使わるのが一般的ですが、それでも床一面が水浸しになってしまうと床まで浸水してしまいます。
床に水が浸水してしまうと、木造住宅なら木が水を吸収してしまい、カビの発生や柱の劣化など、二次被害が起こる可能性が高くなってしまいます。

 

 

最初にやるべきことは原因の特定

〇水漏れの発生源を特定する

トイレ水漏れの応急処置として最初にやるべきことは、水漏れの発生源を特定することです。
トイレは排水管とトイレが繋がっているだけのシンプルな仕組みですが、水漏れが起こる個所は意外と多いです。 水漏れが起こりやすい発生源を大別すると、「タンク周辺」と「便器周辺」と「給水管」の3つがあります。
この3種類のどこから水漏れが起こっているのかは、水の滴りを辿っていけば見つけられます。

 

〇直接的な原因をたどる
大まかな発生源を見つけることができたら、次に直接的な原因を辿っていきます。
ここからが素人にとっては非常に難解な作業となり、排水管の亀裂など業者でなければ修理できないケースもあるので、原因を特定できても修理方法が分からない場合は素直に業者を呼びましょう。
強引に自分で修理をすると破損が広がることもあり、そうなってしまうと本来なら安い費用で修理できるところが給水管やトイレなどを工事しなければならないという最悪の事態に陥ることがあります。

 

タンク周辺の応急処置

〇タンク周辺の仕組み

便座の後ろにあるタンクには水が入っており、便器に水を流すために貯水する役割があります。
タンクに設置されているレバーを引くと、タンク内でレバーと連結されているチェーンが作動して、そのチェーンと連結している底にある黒いフロート弁が開くようになっています。
また、水を流すと「シャー」という音と共に一定量まで水が貯まるようになっており、こちらも浮き球の仕組みによってボールタップ(水が出る部分)が自動的に止まるようになっています。

 

〇トラブルと応急処置
さて、タンク内の水漏れは上記のような仕組みと関連する部分から起こることが多いため、まずはタンクのふたを開けて仕組みを理解することから始めましょう。
レバーを引くと何が作動するのか、水を流した後はどのように水が貯まってどのように止まるのかを知ると、交換すべきパーツも分かってきます。 タンク周辺の水漏れはボールタップのパッキン劣化で一定量以上に水が貯まって水漏れしたり、タンクの底にあるフロート弁の劣化で便器内にチョロチョロと水が出続けるというトラブルが多いです。
他にはタンクボディの損傷から水漏れ、配管からの水漏れというケースもありますが、こうしたケースは稀です。
応急処置としては、水が滴り落ちている下に雑巾を敷いておき、タンク内で劣化しているパーツを取り換えましょう。
フロート弁のように誰でも取り換えられるパーツがあれば、ボールタップのように工具が必要となる複雑な取り換え作業もあります。
やり方すらも分からないという場合は、水が床に浸水しないように応急処置をした上で業者に速やかに連絡するようにしてください。

 

便器周辺の応急処置

便器周辺の水漏れは、主に便器のヒビや割れが原因です。
ウォシュレットを設置している場合は、その一式のどこかのパーツが破損していることで水漏れが起きているケースも良くあります。
便器周辺の水漏れに対する応急処置も、タンク周辺と同様に水が床に浸水しないように雑巾を敷きます。
あとは、自分で便座を交換することは不可能なので、速やかに業者に連絡するのが好ましいです。
ウォシュレットに関しても、自分でパーツを取り寄せして交換することは簡単ではないので、そのウォシュレットのメーカーに連絡をして修理してもらうのがベストです。
保証があるなら無料で修理をしてくれることもあるので、水漏れ業者ではなくメーカーに問い合わせる方が良いでしょう。

 

給水管の水漏れの応急処置

給水管というのは、トイレタンクに連結している銀色の管です。
タンクとの連結部分や止水栓など、こちらも様々な水漏れが考えらます。
給水管についても便器と同様に業者に修理を依頼するしかないため、止水栓をドライバーで回して止めておき、その上で床に雑巾を敷いておきましょう。
止水栓を回しても水が止まらないのであれば、住宅の元栓を止めます。
マンションやアパートの場合、管理人さんに連絡をすると場所を教えてもらうことができます。
良くあるのは部屋の外の階段付近ですが、自分の部屋の元栓がどれなのか分からないことがあるので、困った時は管理人さんに連絡する方が良いでしょう。
一戸建ての場合、敷地内のどこかに設置されている水道メーターのところにあるのが一般的です。
元栓を閉めてしまえば住宅への給水が止まるので、どうしても水漏れを止められないという時は最後の手段として覚えておくと便利です。

 

まとめ

トイレの水漏れは、ホームセンターなどで売っているパーツを購入すると自分で修理することも可能ですが、そのためには修理方法を少なからず知っておく必要があります。
もし、やり方が分からないようであれば、修理業者へ連絡するとあっさりと解決してもらうことができるので、まずは相談するようにしてみてください。




サイト内検索
水道修理業者ランキング
水の救急隊
水道屋本舗
スイドウサービス
JBR生活グループ(水の生活救急車)
クラシアン
イースマイル
水道救急センター
水110番
水道1番館
水協
水漏れ修理業者関連コラム